上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
             GOEMON
sGOEMON ゴエモン 五右衛門

監督:紀里谷和明
出演:江口洋介 (石川五右衛門) 大沢たかお (霧隠才蔵)
      広末涼子 (浅井茶々)ゴリ (猿飛佐助)
      要潤 (石田三成)

1852年、豊臣政権下。世は火種を残しつつも
一時の平和を謳歌していた。
そこに彗星のように現れた天下の大泥棒・石川五右衛門。
超人的な身体能力を武器に、金持ちから盗み、
貧しき者に分け与える彼を民衆は義賊ともてはやし、熱狂していた。
そんなある夜、紀伊国屋邸に盗みに入った
五右衛門は南蛮製の箱を手に入れる。
ただの空箱だと思った五右衛門は
その場で投げ捨ててしまうが、
その箱こそ信長暗殺の真相につながる禁断の箱だったのだ…。

本日の作品は
GOEMON 」こちらでっす。

大泥棒・石川五右衛門の大暴れ物語
この作品、とりあえずこれでもか!!ってぐらいに
有名人が出演している豪華さはスゴく感じます
ウドちゃんに登場は、すごく馬鹿っぽくて好きだけど(笑)
にしても、世界観はすごくよくできている
カメラワークもなかなか良く、この時代感をしっかり出している。
草原での五右衛門と才蔵とのバトルもなかなかいい感じ
ちょっと、草原と背景の部分が・・・・
邦画の限界を感じさせてくれますけど。
大沢さんに刀を持たせるだけで、満足度高い。
もっと才蔵がクールで言葉も持たないキャラだと好きだけど

GOEMON 半蔵

とりあえず、この作品。よく出来ている
いつも邦画を見ると出てしまう、悪い癖と言いますか・・・。
俳優のイメージってモノが強くて、誰を見ても
「あーあのドラマのときと雰囲気一緒じゃん。」っとか言ってしまう
でも、この作品。
世界観がよく出来ているので、一人一人の登場人物が
しっかりとしている。色の使い方がかなり上手い気がする
五右衛門の疾走感は、かなりイイ!!!!
立ちふさがる敵の集団を突き抜けるアクション!!!!
周りの障害物を破壊しまくり、大暴れする
街ごと壊すんじゃないかというぐらいの勢い(笑)
鉄砲すらも当たらない、その速さ光の如く!!!イカス。

GOEMON 広末さん

アクションのカッコ良さもさることながら
女優陣の美人度とセクシー度もレベルが高い
さとえりやりょうさんの雰囲気は格別。
広末さんは、どんな役でも好きなんで素敵すぎます

最終戦にて、五右衛門の暴れっぷりは最高潮ですが
最後の最後のシーンでの、ゴリさん
白い甲冑が似合わなさすぎます。っというか、
街でふらふらしてた佐助の雰囲気は好きだったけど
この最後のシーンは、ゴリさんが壊した感がある
斬るなら、ズバッ!!!っと切り払ってほしかった。

GOEMON ゴリ ゴリ

全体を通して、よく出来た作品だったと思う
邦画のアクションもこういう風に作るべきだと感じた
安っぽいワイヤーアクションとかは、やっぱり微妙だもん。
それに真剣に演技をしている俳優さんとの温度差が
いつも痛く感じたりしますから。
俳優陣を活かすのも、最終的に製作スタッフの面々の
処理能力が大事だと感じるCGとかの技術によって
いい内容も、駄作に変わってしまいますから。
今回の作品は、素敵な雰囲気でご馳走様でした

~関連作品~

スポンサーサイト
         劇場版 仮面ライダー電王 俺,誕生!
俺、誕生!

監督:長石多可男
出演:佐藤健 (野上良太郎)白鳥百合子(ハナ)
   中村優一 (桜井侑斗)秋山莉奈 (ナオミ)
   石丸謙二郎(オーナー)

声優:モモタロス ( 関俊彦 )ウラタロス( 遊佐浩二 )
   キンタロス ( てらそままさき )


2007年、とある日。
未来からの侵略者である「イマジン」たちがやってくる。
その頃、何をやってもいまひとつ冴えない不運な青年
野上良太郎(佐藤健)は、奇妙なパスを拾う。
パスを返すように迫る少女が降りてくるが、
良太郎は突如「イマジン」たちに襲われてしまう。
少女は良太郎にパスを使って変身して闘うことを告げ、
ここに「仮面ライダー電王」が誕生した。
デンライナーに乗り過去の世界へやってきた良太郎たち。
首謀者は牙王(渡辺裕之)という男。
多数のイマジンを従え、時の列車を狙う強盗集団の首領だ。
神の列車"を求めるべくデンライナーをジャックしたのであった。
牙王たちは、全ての時間を支配できるという“神の列車"が走る
“神の路線"への封印を解こうとしていた。
過去を変え未来を変え、
全ての時間を自らの色に塗り替えようとしている魔の手を、
電王たちはしりぞけることができるのか!?

本日紹介する作品は・・・
「劇場版 仮面ライダー電王 俺,誕生!
これだッ!!!!

仮面ライダーシリーズで、根強い人気の “電王”
主人公の良太郎は、多数のイマジンと共に戦い、悪を倒す
ウラタロスとか、キンタロスとか、
ようは、日本むかし話の面々ですね(笑)
その中で、特に人気のある
“モモタロス”メインで戦う話

相変わらず、変身シーンは、最高にカッコイイです(笑)
っというか、声優さんがあの有名な
“ 関俊彦 ”さんなんです。 そりゃいいわ
それだけで、マニアにはニヤニヤしてしまうこと間違いない
ちなみに、 関さんは、

・新機動戦記ガンダムW(デュオ・マックスウェル)
・ガンダムSEED 「ラウ・ル・クルーゼ」
・新世紀GPXサイバーフォーミュラ(ブリード加賀) などなど・・・

好きな役ばかり、並べました(笑)
ブリード加賀とか、自分の中でかなり好きなキャラだけど(笑)

そして、  俺ッ !!!!   参上 ッ !!!!!!

俺、参上!?

「俺に前フリは ねぇ!!!
  最初から最後まで、クライマックスだッ!!!! 」

カッコ良すぎますこれだけでも、満足しちゃう(笑)

さて、今回の敵
時を移動できる、デンライナーを敵に奪って
良太郎くんの記憶を消すなど、色々と核心を攻めてきます
まぁ、基本的に良太郎くんは、なよなよしてる部分あるからなー。
余計に、弱く見える(笑)
にしてもさ、敵役が牙王を演じる “渡辺裕之”さんなんですが
なんか・・・・違う(笑)肉体派なのはそうだけど、
敵役って変な感じがします
自分の中で、すごくイイ人なイメージあるから
敵のようで、敵でない気分
でも圧倒的な、強さがありますけど。

モモタロス ~ ウラタロス

そして、お約束もあります
一度やられて、復活すると一気に強くなる。
それが、主人公でヒーローの最高の必殺技なんですよね(笑)
肉を切らして骨を断つ!!!!!
モモタロスらしい、荒々しい技も、素敵な感じッス

ちなみに、最後のワンシーンは心温まる雰囲気がいいです
なんか、すごくいいです
にしても、健君。いまではすごい人気だもんなー
やっぱ、電王の役もピッタリだし、人気も出るわけだ

~関連作品は、これだッ!!!!~

        大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説
大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説

監督 : 坂本浩一
出演 : 南翔太 黒部進 森次晃嗣 小西博之  上良早紀
       俊藤光利 八戸亮 つるの剛士

ウルトラマンの故郷、M78星雲・光の国にかつてない危機が訪れる。
ウルトラ一族でありながら暗黒の力に魅せられたならず者
ウルトラマンベリアルが復活!!
100体もの怪獣を操る武器“ギガ・バトルナイザー”を
手に暴れるウルトラマンベリアルは、
ウルトラ戦士を蹴散らして光の国を氷河に閉じ込めてしまう。
傷ついたウルトラマンメビウスは、
同じく怪獣を操る力を持つ“怪獣使い”
レイとともに光の国を救うため立ち上がるが…

本日のスーパーヒーローは・・・
大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説」この面々で!!!!

オープニングから、ウルトラマン大集合
っというより、ウルトラマンを見るの何年ぶりだろ(笑)
そして、“M78星雲・光の国”
ここに、ウルトラマン達が大集合してるわけですが
本当に、笑えた(笑)

ウルトラマンここに集まり!

数の多さには、衝撃を受けましたが何よりも
ウルトラマンと声優さんの声の不釣合い
もう、誰が喋っているのかは不明なのは仕方ないですが
にしても、声とキャラが合わなさすぎる
まぁ、自分の中でウルトラマンって
「シュワーッチ!」とか、声にならない声を発っするイメージが
あるんですが、声を発するだけでも、不思議だ。
さらに、ウルトラマンの母。
声が、幼すぎます。母じゃないです。姉さんなのか

ふふふ・・・俺がベリアスだ

さて、今回の作品で敵の “ウルトラマンベリアル”
鬼のように強いです
ウルトラマンのスペシウム光線も片手で弾き飛ばし
「まじめにやれ・・・つまらんぞ」 っと叫ぶほど

極悪です。体つきは筋肉モリモリウルトラマン
顔つきは、完全に悪トラマンです(笑)
そして、マトリックスばりの避け方も必見です

あんなに世界を救ったウルトラマン達が、
次々とゴミのように散っていきます
スペシャル感はとてもありますが、残酷な感じがとてもしました

さて、ウルトラマンばかりかと思いきや、人間達も、活躍します。
レイっという人物が、モンスターを操る力を持っているみたいですが、

なんか・・・・。

いろんなCGを見すぎたせいなんだろうな・・・うん。

残念にしか見えません

すごく、棒読みのセリフもありえません。
そして、ワイヤーアクションの甘さも
氷山のセットの甘さも尋常じゃないほど、しょぼい
これが・・・日本の技術力・・・・ orz

最終決戦では、ウルトラマンベリアルの
圧倒的な戦闘力に、驚愕します
人間は宇宙船で攻撃し、ウルトラマンは光線を放ち
モンスター達は、暴れまわるんですが
あっさり倒されます

ウルトラマン 大集合 これでとどめ

でも、レイが敵を操るっという恐ろしい反則技を使い
ウルトラマンベリアルの力も、すべて無効化に。ずるー(笑)
まぁ、ここのトドメシーンは、とてもスペシャル感がありますが
様々なウルトラマン達の必殺技が炸裂

いやー、見事だ。
ボリューム感はいっぱいに感じれましたが、
それでもやっぱり、微妙でしたなぁ・・・
光の国に平和が再び・・・・。
うーん。特撮。もっとがんばってほしいな

特撮で、思い出しましたが
ゆうじろう、仮面ライダーオーズ。観ております。以上

~ウルトラマン♪ウルトラマン♪~

                   ICHI
ICHI 市 

監督 : 曽利文彦
出演 : 綾瀬はるか 大沢たかお 中村獅童 窪塚洋介
    柄本明 竹内力 利重剛 佐田真由美
    横山めぐみ 渡辺えり

三味線を手に1人で旅をする盲目の女旅芸人・市は、
チンピラとのいざこざの中で浪人・藤平十馬と出会う。
十馬は市を助けようとするものの手が震えて刀を抜けない。
そんな時市は仕込み杖を一閃し、
チンピラをあっさり倒してしまう。
その後2人はとある宿場町へとたどり着く。
そこは街を仕切る白川組と町外れに根城を構える
万鬼一党が抗争を繰り返す場所で、
市と十馬も抗争に巻き込まれてしまい……。

今夜の武士道は・・・・
ICHI これに決めたッ!!!!

あの清純派のイメージもある、綾瀬はるかさんが
アクション映画11 しかも、ICHIって、あの市ですか237
っと、正直最初にそう思った。大丈夫かなぁ・・・・。

-ICHI-

この作品は、役者のセッティングがとっても奇抜に感じた266
“大沢たかお”さん演じる十馬の、へたれっぷりは
ある意味、衝撃を受けます162
大沢たかおさんですよ。優しい声で、演技派の大沢さんが
へっぴり腰の、なよなよした浪人役とは・・・
見慣れない、へたれ顔は笑ってあげるしかないでしょ(笑)
目元やら口元やら、すべてを上手く演じる姿は
本当に、大沢さんの演技力に驚かされます154
ご苦労様でした。ナイス演技ッス9
最後の、男を見せるシーンもカッコ良かったデス218
大沢さんって、日本の役者の中でも
本当に、安定した演技を見せる。好きな俳優さんだ265

  ICHI -市-

さて、問題の   “綾瀬はるか” さん
アクションシーン・・・ちょっと微妙かと思いました13
やはり、可愛い顔でアクションは難しいかと感じた。
正直、血を吐いたりボコボコになってたりするのは
女優としての頑張りを感じますが、
どうしても、迫力や気迫に欠けてしまっています356
役柄ってのもあるけど、綾瀬はるかさんは
なんと言っても、あの笑顔だと俺は思うわけです(笑)
殺陣に関しても、中村獅童さんの気迫があるからこそ
いいように見えますが、まだまだだと思った390
これだったら、違う女優さんでも良かった気がします。
残念ながら、ここは辛口評価で535

ICHI.jpg

全体を通してみても、中村獅童さんと大沢たかおさんが
メインで登場している気がしました363
脇役の俳優陣も、いい味を出してくれているので
題名は “ICHI” のはずが
主人公が脇役ぐらいのレベルに感じました。

ICHI イチ 

大沢さんの演技は、やはり光っておりましたが290

全体を通してみても・・・・
うおッ!!! ないッ!!! 頑張れーー!!! みたいな

気持ちを高ぶらせるシーンは、ひとつもなかったです389
市のラブシーンが若干頭に残った程度で(笑)
もっと、カッコ良くてスタイリッシュな作品かと
想像していた分、ちょっとガッカリさせられましたヨ478

~綾瀬はるかさん関連作品~


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。