上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
                     オーシャンズ
OCEANS

監督 ジャック・ペラン   ジャック・クルーゾ  
出演 ジャック・ペラン   ランスロ・ペラン

画期的な映像システム
(猛スピードで泳ぐ魚たちをまったくブレずに撮影できる、
世界に一台しかないステディカム)を駆使して、
北極海から南極海、サンゴ礁に彩られる美しい海に、
冷たい氷で覆われた海など、
世界各地の海にいる生物たちの姿をとらえる。
猛スピードで泳ぎ、ジャンプするイルカ、
ゆっくりと海の底へと沈んでいくマンタ。
光のない海底にまで、そこで生きる命は存在している。

本日は、ドキュメンタリー作品の
オーシャンズ 」こちらになりまする。どぞー♪

広大な海、そこに住まうたくさんの生命
その少しを詰め合わせた作品
自分は当初、物語性などがあり生き物の生命を感じ取れるような
作品に仕上がっていると期待しておりました。

しかし・・・。
完全に、癒し系の映像が連続で続くばかり。
まぁ、これはこれでいいんだろうけど・・・。
勝手な妄想を抱いたのが、間違いだった(笑)
“北極のナヌー”のような語りかけてくるような言葉もなく
きれいな映像の連続。海って、すごい

TV番組の特番とかでやってるような
世界驚き生物!!!  みたいな特番でやってそうな
地底の生き物が数多くみられます。世界まる見えとか(笑)
海の生き物だったら、自分は深海には興味ありまくり

なんともいえないフォルムと、生態は驚きばかりだし
深海の生物って、幻想的だから好きやわぁー。
蟹の大行列のシーンがあるのですが、
これスゴイ!!!!!これはイイ映像です。
底引き網なんてしたら・・・いかんいかん(笑)

後半までいくと、一風変わり。
人間が登場鮫との対決シーン登場
そして、いきなりメッセージを投げかけます。
絶滅した生き物。滅びた種。
そのひとつひとつを子供たちに伝えようと。

「進化するのに、何百年かかっていたのに
    絶滅するのは、何十年もかからない」

いい言葉。なんか名言って感じがする
確かに、人類は生きる為に様々な生命を捕食している。
それは、生物学上仕方ないことなのかもしれないけど、
その為、生命の数は減少してしまい、養殖なんかしている。
この辺は・・・・。難しい。永遠の悩みだ

オーシャンズ 鮫と人

まぁ、原始の時代から肉を食って成長するという事は
本能的に決まっていることだし、仕方ないのかも。
贅沢しすぎなのは、ちょっと問題だけど

にしても、メッセージの突きつけ方がちょっと強引。
前半に、海の自然な姿を見せて
後半に、生命を大事にしましょう。
その考えを次の世代に受け継ぎましょう。
海をよごしているのは、人間が原因。
人間の英知が、世界を汚して壊していってる。
それは、誰もが知っている。
人間の汚い部分を見せて
はい、これ人間の仕業です。アザラシも困ってます。

オーシャンズ あざらしさん

・・・・っで!?
それだけのメッセージだけじゃ駄目だと思う。
メッセージだけじゃなくて、それを行動を起こしてる部分を見せたり
彼らの世界を壊さない為に、自分らが出来る事など。
そんなメッセージがないと、現実味がない。

人類が世界を汚してしまったことで、
世界を綺麗にしようとする団体などが世界にはあると思う。
その一つ一つが無駄にならない為にも、
僕らが出来ること。私たちに出来ること。
その答えを投げかけてほしかったり。
人類の生活を乱さずに、円滑に自然と調和する方法。
難しい・・・。だけど、何かあるはずなんだよね

oceans.jpg

この作品、とりあえずの評価はつけられません。
たぶん、こういった作品は観ることで何かしら思えば
それは、この作品を作ったことの大きな意味になるかもしれない。
だから、これはこれでいいんだ。きっと。

~地球の鼓動は、みんなの鼓動~


スポンサーサイト
           バトルフィールド TOKYO
バトルフィールド TOKYO 


監督:エリック・エステンバーグ
出演: サラ・リンチ エリン・サリバン 
    カウユキ・オカダ ヨシ・アンドウ ジェニファー・キム

発売元・販売元
       → アルバトロス ←

2003年1月。
アメリカ人ジャーナリストのサラとエリンは、
取材のため東京を訪れた。
そこで彼女たちは、原因不明の大災害に遭遇、消息を絶つ。
後日、2人が撮影したビデオ・テープが発見された。
そこに写されていたのは、爆発・炎上する東京の地獄絵図と、
正体不明の怪獣の姿だった。
パニックの中逃げ惑う人々の姿、恐怖に歪むその表情を、
カメラはどこまでも追い続ける。そこで何が起きたのか?
そして、その何かの正体とは・・・・・。

本日のB級グルメは
バトルフィールド TOKYO 」こちらでございます341

えーーーーっと。
これを映画として扱っていいのか分かりませんが
とりあえず、一言。
           159  酷 ひどすぎる 酷    159

ネタとなったのは「
クローバーフィールド 」だと思うのですが、
正直な所、映画としてもドキュメントとしても
ホームビデオとしても、鑑賞用としても、ネタとしても
これは、ありえないレベルを超えてらっしゃいます40
実際の所、クローバーフィールドを見ていないので
何ともいいがたいが、アングルが異常に悪い265
お手本となっている、クローバーフィールドも
色んなサイトの評価を見ると、かなり悪いが
それを、何万倍もひどくしたと思われるのが今回の作品。

元々、ホームビデオを再生した映像なのだが
それにしても、やり過ぎ感がとても感じられた237
走りながら撮影するのは分かる。
だけど、やり過ぎ。 画面には、何も映ってませんけど(苦笑)
何度か、軍の爆撃機らしいモノがビルの合間を通り抜けますが
ハッキリ言って、一瞬デス(笑)
安物のプラモデルかCGなのかも分からないほど
一瞬デス。まぁ、どちらにせよお金は掛かっていませんけど18
どの部分でお金が掛かっているかと言えば
ちゃんと東京で撮影をされた事492
なーんっとなく、本物だと唯一感じられた部分。
爆撃や、ビルが崩れていく光景は全て安っぽいので
正直、どーでもいいですよーって感じ(笑)

内容としましても、サラとエリンが謎の災害に襲われて
東京の街から脱出するという話だが・・・・
途中で、ジャスティンというカメラマンと同行するが
このカメラマンに対してもかなり雑な扱いをする389
突然の災害で、ジャスティンがいなくなってしまうのだが
そんな事に対しても、何事もなかったかのように話が進む405
むしろ、サラとエリンにとっては
今回の災害が何だったのかを予想する事に夢中で
いなくなった人については、触れることはあまりない。
ちなみに、物語の大部分は、二人の口喧嘩59

絶対に・・・ 地震 が 原因 だわ!!!!!
    
      絶対に・・・ テロ が 起きたん だわ!!!!
      
まぁ、どちらも間違いなんですけどね(笑)
観る価値もありませんが、結末もガッカリした感じです。
後半になると、その原因が暴走して街が破壊されるのですが
ここでも、謎の発言が。

 「 街中が爆破されて みんな死んだのよ!!!!!」 っと。

はい。完全にウソです7
どこも爆破された様子はありませんし
燃えているCGの奥で、綺麗な状態のビルが建ってます(笑)
ハッキリ言って、どこもかしかもびくともしていません356
燃えているどころか、空は晴天で快晴で平和丸出しです。
もう・・・・なんだかね~478
主演の二人もダメさ満点ですが、
途中途中で出てくる、日本人のカタコトっぷりも変292
救いようのない映画です。観ない事を強く勧めます399

~原作となったであろう作品~


             北極のナヌー
北極のナヌーから、みんなに。

監督・撮影 : アダム・ラヴェッチ サラ・ロバートソン
日本語版ナレーション : 稲垣吾郎
テーマソング : 手嶌葵

雪と氷に覆われた北極に春がやってきた。
穴の中で6ヶ月も過ごしていたホッキョクグマの親子
母グマ、ナヌー、そして双子の弟の3匹が地表に姿を現した。
何も口にせず冬を越した3頭は、
エサを求めて海へ向かうが、捕食になかなか成功しない。
一方、海ではセイウチの群れにも新しい生命が生まれていた。
激しい雪嵐の中、衰弱したナヌーの弟は命尽きてしまう。
やがてナヌーに母グマとの別れの時が来た。
独り立ちの時が来たのだ。

改めて、こんばんわでありまする352
先ほどの、胃カメラの話はまた今度にしておいて
今日も、レビューしようかなーって気分になりました398
やっぱ、落ち着いて観る映画は
本当に、心が休まる瞬間だと言えます343
リラックス出来るわぁ~。冬は外寒いし、部屋でごろ寝だな75
コタツも出したし、猫もコタツで丸くなるし・・・・幸せ283

んでわでわ、本日は・・・・
北極のナヌーこちらのクマをレビューでっす492
考えさせられる作品。そう言った方が分かりやすいでしょう265
そうなんです。この映画は“ドキュメント映画”です。
ありのままの動物達の姿を映し出し、そこに物語を吹き込む。
映像としては、白熊のナヌーの可愛らしい姿に優しい気持ちになり
後半に進むにつれて、この作品の持つメッセージを知り
エンドロールの時には、深く考えさせられるでしょう410

自分は、“皇帝ペンギン”という作品をレビューした事もあるので
よく分かりますが、ペンギンから白熊に変わっただけかも356
最初に、“皇帝ペンギン”を観た時のような強い感動を、
この作品からは、あまり得られなかった(笑)
本音な所、考えさせられる部分の方が多かった390

ナヌー 北極のナヌ- 

この作品で、重要とされてくるキーワード 「温暖化」
自分ら、地球に住むみんなが考えなきゃいけない課題。
北極の氷が何年後かには溶けてしまう。
そうなると、この映像に映し出されている動物達の姿は消えてしまい
悲しみを生む事になる406

エコエコエコ。。。。。。。。エコって何だろうね。
自分は、昔から田舎育ちの人間なので
自然を大事にしたりとか、資源を無駄に使わないとかなんて
当たり前のように生きてきた290
でも、世の中には贅沢をたくさんしている人がいる。
ある番組で見たが、どっかのお偉い学者や科学者達が

「北極の氷が溶けたとしても、特に問題ない」っと。

完全に他人事に聞こえました359
科学的に証明したから何なんだろうね(笑)
数字や予測でしか考えられない人間って、本当に悲しく思います406

北極のナヌー

この作品では、親の優しさを強く感じさせられますが
その映像を観ていると、なぜだか悲しくさせられます292
一生懸命に子供の為に身を削り、子供を成長させる。
その子供が再び親となり、子を産み、身を削る。
繰り返して・・・・繰り返して・・・・それが続くのが現状です511

そして、人間達の贅沢な思想が原因で、それさえも壊れていく。
だから、みんなでエコをしましょーってね392

ナレーションをやってる、吾郎ちゃんも優しい声で
すごく温かみを感じさせられます。
ドキュメント映画ってモノをレビューすると
どうも、説教臭いというか長々と文字を打ってしまうな(笑)
内容は、本当に簡単な仕上がりになってるので、イイよ266

ただ、ナヌーたちの姿を見て
一握りの人でもいいんで、明日から温暖化を考えてくれれば
この作品の持つ役割を果たせたと言えると思います。
世界は人間だけのモノではない。
大事な事、一つずつ積み上げて世界をよくしていけたらいいな~
って、ちっぽけな自分ですがそんな事を思っております291

~関連作品はコチラ~


             スターダスト
スターダスト
監督・脚色 : マシュー・ヴォーン
原作・製作 : ニール・ゲイマン
出演 :クレア・デインズ ミシェル・ファイファー ロバート・デニーロ
    チャーリー・コックス シエナ・ミラー

ウォール村に住む青年トリスタンは、
村一番の美女ヴィクトリアに恋をした。だが彼女には恋人がいる。
ある夜、なんとかヴィクトリアを外に誘い出すものの、
彼女は心を許してくれない。
その時、流れ星が現れ、それを見たトリスタンは、
落ちた星を愛の証としてプレゼントすると約束する…。
かくして落ちた場所に到着したトリスタンだが、
そこには一人の美しい女性が。
同じ頃、魔女の3姉妹も流れ星を見て大喜び。
永遠の若さをもたらす流れ星を400年間も待ち続けていたのだ。
魔法のお告げが示す場所へと急ぐ魔女。
魔女との争奪戦の幕開けだった…。

こんばんわぁー今日も元気なゆうじろうッス!!!!
っと言っても、普通な感じだけど(笑)
最近さ、新人さんが二人入社してきて、楽しくってね266
どっちも自分より年下で、若さを感じる二人なんですが・・・・
どっちもかなり強烈ッ237
一人は、長髪にスカした表情で仕事に対してやる気なしで
サボるのが大好きなK君。
今日で、四日目なんですがすでに
「コンビニ行きましょうよ~」っと何度も言ってきます(笑)
まぁ、可愛いもんですけど7
そして、もう一人が・・・・・かなりかなり強烈ですッ!!!!
顔黒に長髪に金髪。そして、堂々とした風貌。
どうしてこんな奴いれたんだ?っと疑問に思うほど。
でも、見かけによらず根が真面目で。
「ここで頑張って、嫁の為に働きます!!!!」っと。
いい子じゃないですか290 っと思ったら二言目には・・・・
「スイマセン。ニコチン切れました。タバコ吸いますね」っと。
言う言葉が、大物です(笑)
まぁ、そんなこんなで賑やかな職場になってまいりましたな354
人が増えたから、自分の技術も磨くチャンスなので
ちょっと修行しようかと計画しております91
さてさて、今日もレビューっと行きまするよ265

本日の作品は・・・・
スターダスト」に決定ッ!!!!
この作品は、CMで何度も見たんで気になってたんよ9
「君が流れ星?」ってフレーズは
耳に焼きつくほど、聞いた気がします(笑)
まぁ、そんなこんなで気になってた作品です。
・・・・・この作品、かなりの当たりだよ32
ファンタジー映画という部門でも、かなり優秀だし
色々詰め込まれた作品なので、お腹いっぱいです(笑)
主人公のトリスタンは、かなりピュアな青年で
流れ星をプレゼントするっとか言い出すし25
その流れ星が、お姫様だったりっと513
今まで聞いた事のないような、独特な設定。
それの一つ一つがとてもイイ世界観を作っていて
最後の最後まで、かなり楽しめましたよ352
特にお気に入りのポイントは・・・・我らは陽気な連中だィ♪
空賊の連中。もう完全にツボだよ7
ロバート・デニーロ演じる船長なんてかなりウケるし(爆笑)
まぁ、完全にネタとして扱われてますけどね。
それにしても、ロバート・デニーロさんが
あんなコミカルな演技をするなんてな・・・・・意外391
他にもステキなポイントはたくさんあるんですけど
お姫様の、ピュアさもかなり暖かい気持ちになれるんよ398
自分の気持ちを表に出さないタイプなんだけど
トリスタンに褒められたりすると、
顔には出ないのに、体が光って反応しちゃったり(笑)
なんだか、可愛くて343いい感じデッス♪
哀れな3姉妹
お姫様が、魔女の3姉妹と会うシーンがあるのですが
その絡みも、このお姫様らしさがよくでていて、
すっごく哀れみの顔をします(笑)
じゃあ、あなたが生贄になってあげてくださいって感じ(笑)
全体を通しても、しっかりとした作品に仕上がっており
最後の最後まで、存分に楽しめた作品でした265
それにしても・・・デニーロさんマジで笑えました(爆笑)


~監督作品~

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。