上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
                 エスター
 エスター 
 

監督 : ハウメ・コジェ=セラ
脚本 : デイビッド・レスリー・ジョンソン
出演 : ヴェラ・ファーミガ  ピーター・サースガード  イザベル・ファーマン

赤ん坊を死産したショックから立ち直れずにいたケイトとジョン。
この傷を癒すため、二人は養子を迎えることを決意する。
訪れた孤児院で二人は他の子と交わらず
一人で絵を描く少女に出会う。彼女の名はエスター。
この聡明で絵が上手な少女を喜びとともに迎え入れたケイトだが、
その直後から奇妙な事件が頻発する。
ケイトはエスターに違和感を感じて周囲に警告するが、
逆に孤立してしまう。そして、事件は家族にも及び始めた…。

本日紹介するのは・・・
エスター こちらの作品です
 
冷たい感じを演出する、怪しげなメロディ
所々に起きる衝突の前触れ・・・ドキドキ感を増幅させる効果音
ケイトの母親としての、悲しみを漂わせる雰囲気。
ピアノの悲しい旋律。そして、エスター

施設で不思議な絵を描くエスターは、
とっても素敵な笑顔をして生き生きとしてるんです
美人な顔立ちからは、想像できない姿が
少しずつ・・・見え隠れしていくんですがね

エスター

エスターを迎え入れてからの、ケイト一家を襲う謎の影。
その一つ一つが、怖い怖い(笑)
エスターは、首輪を触ると暴走します。
大きな声で暴れまくります。そして、周りとは溶け込みません。
うーん・・・・何か危険な香りがする

最初に話しましたが、音楽が全体的にいい気がします。効果音も
公園の遊具の音ですら、演出として活きてます
さらに、子供が子供に襲い掛かるってのが、さらに怖い。
少しずつ姿を見せる狂気が、どんどん増幅して・・・
エスターの怖さが、増していきます
気がつけば、銃やらハンマーを持って暴れます
無表情なだけに、とても恐怖を感じてしまいます。

忍び寄る影 エスター

元々ケイトの家に住んでいる、マックスという
言葉の話せない女の子がいるのですが、
この子もエスターに利用されます。。。。
マックスが、すべての真実を見ていく。でも、喋れない。
この子・・・・余計に感情を押さえ込まれていて、可哀相

そして、最後の展開は、少しありえない部分ありますが・・・
まさかの、指名手配ですからね・・・
子供ならではの、純粋な表情に騙されたら・・・もう、アウトですな
あのマックスの活躍にも、普通に驚かされました
お母さんを守ろうとする姿は、応援したくなりましたヨ

ケイト&ジョン

最後の最後の、エンドロールもしっかりした感じで、
よく出来た作品だと感じます
スタッフロールの楽しげな音楽は、謎だが。
幽霊や化け物というより、人間の本質による映像。
心の闇が、生んだ悪魔みたいな
結構、ぞくぞくしていい作品でした

~関連作品~

スポンサーサイト
オッス!!!!今日は、一日お休みだった、ゆうじろうッス
天気も良く、絶好のまったり日和
いやー、めでたい。
んで、今日は地元の大親友と一緒に遊んできたんッス

だんだん、歳を重ねてきて分かった事。
本当に大事な存在は、月日が流れても変わらないって事
一度結んだ絆は、どんなに離れていても
とても固く。何よりも強い。そして、優しい力を持つ。

そんなこんなで、昔からの長い付き合いだからなのか
久しぶりにあったにも関わらず、すんごい仲良しなんです

お互い、仕事の状況とか、日常の話なんか交えながら
のーんびりとした一日を過ごしてきたわけです。

ちなみに・・・基本的にうちの仲間はオタク度が高い
っというか、自分も好きなモノは好きだから堂々としてる(笑)
まぁ・・・・あいつらときたら・・・。やれやれだぜ

俺の知らないとこで、mixiやらツイッターやらやっておるし
なんだか、手術とか火事とか何やらたくさんネタを抱えおって・・・・
久々だと、何を聞いても新鮮に感じるから
話も尽きませんなぁー。まっ、以心伝心って思う時あるし

俺っちもそうだが、大親友の面々も色々と未来を考えている。
それは、すごく分かった
やっぱ、中学ん時のような馬鹿やってるだけじゃ
自分の世界は広がんないって、社会に出ると実感するわけで。
あいつらも頑張ってるし、俺もやんなきゃなーって。
いい刺激を頂いてきましたよ

今だから出来ること、今しか出来ないこと。
・・・・・ちゃんと見つめなおさなきゃな。
俺自身のステータスをしっかりと把握しないと
後で後悔するハメになる。それだけは、わかっております

にしても、大親友ってやつは本当にいいもんです。
顔見るだけで、安心するのは謎だな
お互い、昔から性格も顔も変わってないし。
若干、髪が薄くなったり髭が伸びてきたりはするが(笑)

まっ、本当色々と支えてくれて、いつもありがとう。
お前達に会えて、いつも感謝してます。
人間は、一人では生きていけないしな
一人、二人、三人・・・っと、たくさんの人と出会い
それが、自分自身を築いていきます。
一つだって、捨てたくないんだけど、掌を零れ落ちていく
大事な存在だってある。人生って難しいよね

でも、一度掌を零れ落ちた存在も
優しく優しく大事にしていれば、帰ってくる事もあるんだよね。
それも、感じられる時もある。繋がっているんだ。ずっと
意味なんか説明はしにくいけど、大事ってそういうもんだと思う。

・・・・・あーなんか、つぶやいたな(笑)
よくわからんが、大親友に久々に会ったのはいい刺激になった。
そうだな、きっと。あいつら、イイ奴だし。
明日から、また仕事
でも、同じ時間に頑張っている人は、もっとたくさんいる。
むしろ、俺なんて頑張りが足らん!!!まだまだじゃ
一人じゃない。このフィールドで闘う人間は

では、今日のゆうじろうの戯言日記終了で。
みんな、顔上げて・・・明日も  ハレルヤッ!!!! (笑)
どうもどうもどうも
まいど、おなじみのゆうじろうッス
今日ですね、うちの会社に入社して二ヶ月ぐらいになる新人が
“椎間板ヘルニア” の手術を行いました

うちの職場は、花屋だ
だから、水が入ったバケツや大きな器など
意外と、肉体労働の部分も兼ね備えた仕事だ

そして、その職場に入ってきた新人さんは、
見た目的にも、重量がある人なんです
大丈夫かなーって思いながらも、休憩を多めにとってもらったり
気をつけていたつもりだったが、
どうやら腰に負担を掛け過ぎたようで・・・・可哀相に
やる気があった人なだけに、無事に帰ってきてくれるのを
願うばかりですよ リハビリとかも大変だろうなぁ・・・・

同僚には、何人かヘルニア持ちで仕事をしている人がいる。
強風が吹くだけで、泣きたくなるほど辛いらしい。
同じ症状にならないと理解できないんだが・・・
辛い思いはしたくないしなぁ
何にせよ、無事に帰ってきてくれる事を願うばかりです
ウッス!!!!ゆうじろうです
雨が大荒れだったり、風が強かったりと
最近、気象がめっちゃ荒れてますなぁー
一昨日は、ゆうじろう本当大変で・・・・

仕事が終わって、駐車場に向かう数分の間に
バケツをひっくり返したような、大雨に打たれて
笑いが止まらないほど濡れたんですわ(笑)
あんなに濡れると、もう・・・笑えるし(爆笑)

でも、大雨で前が見えなかったし
おもいっきり車に飛び乗ったもんだから、
大事なCDを掌で破壊してしまいまして・・・(泣)
悲しさ半分、笑い半分な感じでしたヨ

さてさて、そんなゆうじろう。
以前より、愛用している 「熊の油」 をご紹介

Image024.jpg kumakuma.jpg
こんな、感じの器に入っているんですが・・・
これが、かなりイイッ
手荒れから、火傷の手当てなど効能は様々。
なんと言っても、天然素材だから体に優しい
寝る前に塗って、手袋して寝れば、手あれも回復
皮膚科の先生がくれる、ステロイド剤は
とーーーーっても、効果は高いのだが
後々・・・・怖いからなぁ だから、こんなのがイイんです
ネットで、2000円前後で販売してたりします。
物は様々ですが、効果は大体変わらないかなぁー
凝固剤が入っている物の方が使いやすいけど
添加物ありだから、ちょっと気になったり。

左の写真が、凝固剤入りの花屋業界で有名な“熊の油”
右の写真が、猟師さんが昔ながらの方法で作った“熊の油”

右の商品は、香りも野生な感じがしますけど(笑)
まぁ、世の中には “椿オイル” だったり、 “桃のエキス”だったり
美容に使える “馬の油” だったり、色々あっけど
自分に合うモノに出会えたら、それが一番ですな
肌荒れ・・・・早く治んないかなぁー
           ランド・オブ・ザ・ロスト
LAND OF THE LOST

監督:C.トーマス・ハウエル
出演:C.トーマス・ハウエル ティモシー・ボトムズ
   リンゼイ・マッケオン アンヤ・ベントン

フロスト夫妻は、友人たちとバカンスを楽しむために
クルーザーでバミューダ・トライアングルと呼ばれる
魔の三角海域を航海していた。
しかしその途中、巨大な嵐に遭遇し、海は大荒れとなる。
すると、突如上空に光り輝く空間の切れ間が出現し、
まばゆい光と共に全員が気絶してしまう。
そして気がつくと、彼らは怪しげな無人島に漂着していた。
フロストたちは島に上陸し、調査にあたる。
そこで遭遇したのは、絶滅したはずの太古の恐竜たちと、
数十年前の戦時中に消息を絶った兵士や戦艦であった。
果たして彼らは、この島から無事に逃げ出せるのか?

本日の作品・・・・
「ランド・オブ・ザ・ロスト
」 こちらーッス♪

相変わらずの、衝撃的な内容
アルバトロスさまの作品。今日も行きます

パニックアクション映画という事は、表紙を見ればよーくわかる。
だって。恐竜が暴れてるし(笑)B級様ですよ
普通のバカンス気分の面々が、嵐に巻き込まれたことで
一気に大混乱になる。よくある展開かな
あんまり登場人物の説明はないので、記憶にないが
ガイド役のフロストという男だけはよく覚えている。
だって、乗客あパニックになっているときに、
一人だけで船に乗って逃げ出しますから(笑)

とりあえず、生き残る為に水を汲んだり、火をおこしたり
謎の生物の死骸の肉を採取したり・・・・
それなりに、サバイバルの知識はあるようです
役者さんは、それなりの味がある感じがしましたよ
ただ問題は、「恐竜」です。かなり浮いてます
CGの技術としては、それなりにイイとは思いますが、
背景と、まったく馴染んでない(笑)
作りとしては、なかなかなんですが・・・。

ランドオブザロスト

島の生活に少し慣れてきた頃、新たに登場する人物に
先住民のお爺さん達が登場します。
だが、この爺さん達、只者じゃない
フロスト夫妻一行らに、仲良くしたかと思えば、
あっさり裏切ります。背後から、鈍器で攻撃ッドカッ(笑)
あーもう、完全に計画的な犯行じゃないっすか。
みんなが気がついた頃には・・・遠き海の彼方へ・・・
海の恐竜か何かに襲われて、沈没するのを予想してましたが
普通に島からは、脱出できるようです。あっさりしてんなぁ

ランド・オブ・ザ・ロスト

っというより、この島・・・。後半になって気づきましたが
敵は、恐竜が・・・一、二匹のようです(笑)
しかも、弱い人一人を狩るので、精一杯。
残念ながら、モンスター的には弱いです
だからなのか、最後はあっさりと、余裕モードで脱出します
そりゃあ、あんな恐竜に対して
ミサイルやら、バズーカーなどで応戦してたら
恐竜としても、ただただ吠えるだけですやん。
どっちが強者かよく分からなくなります(笑)

最後まで見て思ったが、全然記憶に残らない(苦笑)
どうにも、インパクトもないし、ネタにもならない作品
うーん・・・・。こりゃ、微妙やな

~恐竜大国ココに~

               ムーンウォーカー
 MICHAEL JACKSON !!! 

監督 : ジェリー・クレイマー コリン・シルバース
原案・製作総指揮 : マイケル・ジャクソン
出演 : マイケル・ジャクソン ジョー・ペシ ショーン・レノン

今世紀最大のエンターティナーと呼ばれ、
ステージでも華麗なその姿を見せる
スーパースター、マイケル・ジャクソン。
しかし彼の私生活は、完全に謎のべールで包まれていた。
実は彼は、地球の愛と平和を守るため
愛の守護神コスモから遣わされた「ムーンウォーカー」
という名の使者だったのである。
ある日、友人である3人の孤児たちとともに
ピクニックに出かけたマイケルは、
ふとしたことからミスター・ビッグ率いる
暗黒組織のアジトにもぐり込んでしまう。
そこでマイケルは子供たちを麻薬漬けにして
世界を支配しようとしている彼の企みを知るのだった。
持ち前のコスモパワーで「ムーンウォーカー」に変身した彼は、
暗黒組織を叩きつぶし、子供たちを悪の手から救い出すのだった

本日の、作品は・・・・
「ムーンウォーカー
 こちらになるッス♪

マイケル・ジャクソンさんによる
とてつもないスケールで作られたすごい作品
まぁ、映画というか半分以上、
プロモーションビデオ(PV)を見ている感じですな
ミュージカル映画の部類に入るのかな。たぶん。

あらすじを見てもらうとわかるかと思いますが
めちゃくちゃです(笑)
この作品は、見る価値ありの作品だと言っておきます
ほかのどんな作品とも違う、
アニメーションとマイケル・ジャクソンという名の
世界的スーパースターのコンビネーションは
とても驚かされる部分が多かった

ムーンウォーカー

特に、自分にとってはマイケル・ジャクソンさんという方は
あまり深く知る事がなく、歌を聴いたり
個性的なダンスを見たことがある程度だった

でも、この作品を観た事によって、
とてもイイ笑顔を見せてくれたり、コメディー色を
見せてくれたりするので、とても好きになれた。
この映画、本当すごいわ(笑)

むーんうぉーかー うさぎ

いろんな追っ手や、ファンなどに追われながら
逃走している姿は、笑える。本当笑える

この映画が伝えたい事というモノは
何なんだろうか?色々考えてみても・・・・
「マイケル・ジャクソンのPV」っですべてが納得いく
そして、マイケル・ジャクソンさんは
少年のような心を持ち、子供が好き。
きっと、そうなんだろうと思える

最後の、暗黒組織との戦いは
映画史にも残るような、戦闘シーン。

マイケル・ジャクソン

「 マイケル・ジャクソン・・・ 宇宙へ!!!! っという事です(笑)
もう、このシーンは伝説にしてもいいぐらいですわ。
“THIS IS IT” も気になるんで
今度見てみなきゃな
マイケルさんって、ほんまにすっごい人物ですわぁ


こんばんわぁ。生きてます。なんとか生き抜きました
魔の、母の日。 無事に終わりました。

終わったのは、9日ですが
その後の処理や、店頭のレイアウト替えなどで
書き込みするのが、遅れてしまいました

毎年、日付が変わるまで続く残業の連鎖・・・・。
今年も、ひどい有様でしたよ・・・・
二日連続で、新聞屋さんが配達をしている時間帯
太陽が昇り、街を照らし出す時間。
そんな時間まで仕事をすると、さすがに疲れる
そして、従業員が消えていく・・・。

今年は、とりあえず。
一人退社。  一人事故。
一人罰金。  一人手術

っと、なかなか大きな連鎖が続きましたよ(笑)
新入社員の一人が、この母の日の辛さを知り
途中で、帰宅をしてそのまま消えていった
そりゃあ、新人で朝まで仕事したら
嫌んなりますわな(笑)そりゃぁ~しゃぁ~ない
んで、睡眠不足からなのか
配達をしていた社員が、トラックとぶつかり事故を
トラックに過失が多いのが誰から見ても分かっていたのだが
そのトラックが当て逃げという、裏技を使ってしまったので
最終的に、警察沙汰になる事に
現在も、逃亡中なんです。 早く捕まらないかねぇ~

さらに、その同じ従業員が車内で携帯を使用していた為
警察に捕まり、罰金を受ける事に
本当・・・残念な人です
どうやら、近々罰則金が跳ね上がるという話もあるようで
上司に、ハンズフリーのイヤホンを導入してもらうように検討中。
やっぱ、罰金は嫌やもんな

最後には、同僚の一人が手術までする事態に。
話を聞くと、仕事の疲れなのか急激に歯が痛くなり
一晩で膿が溜まり、手術をしたという
根性がある同僚なので、手術したその次の日には
普通に、仕事に参加してましたけどね

まぁ、そんなこんなで無事に終わったわけです。
今回は、yahoo!!さんの方でも、ネット販売をしてたので
ある程度、注文を頂きました
ちなみに、その店は僕が店長になってたりします(笑)

売り上げ的には、過去最悪の展開ですが
まぁ、とりあえず終わったんだし、OKでしょ
徹夜までして頑張ったから、妙な達成感を感じます。
同僚のみんなと、抱き合いたいぐらいでしたし(笑)
無事に、事故もなく生き延びられて、よかったですわぁ。
ほんまに、この時期は仕事辞めたくなる(笑)
              ターミネーター4

ターミネーター4
監督 : マックG
脚本・原案 : ジョン・ブランカトー&マイケル・フェリス
出演 : クリスチャン・ベイル サム・ワーシントン
     アントン・イェルチン  ムーン・ブラッドグッド

時は2018年。核戦争で荒廃した世界は、
人工知能搭載のスーパーコンピューター“スカイネット”に支配されていた。
生き残った人々は抵抗軍を組織し、機械との最後の戦いに備えていた。
部隊のリーダーであるジョン・コナーは、
“スカイネット”がやがて自分の父親となる
カイル・リースの命を狙っていると知り、彼を探し始める。
一方、ターミネーターがさまよう荒野をたくましく生き抜く少年カイルは、
核戦争のことも、今が何年かさえもわからない屈強な男・マーカスと出会う。

本日の作品は、
「ターミネーター4
」 こちらッス♪

初代から、シリーズ通して観てきましたが・・・
今回は、物語をひとつにつなぐ為の作品
まぁ、最後は「つづく」って感じだったけど
とりあえず、よくできたシリーズ作品

未来から来た「ターミネーター」
ジョン・コナーっという名の、救世主と呼ばれる少年。
そして、彼の両親。サラと、カイル。
全てが繋がるそう、ひとつの線になるんです。
元々、ジョン・コナーの親父にあたる“カイル”は
未来から来た。っという設定になっていた。

だから、今回の“4”では、カイルを救い
過去に送り出す作業をする話だと思っていた。
だが、救出するまではよかったが
その後の作業は、まだ語られる事はないようだ。
5に続くのかな

ターミネーター

さて、そんなこんなでターミネーター。
見所といえば、冒頭から登場した、謎の死刑囚。“マーカス”
彼は、死を前に書類にサインをした。
それが、彼の苦難に満ちた旅の全ての始まりだった。

永い間、眠っていたマーカス。
目が覚めると、そこはスカイネットに支配された世界。
彼を知る者、彼の使命。全てが謎のまま、追われる日々。
人間であるはずが、人間ではない

最後の最後まで、ハラハラドキドキのシーンが目白押し。
ジョンがカイルを救出に行く時に登場するのが
あのシュワちゃんこと、初代の姿のターミネーター
どうやら、出演はできなかったようで
CGで撮影されたようです。・・・にしては、リアルだ

ターミネータ

今回の作品は、本当にマーカスという人物がいなければ
全然、熱くなれる部分がなかったように感じる
それ程、彼の暴れっぷりと純粋さには、ドキドキさせられた
すごく、男らしい部分があってGood

続編がきっと出るんだろうけど、それもきっと観るだろう。
こういう系統って最後まで観なきゃ
なんか、損した気分になるんで(笑)
にしても、終わりが見えん作品ですわ


どうもどうもあっという間の毎日に、
ちょっと驚き気味のゆうじろうッス
まいど、どうもどうも(笑)
ほんまに、毎日が早い。
っというか、年明けから忙しさがなかなか抜けられなく
ただただ、時間の流れにザザザーーーーーっと流されていくのみ
いいのか?俺。みたいな、複雑な気持ちになりながらも
毎日、生きてます。
時間は、平等だ。 だから、無駄はダメだ。
分かっちゃいるけど、やめられない。それが、人間

そんな、ゆうじろう。
花粉症で、ありえないぐらいツライです
もぉー、誰か鼻の中に入って、検査してくれーーーって感じ(笑)
ほんまに、鼻づまりがひどくて眠りを邪魔する。イライラ・・・・
さらに、花屋なのにアトピー性皮膚炎を持ち
菊を触ると、荒れまくる体質のゆうじろうなのですが
最近、異常なぐらいに荒れます。もう、痒くて・・・。

でも、皮膚科に行くと「ステロイド剤」を確実に渡されるので
行きませんステロイドは、一瞬で痒みや炎症を無くすけど・・・
皮膚がん や、緑内障などの、危険な病気を呼びますから
ステロイド無しの生活。脱ステロイド!!!!っという気合い
毎日、ハンドクリームと仲良く付き合ってます

“熊の油”ってのが花屋業界の中ではブームなので
ゆうじろうも使ってます。新しい物を注文したから、
そろそろ来るはずだが・・・楽しみ

さーって、長なりましたが、
母の日。絶不調です(苦笑)予約注文が伸びず・・・。
色々、試行錯誤をしているので、頭を使いまくってます
不景気だし、母の日なんて、花より団子ですよね(笑)
なかなか、難しい業界ですわ~
まぁ、そんな感じだな。うんうん。
みなさんは、ゴールデンウィィークを楽しく過ごしてるッスか
ゆうじろうは、休み無しです。
・・・・・連休。ほしいッスわぁ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。