上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
            小さな命が呼ぶとき
小さな命が

監督 トム・ヴォーン  
出演 ブレンダン・フレイザー ハリソン・フォード
   ケリー・ラッセル コートニー・B・ヴァンス
     パトリック・ボーショウ

ジョン・クラウリーはオレゴン州ポートランドに暮らす
エリート・ビジネスマン。
しかし、3人の子どものうち2人がポンペ病と言う難病に冒されていた。
ポンペ病患者の平均寿命は9年…。
長女のメーガンが8歳を迎えた頃、
ジョンはネブラスカ大学にロバート・ストーンヒル博士を訪ねた。
彼はポンペ病研究の第一人者で、
治療に有効な薬の開発を研究していたのだ。
ジョンは子どもたちのために、
博士と共同で製薬会社を立ち上げるのだった。

本日紹介する作品は・・・
小さな命が呼ぶとき 」こちらになります。

我が家の愛する相方が大好きな俳優の
“ブレンダン・フレイザー”さん主演の今回の作品
「ハムナプトラ」シリーズから熱烈的ファン?という事で
今回は、便乗して自分も鑑賞してみました

さて、今回の作品。
大好きな子供達の難病を治すべく、自分の地位を捨て
ただがむしゃらに、子供を救いたいっという、
お父さんが主役
とても熱く、とても優しさに満ちたお父さん。
寝静まった頃には、頭を抱えて難病を治す方法を探す日々。
うーん・・・。悩ましい。

時小さな命が呼ぶ

その難病を解決するのが、ストーンヒル博士こと、
ハリソン・フォードさんです♪
この方・・・・実は、最後まで名前出てきませんでした(笑)
喉まで出掛かってるんだけど、名前が出ないど忘れ
もどかしい気持ちでしたが、映画に集中せねばと思い鑑賞続行

この博士。とても熱くなりやすく、周りの人間とすぐぶつかります
信念を持ってる人間は、ぶつかりやすいのかもしれませんね。
そこを助手的な感じで、ジョンが支えていく。
いいコンビです。いい掛け合いが何度もありますし

小さな命が呼ぶとき

ただ・・・・・最後まで見て思いました。
この映画・・・・
   「  山場 がない 」

なんだろう、なんとなく頭に残ったんだけど
あんだけ集中して映画を観たにも関わらず、心に残らない
さら~っと見終わりました。
いい作品なんだろうけど、あまりにもスムーズに事が進む
そして、ストーンヒル博士の逆転劇とか
ジョンのすごい閃きさえも、なんか。。。違う

小さな命がよぶとき 

メッセージのある作品なのかもしれませんけど、
自分を引き込むレベルまでは達しなかったのは間違いない
同じ境遇や難病を抱えてる人が見たら、やはり違うのかも。
でも、トントン拍子に新薬が開発されて、あの結末を迎えるのは
どうも、出来過ぎてる感があった。実話を元にした作品かな
それでも、少し現実味が感じられなかったのが不思議な作品でした

~ブレンダン・フレイザーさん関連作品~

スポンサーサイト
こんにちわぁー。天気もいいし、いい休日を・・・・
過ごす予定だった、ゆうじろうです
以前より、任せられていたチラシの作成。
無事に完了し、印刷を終了し、さぁ配布開始だ!!!!っと思ってたら
急に、上司が。
「気にくわん。やり直しだ。印刷のし直しだ。」

・・・・・・・・・。うん?
完全に、呆気に取られました
上司にも、OKをもらった上で印刷に入ったにも関わらず
それに対して、俺は認めていないとの事。
言った言わない。決定だ決定じゃない。記憶喪失か?
何か、正直意味がわからんくなってきた
店舗の店長や、色んな人に確認を取り上司にも確認とったにも関わらず
確認の取り方が悪いっという一言で全てが崩れ終わった。
まぁ、無駄な経費がかさむだけだが、
どうしても、やるべき仕事が増えてしまう

なので、今日は仕方なく休日だがチラシの再構成をする為に
メールを確認しに会社に寄ったのだ。
本当に、2,3分で終わる予定で立ち寄った。
それが、上司との話し合いが始まり最終的に説教を受けるように
休みの大事な時間が、どんどん削られていく。
そして、楽しい気持ちがどんどん下がっていく。
本当、なんてツイてない一日なんだっと思った

んで、この怒りというかストレスは、どこにぶつけていいのかわからず
とりあえず、ここにぶつけようかと
時間を見て、カラオケでもいって歌いまくろうかな。
そんな気分。もぉー会社辞めたい気持ちよりも、次へのステップを
ちゃんと考えないといけないと、本気で思った。
資格なりなんなり、取っていかないとな。

正直な所、気持ちの切り替えが得意って言われるタイプだけど
根には持つタイプなんだよね(笑)
まぁ、一つの事やりだしたら他に冷たくしちゃう癖もある。
集中すると、周り見えなくなるタイプだって自覚あるし

さて、とりあえず。洗濯物を干さねば(笑)
休みなんやし、部屋の片付けも大事やしな
なーんか、最近忙しすぎて、自分を追い込みすぎてる気がする。
大声上げて暴れ周りたい気持ちを、理性で閉じ込めるのも
何かと疲れる
上司との説教の間でも、
「お前は俺に喧嘩を売ってるのか!?」言われるほど
俺は、口が悪くなる時がある。
キレて暴れるんじゃなくて、正論を並べて相手の否を認めさせる。
相手に不快な想いをさせることに関しては、達人レベルだ

なんにせよ、今日は休みだ。まだ半日だ。
休みを取り返すべく、今日も太陽の下、洗濯物を干す
ふぅーふぅー。今日も疲れたーぁ!!!!
ゆうじろうです。まいど、どうもッス!!!!!
昨日、夜中の1時過ぎまで仕事をしてたと思ったら、
朝出勤1時間前に、会社から電話
遅刻でもしたかぁ・・・っと寝ぼけながら電話に出ると
「お客さんからクレーム入った。対応よろしく
 他の社員にも電話したけど、誰も電話に出ない、頼む」

・・・・朝からしんどいわ
しかも、外は雨なのに外に設置した花が倒れたと。
搬入した本人は、電話に出ない罠。ううぅぅぅ。
まぁ、頼られ役だから仕方ないか

っと、そんなこんなで昼になった頃、
会社で事故が発生した

「誰か!!!社員さん倒れてるよ!!!来てー」っと
叫ぶように、俺を呼びにくるパートの方
社員が倒れてる!?・・・脳梗塞?心臓発作?盲腸?
何かと妄想しましくりながら、急いで行くと

葬儀の祭壇の下で、倒れている社員発見

様子を見た結果、祭壇の上で作業をしていて足を滑らせて
背中から落下したような感じ
同僚は、動く事が出来ない状態で、
急いで救急車を呼んで、救助してもらいました

診断の詳細は、明日にでも分かると思いますが
とりあえず、アバラ骨を2本ほど骨折したという。
・・・・心配だ。同僚の歪んだ表情が印象的なだけに・・・
とにかく、体が不自由な状態にならなきゃいいが。
仕事復帰できるのか、それも心配だし。
負けんな、がんばれ。応援して祈るしか出来んが

そんなこんなで、今日は救急隊員と警察官の相手で
不思議な時間を過ごしました。
っと・・・。何やら外が騒がしい。何の音だ・・・・

 雨!? 雪!? あられ!?

あられが降ってきたんです!!!!!すごく珍しい
なんか貴重な体験をしました。にしても、明日も寒くなるそうだ。
花粉と寒さのダブルパンチ。勘弁してほしいもんだ

そうそう、夜に買い物に行ったんだけど、恐ろしい・・・。
みんな不安なんだろうね
スーパーの、缶詰やらお米やら色んなモノがない
買いだめしてるんだね。きっと。本当地震怖いもんね。
これからも、余震続くみたいだし、何かと困ったもんや
だけども、ガンバって胸張って前向きに行くしかないっしょ

人の痛みとかが、すんごく体に流れ込んでくるけど
自分を大事にしないといかんしな。明日も、仕事がんばるべ
震災の方、上手く言えないですけど
とにかく手と手を取り合って生き抜いてほしい。
人の力は、無限大だ。
何かを無くした分、生きてれば手に入れられる物もある。
一歩一歩、復興していく姿応援してます
脱出準備完了っ!!!!!!!!

どうも、ゆうじろうです
・・・・・・・・地震。先ほど、起きました
震度3だったようですが、正直ビビりました。
冷静に判断してましたが、終わってみて思った。
「冷静に揺れを感じてる余裕あるなら、すぐに逃げないと」

本当、その一歩が命を救うことになるのかもしれない
とりあえず、心配だったので
緊急用の脱出用バッグと猫脱出セットを用意完了。
ニャンコもすぐに脱出できるように、エサも非常用に用意
ふぅー。本当、南下してきている地震。怖すぎます

毎日毎日、悲惨なニュースで胸が痛いってのに
今度は自分の身にも何かが迫ってきている気が。
あー。もう、精神的にやられそうだわ

さらにさ、こんな日に残業をして
家にまで仕事を持ち帰る、俺って・・・・
この記事を書き終わったら、少し仕事をまとめないと・・・。
嫌んなりそうだわ(笑)もぉー。

現実に一気に戻されるこの現状。
ニュースが気になって、色々と気になっているってのに
何やってんだか、俺
あぁー。まぁ、こんなときだからこそ気合い入れないとな。
石原都知事の爆弾発言には、ちょっとビビったけど。
なんとも言えないお言葉でした

さて、地震の脱出イメージも出来たし
仕事します。とりあえず、1時間コースで。
地震が来たら、相方は荷物持って脱出
俺は、猫を捕まえて猫脱出籠に入れて脱出
目指すとこは、車ん中

どうやら、静岡の地震は震度6強みたいだ
一ヶ月ぐらいは、余震が全国的に起きるらしい。
震度5以上の地震も、何回か起きるとの事。
頼むから、東海地震を引き起こさないでくれ。
まだ、やるべき事も、守らなきゃいけない者も多い。
失いたくない。だからこそ、強く生きる。今は強く
どうも。ゆうじろうです
まず、たくさんの方の安否が非常に心配です。
地震・・・・すごいですよね
正直、度重なるニュースに衝撃を受けております。
これ、日本なんだよね?っと、自分でも理解できないほど。
でも、これが現実なんですね

最初の余震は、自分も気づきました。
配達の途中で、車から降りて荷物を降ろそうとしたとき
ふら~っとしたので、
「疲れてんのかな・・・・めまいなんてするなんて」
って思った。だけど、実際はそれが地震だった。
会社の方でも、大きな地震が起きたという事で話が持ちきりだった

そして、時間の経過と共に、ひとつ。またひとつと
負の連鎖が、続いていってしまう
本当、あの津波の映像は心が痛い。
そして、交通手段を遮断されてしまった人。
その中でも、やはりお年寄りの姿には、心が痛い。
なんだろうね・・・・狭い空間に身を寄せ合って。辛すぎる

ニュースを見てなきゃ情報が得られないのは、分かってる。
だけど、ニュースを見る度に嫌な思いをしてしまう。
生存の情報より、亡くなられた方の情報が多いからだ。
テレビの映像の下に挿入されているテロップ。
そこに、お年寄りのショック死なんてものもあった。
・・・・・・・。辛すぎ

自分は、東海地方の人間なので、昔から地震は来ると聞かされていた。
だけど、いまだに平和な毎日。ありがたいことです。
小さい頃に、阪神大震災のニュースを見たとき
特に、気にしてみてなかったと今は思う。
なぜなら、大人になってからのこの映像は、
あまりにも衝撃的すぎるからです。
被災された方の気持ちを考えると、辛く辛くて・・・・。

こういった震災の時は、決まってモラルの低下がおき、
最大の問題、 「人災」 が襲い掛かってくる。
食料がなければ奪い、寝るとこがなければ奪う。
人がいない家に忍び込んで家のものを盗む。
これは、悲しいけど、こんな部分も現実
女性の方とか、お年寄りの方とか、子供とか・・・・
一人ではぐれたりなんかしたら、本当に危険。
地震じゃなくて、人が怖い。それが、一番の心配。

こんなときだからこそ、協力しあうべきなのに・・・って
こんな言葉も、被災者じゃない自分がいっても無意味か。
本当、何がなんでも生き残っていてほしい。たくさんの人が。
だけど・・・・。
俺が、家族や財産や全てを失って
命だけ残されていたら、生きることが怖いと思うかもしれない。
むしろ、そこで生きるという言葉を言える人間は
本当に強い人だと思う。やっぱり、今の自分では
答えが見つかることのない難題だな。
今は、前向きな人間として生きているけど
狂ってしまうという事も、想像できてしまう。

話は変わりますが、兄貴が東京に住んでいます。
電話も繋がらない、伝言ダイヤルにも録音されていない。
ちょっと心配でした
結果は、交通手段がなくて家に帰れない状況だと。
本当、安心です

いまは、ただ。原発の問題。
あれがどうなるかが、不安
大気汚染、放射能の街、そして日本。
海外からは、日本の商品の受け入れ拒否。
株価暴落、商品高騰、日本で住む人間が減る。
・・・悪い事なら、いくらでも出てくるな・・・。
大気汚染や環境破壊などは、時間で解決できるかもしれないけど
人間は一度だけです。魂は一人に一つ。大事にしたい。
本当、生存者の数が一人でも多くなるように願ってます
被災者の方、それをボランティアに向かう方々。
それを守る政府や、色々な機関。
心を強く、無理をなさらないよう。大切な人を想い。がんばって下さい
遠くから、応援するだけですが、届くといいです。
神頼みしかありませんが、余震も早くとめてください。
もう、これ以上悲しみを増やしてほしくないです。
早く、ニコニコして笑顔のある生活にしてほしい
         ファイナル・デッドサーキット
ファイナル・デッドサーキット

監督:デヴィット・R・エリス
出演:ボビー・カンポ シャンテル・ヴァンサンテン
    ミケルティ・ウィリアムソン ニック・ザーノ

大学生のニックは恋人のローリや友人のジャネット、
ハントとサーキットに遊びに来ていた。
そんな時突然、レースのクラッシュに端を発する
大惨事の予知夢を見てしまう。
ローリたちを周辺の観客と共に
無理矢理サーキットから連れ出すニック。
すると予知夢通り、大事故が発生。九死に一生を得たニックたちだが、
死の運命はこれで終わってはいなかった。
助かった者たちは、1人、また1人死んでいくことになり……。


今夜のご紹介する作品は・・・・
ファイナル・デッドサーキット 」こちらになるデスッ!!!!

「ファイナル・デスティネーション」シリーズの最新作
毎度おなじみの展開に、ニヤニヤしる事間違いナシ!!!!!
・・・・・っと思っておりましたが、今回の作品
大きな問題点が一つ。

 「 吹き替え の 声優 めちゃくちゃ 下手 デス 」

とりあえず、これは最後の最後まで気になる部分でした
正直、本編に集中できないぐらいでしたからね(笑)
誰が悪いというか、全体的に声の方々が微妙だと感じました。

さて・・・物語の方ですね
まぁ、毎度おなじみということで展開は一緒です(笑)
主人公が、惨殺シーンの予知夢を見て、それを回避する事から始まり
そして、回避した人間は死神から逃げられずに、
ささいなきっかけで、昇天していく作品です

最恐作

もう、ここまで全作品を観てきたはずですが、
最終の結末も、絶対的に一緒です(笑)
ちなみに、今回の作品で色々と問題なのが
名前の付いている登場人物は、次々と昇天していきますが
それ以外にも、主人公は救っています
その人たちは・・・・?死神の標的にはならないんですね(笑)

デット・コースターでは、乗った人全員がターゲットでしたが
今回は、主要人物のみ
最初の事故は、分かりますが
後半で、映画館が爆破するシーンを主人公が止めるシーンありましたが
その時に、すごい数の人を救ったような・・・・・。まぁ、いいか

デッド・サーキット

とりあえず、シリーズ物は続けば続くほど、
劣化していくケースが多いように感じます。この作品もそう
同じ事を繰り返しつつ、残虐度を上げて変化をつけている。
にしても、こういうホラー映画系の作品で感じる事なんだけど
CGも使ってるだろうけど、すっごく上手だと思う
昇天した人が、最後に動く映像とかすっごく違和感ないもん
技術ってすごいね。ホラーだとその部分大事だもんね。

デッドサーキット

最後まで見ましたが、特に真新しいこともなく
普通に観て、普通に感じた作品であったことは間違いない
とりあえず、声の方々はちょっと厳しいモノありましたので
その辺は、微妙でしたな。まぁ、元々B級だしいいか(笑)
 
~前作関連作品~

こんばんわぁー。風呂上りのゆうじろうデス
いやぁー、生き返る。日本人は、やっぱり風呂やね
さーってと、仕事すっかな(笑)

実は、ゆうじろう。
会社でチラシ作成の担当を任せられており、
その仕事が全然先に進んでいないので、今夜やりこむ予定
・・・本当は、家に仕事持ち込みたくないんですが・・・・
まぁ、今回だけは仕方ないとしよう。
こんな事は、数年なかったことだし

本当なら、仕事中にやるべき事だと思うわけなんですが、
うちの会社は、理解力のない人が数名いるので、本当疲れる
仕事中に、余計な仕事をやろうとすると決まって、
「何やっとるの?暇でしょ?ちょっと配達行って来て」っと。

仕事の量は、めちゃくちゃ暇で楽勝モードのときでも
人が余っているときでも、なぜか俺を使いたがる人がいる
完全に嫌がらせって事は分かってますが、
何かと面倒なんで、サクッと対応して終わらせる日々
んで、気がつくと他事に集中できない状態。
本当、理解力ない人は困るし、痛い人だ。っと日々思う

まぁ、ゆうじろうは基本的に無茶苦茶な人だ。
そういう状況を打破する為にする行動がある

「 一日の業務を一人で背負う 」

これ、結構しんどいですがイケる時はやっちゃいます
っというか、そういう人を黙らせるには一番効率がいい。
とんでもなく忙しい日は、さすがに一人では無理だけど
4,5人で終わらせる仕事量だったら、一人で終わらせる
んで、全部終わったんで集中しますねーって言って相手にしない
これやると、やりすぎ!!!って怒られる事がある。
自分の胸に聞いてみろ。っと言いたくなるが、基本相手にしない

考え方の違いだろうか。
自分の考え方で言うならば、出勤から定時までの間であれば
どんな仕事をやっていようが、仕事をしてるならヨシとする。
んで、時間があまったら職場の整理やメンテをするようにする
だけど、同僚の中には
仕事の時間内でも、やりたくない仕事は嫌という奴。
1時間で終わる仕事を、3時間も、4時間掛けて無駄に時間潰しする。
余計な仕事したくないからって、成長しない奴だといつも思う
人間楽したいのは分かるけど、時には余計な仕事も大事だけどなぁ。
困ったもんです

そんでこんで、明日会社でイベントがあります
それの準備で、同僚の一人が6時に出勤する事になりました。
実際、家も遠いので4時起きと言ってました
それに対しての、みんなの反応。
「うわぁー。運がないね。」「まぁ、頑張って。」「どんまい」
っという、なんとも微妙な・・・・。 余計な仕事=面倒な仕事
それを回避できただけで、なぜこうも喜ぶのか
気持ちは分かる。だけど、同僚の気持ちを考えてほしい。
いい人の方が、報われない事が多すぎる時代。
ちょっと、展開を見る限りムカッとしたので
自分も手伝いに行こうかと思ってる

朝は弱いので、起きれるか心配だけど、そこは気合いで(笑)
簡単な仕事ならまだしも、結構大変な仕事だもんで
一人に無理はさせられん。本当、いい人だから断る事をしらないし
いい子ぶってるとか理解力のない同僚に言われそうだけど
とりあえず、気持ちが思った事をしたいだけだし、相手にしない。
ほーんと、給料もらえればもっと頑張るのになーって(笑)
まぁ、缶コーヒー1本ぐらいおごってもらうかな

さてと、チラシ作りの案をまとめなきゃいかんし、
ちょっと集中して頑張りやす
あー、時間が足りなさ過ぎる・・・ちくしょー
集中!!!!集中!!!!!リビングには、誘惑が多すぎますが
落ち着く部屋でやるのが一番なので、頑張ります
テレビもパソコンもゲームも、今は少しお休みを・・・・
            TEKKEN -鉄拳-

TEKKEN -鉄拳- 

監督:ドワイト・リトル
出演:ジョン・フー ケリー・オーヴァートン
   ケリー・ヒロユキ・タガワ カン・リー 
   キャンディス・ヒルブランド タムリン・トミタ


政府が崩壊し、有力な財閥が世界を動かしている近未来。
最大の権力を誇る三島財閥が本拠を置くTEKKENシティの塀の外に、
スラム街“アンヴィル”がある。
アンヴィルで母と2人暮らしをしている若者
風間仁(ジョン・フー)は素手のケンカに長け、
禁制品の取引で生計を立てている。
ある日仁は三島財閥の警備部隊“鉄拳衆”の襲撃を受け、
必死で家に帰る。すると彼の目の前で家が壊され、母が殺される。
母の殺害が三島財閥総帥・三島平八(ケリー・ヒロユキ・タガワ)の
命令だと確信した仁は、復讐を誓う。
“The King of Iron Fist Tournament”の市民代表としての
ワイルドカードでの出場権を得た仁は、TEKKENシティの塀の中に入る。
このトーナメントに隠された陰謀に気づく。
平八の息子・一八(イアン・アンソニー・デイル)は父を失脚させ、
財閥を乗っ取ろうと企んでいた。
一八の野望を断ち切った仁は、鉄拳のリーダーとして、
その権力を世界のために使うと誓う。

本日の作品は・・・・
TEKKEN -鉄拳- 」 こちらの作品でござるるる!!!!

人気ゲームの“鉄拳”の実写版
バーチャファイターと、鉄拳。この二つのゲームは・・・・・
日本の3Dやポリゴンの技術の元祖と言っても
俺は、いいと思うだって、あんなに燃え上がったんだもん
10連コンボというのが出来ただけで、英雄にもなれた
あの時代は、俺も輝いてたな・・・
キングというタイガーマスクのようなキャラクターで、
友達に、強すぎっと言われた時代だ
今も、人気はすごいが操作が難しすぎて無理(笑)
ゲームの達人も、いまでは・・・・・・って、話はおいといて
本編へ(笑)

鉄拳 世界最強

まず、トーナメント始まりますが
この主催者である三島平八。ありえません(笑)
ゲームに忠実なのは、わかります。でも・・・あれは
他のキャラクターは、自由な感じです。
似ても似つかない。だけど、それの方がイイ
一八さん、超ヒゲ面のワイルド系だし。
トーナメントの雰囲気は、よく出来ています。
そして、主人公の仁。腹筋カッコ良すぎ。
まぁ、みんなさすがに鍛えあげています。イカス
でも、平八さん・・・・(苦笑)拳で語る感じが・・・しない!

鉄拳

アクションはぼちぼちのレベルですが
銃撃や、武器を使ってのシーンが多い
主人公の仁だけは、最後まで拳で語ってくれますけど。
一八については、弱すぎる。そして、平八さん。
暗殺されたような感じでしたが、ありえん
基本的に、自分の中の平八さんは、
“魁!!男塾 男塾塾長 江田島平八”さんに並ぶ
無敵な存在だと思っております(大気圏は突破できませんが)
そんな人を銃撃!?ありえん。っというか、暴れてほしかった(笑)

鉄拳 バトル

最後の最後まで見ましたが、実写版としては微妙
アクション映画としても、微妙
どうせなら、“ドラゴンボール”ぐらい痛い実写にしてほしかった
それか、全員原作と同じ格好とスタイルなら納得だけど。
違いも楽しめないし、続編も出す!っという終わり方だし
どうなることやら・・・・。謎です
ニーナやアンナは、まぁまぁだったですけどね

最後のエンドロールの後。
平八さんのシーンが復活します。
拳で語ってよ・・・(笑)平八さーん・・・

~原作関連作品~

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。