上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんばんわぁーゆうじろうでございまするー
いやぁー、仕事も忙しいし、何かと充実している日々です。
ここ最近、会社の方でも 「 iPhone 」 のOSが更新されたようで
その話題で、わいわいがやがやと(笑)
自分も、愛用しているんですけど、
なんだか、PCと同期するのが面倒な事が多い

アイフォン

んで、せっかく同期するならと
レンタルショップで、CDを借りまくってPCに保存した後
iPhoneに、音楽等のファイルをぶちこもうかと。
たっぷりの音楽をPCに保存して、いざ同期ッーーー!!!

時間も長々とかかるので、じっくりと更新作業
PCも、携帯も使えないという事で、テレビでも鑑賞。
途中途中、「OK」っとか「同意する」とか、色々出てたみたいなので
ポチポチして先に進み、同期も終わり・・・・ 確認

・・・うん

・・・・・・・・・あれれ

・・・・・・・・・・・・・・・。曲はあるけど、アプリがない

MY iPhone

なんか、ちょっと前の記憶を呼び戻してみると
同期するときは、バックアップを取るとか保存するとか
なーんか、やった記憶ありましたわ。
まぁ、結果・・・・ アプリ 消滅
いいんです。別に、購入したアプリはすぐにDL出来ますから。
ただ・・・・。
データーが消えてますヨネ。
頑張って育てた牧場やら、鍛え上げた戦士たちや
PDFで保存した漫画たちやら、保存しておいた動画とか
課金して追加投資して、機能を増やしたアプリも
その他もろもろのアプリが、初期化

・・・いてっててて・・・・・・痛ぇ・・・・・(笑)

まぁ・・・・。しゃあないぁ
とりあえず、気を付けますか。松っちゃんの番組やってるし
笑って忘れますか(笑)あぁー。バックアップ大事やなぁ・・・(泣)
スポンサーサイト
      WILD HOGS/団塊ボーイズ

WILD HOGS 団塊ボーイズ

監督 ウォルト・ベッカー  
出演 ジョン・トラヴォルタ  マーティン・ローレンス
    ウィリアム・H・メイシー レイ・リオッタ
    マリサ・トメイ

アメリカの閑静な住宅街に、
週末になるとハーレーに乗った4人組が現れる。
実業家のウディ(ジョン・トラヴォルタ)、歯科医のダグ(ティム・アレン)
小説家を夢見る下水配管工のボビー(マーティン・ローレンス)
パソコンのスペシャリスト、ダドリー(ウィリアム・H・メイシー)だ。
ある週末、4人はバイクに乗ったあと、ハーレー仲間が集うバーに行く。
そこでウディが、アメリカ横断の旅を提案する。
そして4人は、ワイルドな現実と思いがけない
冒険が待ちうける旅に出発する……。

本日紹介する作品は
WILD HOGS/団塊ボーイズ 」こちらでございまーっす

“今” そう、誰しもがその鎖に繋がれて生きています
鎖ってのは、表現悪いかもしれないなぁ・・・・
えぇ・・っと、大地に根を張り?難しい・・・(笑)

今という自分が、充実して何も不憫な想いをしてない人。
前は見えないけど、なんとか今を生きている人。
辛くても明日の為に今を生きている人。
みんな、今という時間を大事にして生きています

その中では、不満なんかもたくさんあると思います。
若い時はなんでも出来たけど、もう歳だからなぁ・・・・。
なーんって、暗い顔をしている中年世代
そして、俺も来るであろう中年世代
そんなときでも、自分らしく生きぬく事が出来るんです。
この映画は、今を精一杯感じることによって
明日の自分を作り続けていく、熱い映画です

団塊ボーイズ 親父たちの青春

歳をとったからって、苦が増えるばかりじゃないんですよ
人生を楽しくするのも悪くするのも、今の自分次第。
そんなメッセージを感じさせてくれる映画です

現実逃避するように、ジャケットを羽織り
ハーレーを乗りこなす姿。カッコ悪いですかね?
イイんです男なら、ちょっとカッコ悪くてもイイんですよ。
男臭さってのは、本当好きやわぁ~
全体的な映画のバランスとしては、個人個人の説明など
もっと吸い込まれるような要素が欲しかったっと
思っていたのですが、最後まで観終わると
変な設定が多くなくて、理解しやすかったのかもしれません

団塊ボーイズ 駆け抜ける青春

メッセージを伝える為に、いろんな材料を重ねるよりも
男の生き様を見てるだけで、価値があるように思えます
なんか、いつまで経ってもこういう感情って
すんごい大事だと思う。やっぱ、遊び心大事かもな

~関連作品~

こんばんわぁー。ゆうじろうでござります
いやぁ・・・・今日も、ぶっこんできました(笑)
本当、つくづく上司泣かせの部下ですわぁ
今日は、同僚と上司を集めて会議をいきなり立ち上げて
とりあえず、一言。
「 課長。 ちゃんと店舗の管理できてますか? 」 っと。

いやぁー。足震えたわ(笑)
そこから、幕が開かれていきました
みんなの心に眠っていた想いを吐き出させることに成功し
課長も、自分の言葉で非を認め、
前向きにがんばっていくという、一応いい方向性に
嫌がられるかなーって思ってたけど、
なんか、課長も溜まってたもん吐き出してスッキリしたみたい(笑)

ここ最近、何がいかんかっていうと、
正直、震災や気候の影響で、花が高い。
葬儀での基本となる、 「菊」 ですが、
通常仕入れで一本辺り、70円とかで買えるんですが
現在が、50円UPして120円ぐらいで仕入れることに。
お客さんに売るのは、一本250円以上・・・ 高すぎ
むしろ、花の絶対量が少ない為に、営業も出来ない花屋さんも
存在してしまっているのが、現状。
その花がなくて、高い花を買わなきゃいけない状態で
上司は、相変わらず危機感もなく、まったり~営業
不安や不満の声が、同僚などから発せられる事が多く
今日、ぶっこんで行ったわけです

にしても・・・・なんで、いつも俺やねん(笑)
頼りにされてるのか、使いやすい存在なのか・・・
まぁ、何にせよ自分自身、信念を貫いて生きるこそ全てだ
親にも、言われてるけど
 「 頭の回転が早いのは、分かってるけど、我慢も大事だよ 」って

昔から、視野の広さだけには自信があったわけで、
何かとツッコミを入れては、打ち砕かれて強くなってきたんで。
まぁ、とりあえず今は風呂も入って落ち着いて、まったり
なんか、忙しい一日だったけど、終わりよければそれでよし。
ふわぁ~眠い眠い。。。
                                     エクスペリメント
エクスペリメント エクス

監督:ポール・シューリング
出演:エンドリアン・ブロディ フォレスト・ウィテカー
     キャム・ギガンテット クリフトン・コリンズ・ジュニア

失業したばかりのトラヴィス(エイドリアン・ブロディ)は、
参加した反戦デモで出会ったベイ(マギー・グレイス)に恋をする。
トラヴィスに惹かれたベイはインド旅行に誘うが、トラヴィスは旅費に困る。
そんな折トラヴィスは、14日間の実験に参加して日給1000ドルという
高報酬の求人広告を見つける。
説明会では、『安全だが、人権を侵害する可能性がある』という。
トラヴィスは選考を受け、24人の男ばかりの被験者の1人に選ばれる。
被験者は看守役と囚人役に分けられ、刑務所跡で役割を演じる。
監視カメラが彼らの行動を観察し、暴力行為があれば赤ランプが点灯する。
ランプが点灯すると実験は中止され、報酬は支払われないという。
やがて、誰も予想しなかった悲惨な事件が起こる


本日紹介いたしまする作品は・・・
エクスペリメント 」こちらになりまっす!!!!

「REC」っという映画のリメイクというこの作品
元となった作品は、聞いたことはありますが見たことはない
そして、この作品は、ジャケ借りした作品です

物語は、「 囚人 と 監視役 」
それに分かれて、何日間か過ごしてもらうという実験。
最初は、和気藹々と話しながら演技をしていたのだが、
この実験の意味は、本当に恐ろしいモノだった・・・・
実験の中で、ルールがいくつかある。
その中で一番重要とされているものが

 「 囚人が悪い事をしたら 相応の  を与える 」

エクスペリメント エクスペリメント

っというルール。まぁ、細かい言葉は少し違うでしょうが、こんな感じ
んで、それを守らないと設置されている、パトランプが点灯して
実験終了。そして、報酬である大金を誰も手にする事ができない。
その為に、監視役の人間は大きな罰を与えていく
それが人間の心を少しずつ、ほんの少しずつだけど、壊していく。
いつしか、演技の枠を超えてリアルな世界に変わっていく。
囚人は、犬の糞のような食べ物を食わされ、
それを拒否した囚人には相応の罰を与える

いつしか、囚人は監視役の人間を心の底から憎むようになる。
まさに、人体実験の予測していた結果だと思う

エクスペリメント

人間とは、地位や格差を与えただけで、それだけで人を見てしまう。
強い力を持てば、弱い人間を痛めつける。
弱い人間は、それを我慢し続けて、いつかは爆発する。
憎悪が怒りを起こし、怒りが復讐の心を目覚めさせる。
悲しいけれど、人間の心の黒い部分は誰にでも存在する。
それを痛感させられる映画だと感じた。
小さな範囲での撮影だけど、とてもよく表現されている

最後の終わったあとの、あの味気ない感じ
それを感じてしまった俺は、すでに監督の思惑通りなのだろう。
メッセージが伝わるんだけど、受け入れたくない。
なかなか、よくできた作品です。 
痛みは多い作品ですけど、痛みの中にだけでしか
見えないメッセージが、ここにありました

~関連作品~

いやぁぁぁあ・・・・・・・ やらヵしました・・・・
ゆうじろうです(笑)
滅多にないことなのですが、遅刻しました
上司に聞かれて、説明したのですが苦笑いで・・・。

今日、休みだと思って爆睡してました。

実際は、明日がお休みデシテ・・・・・(笑)
同僚にも、めっちゃ笑われましたヨ
カレンダーでスケジュールを管理しておるんですが
その休みを勘違い
実際、会社から毎月15日に予定表をプリントアウトして
渡されるんですが、ゆうじろうは基本的に捨てちゃう
パッと見て、携帯に登録した後はすぐに捨てちゃう
そのせいで、翌日が誰が休みで誰が出勤なのか知らない。
さらに言えば、ゆうじろうは基本的に休みを覚えていない(笑)

予定を組んでいる日は、ちゃんと覚えているけど
大体は、「あ。明日休みか」っといつもそんな感じで

まぁ、今回のこともあり
今日予定表をプリントアウトして持ち帰りました
んで、明日は休みなので今夜は夜更かしします
っというか、昨日も休みだと思って夜中の3時頃まで起きてました
いやぁー、今夜は夜更かしの途中で溶けそうです(笑)
何にせよ、予定はしっかりと未来を見据えて生きろって事ですね
はぁ~。遅刻とかしないばっかりに、一度でもへこむわぁー。
まぁ、人間失敗もあるし、どんまいどんまいッスね(笑)
こばわぁー。まいど、おなじみゆうじろうッス・・・ゲフゲフッ・・
あぁー、最近、ダメデス(笑)季節の変わり目ってやつに
完全にやられてますわぁ。喉の痛みが尋常じゃない・・・。
毎週のカラオケフリータイムも、結構効いてるかも(笑)

風邪の症状が、本当本格的になってきてたけど
昨日から喉の痛みが無くなったと思ったら
稲花粉?か何か知らないけど、確実に花粉症の症状
鼻づまり、水のような鼻水、目のかゆみ、くしゃみ。
うーーーーん。体が熱っぽいし、ほんまに辛い
だけど、毎日ガンバル。仕事場では、弱音を吐かない

そういえば、最近仕事場でちょっと考えされることがあった。
葬儀の仕事をしている、ゆうじろうですけど、
同い年の人が亡くなり、葬儀があったんです。
なーんかね、やっぱ泣ける。仕方ない事なんだけどね・・・。
写真を眺めながら、気持ち入ってしまいましたよ。
俺と同じ年で、この人の物語はここで終わったのかと。
夜になってからも、なんだか色々考えて、ぼーっとしてました。

基本的に、寿命ってやつは人間にとって平等かどうか知らないが
人間、明日死ぬかもしれないし、100年生きるかもしれない。
それは、誰もわからないし、分かっているけど知らないふり。
気にしてたら、色々とやっかいだよね、そういうもんは。
死の世界、死の先に何かあるのか無いのかは、どうでもいい。
一生かかっても、理解できないし辿り着けない答えだし。

だけど、葬儀が終わったあとの、仲間達の姿。
それだけは、見てくれているといいなぁーって思ったさ。
天国に行くまえに、寄り道程度でいいから見てくれてたかな。
友達や家族、親戚に兄弟。
色んな人が、肩を並べて天逝くあなたを語り合っていたことを。
本当、最後の最後がそういう優しい形だと、幸せだと思った。
誰にも愛されず、誰にも見られずに消えていく人生よりも、
たくさんの人に見送られて、たくさんの心に残っていく魂の最後。
思い出とかってやつは、困ったもんでさ。
少しずつ少しずつ、薄くなって霞んできて、いつか消えてしまう。
だけど、あの瞬間。みんなの輪を繋げたのは、あなたです。
最後に、大事な宝物を置いて、天に飛び立ったのかな。

なんか、仕事だから入り込むのはいかんのだけど、
やっぱりそういう時も、仕方ないって思うさ
なんにせよ、自分はこそ~っとプチサービスをするだけ(笑)
気持ちこめて、綺麗に花を挿すのが俺の仕事だしな
あぁー。そろそろ寝るか。打ちながら、鼻水がヤバイ
ぼーっとするし、夜中に起きないように願うだけだ
さーってと、今日もいい夢を見れることを。おやすみぃーッス


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。