上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
夜のピクニック

監督 :長澤雅彦
出演 : 多部未華子 石田卓也 郭智博 
     西原亜希 貫地谷しほり 松田まどか

1000人の生徒が一緒に、
24時間夜を徹して80キロを歩く伝統行事「歩行祭」
今回で最後の歩行祭となる甲田貴子は、
密かな想いを抱いて参加した。
それは、一度も話したことのないクラスメイト、
西脇融に話しかけるということ。
そんな簡単なことが出来ない…。
親友にも言えない、特別な秘密が二人にはあった。
今年で最後だから、特別な日だから、
賭けにでるのは今日しかない。
そして、最後の歩行祭が始まる…。

こんばんわ222今日はとても不思議な事を知りました。
以前、お話したんですけど・・・覚えてますか236
うつ病になって、幽霊社員として在籍してる方の事を。
幻聴が聴こえる等の症状で、長期的に休暇をしてます。
会社としては、1年6ヶ月様子を見ることになりました。
それだけで、スゴイっと自分は思うんですけど・・・・
今日は、さらにスゴイ事実を知りました390
仕事を休んでいるのに、他でバイトしてるみたい359
本人が久々に会社に来たので
その事を知りました。本気で、スゴイって思った356
会社から、6割分の給料が何もしなくても入り
さらに、バイトで稼いだお金が自分の懐に。
社会保険の付いた、バイトマン。これっていいのか(笑)
正直な所、呆れました。そんな無駄な事を許す会社。
何を期待して、何を思ってその人を待つのか・・・・
社員にとって、とても優しい会社なのは間違いナイ(笑)
ふぅ~。とりあえず、気持ちを切り替えて
レビューっでもすっかな♪好きな作品だから
レビューするのも、結構楽しかったり410
んで・・・本日、ご紹介いたしまする作品は・・・
夜のピクニックでございます♪
この作品は、映画で観る前に小説で読んだ作品です218
小説では、非常に楽しめた作品の一つであります398
それぞれが、それぞれの想いを抱いて歩く
ただそれだけ。歩いて何を得るのか。道は続く。だから歩く。
いつか大人になって、今日という日を振り返った時
輝いてみえるかもしれない。それが想い出ってやつかな392
簡単に言うならば、想い出作りの行事だね290
小説って、登場人物とか風景を自分でイメージして
楽しむのが普通だと思うんですけど
それを映像として見た時、ちょっと勇気がいりませんか361
今回の作品は、自分のイメージしてた世界とは違い
ちょっと、ガッカリした作品です393
あまりにも、変な世界観を植えつけすぎてるし
変な展開が多すぎる気がしました(笑)
それと、登場人物の説明が全くなく、原作を知らないと
何が何だか分からない作品になっております356
これ、ちょっとヒドイかも。
歩行祭の、暖かくて青春の香りがする世界観は無く
場面場面の、シーンを画面に散りばめて
それを鑑賞するだけの作品。これでイイのか363361
西脇くんの誕生日の話とか、歩行祭の幽霊の話とか。
小説の中では、細かく説明や前振りがあって
話が繋がっていくんですが、その部分が欠けている為に
とーーーっても、分かりずらい作りになっております(笑)
でも、本当に出演者の選び方は、かなりイイです392
みんな、ほのぼのとして、好きだな。
やっぱり、原作を知ったうえで見てほしい作品かな352
夜を越えた後に、また迎える朝281
そこで、各々が色んな事を考えて歩いていく。
西脇君と貴子が異母兄弟。そんな言葉が作り出す壁も
少しずつだけど、夜明けと共に壊れていくんです410
それは、原作どおりに良く出来た感じでした398
夜のピクニック特に大きな山もなく
特に大きな事もない。
だけど、ほのぼのとした世界は
観ていて、温まりました291
でも、原作を読まないと
半分以上理解できないです(笑)
~監督作品~
スポンサーサイト
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。