上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
300<スリーハンドレッド>

監督・脚本 :ザック・スナイダー
製作総指揮・原作 : フランク・ミラー
出演 : ジェラルド・バトラー レナ・ヘディー 、 デイビッド・ウェナム
     ドミニク・ウェスト ビンセント・リーゼン

紀元前480年。スパルタ王レオニダスのもとに、
圧倒的な軍力を誇るペルシア帝国
クセルクセス王の遣いがやって来た。
曰く、土地と水を差し出さなければ、国を滅ぼすという。
しかしレオニダスは遣いを葬り去り、ペルシアと戦う道を選んだ。
託宣師のお告げも無視し、
テルモピュライでの決戦に挑むスパルタの精鋭たち。
その数はたった300人。
対するペルシアの軍勢は、なんと100万の大軍だった…。

お久しぶりデーーーーーーーッス393
毎日の残業で、この想いをぶつける所もなく
ただただ、眠りについていました75ほんまに、大変だった。
という事で、久々にレビューっと行きましょうか・・・・・
いつのまにか、FC2のブログの画面変わってて
記事を書くのに、時間かかりそう356
んじゃ・・・いくよ。・・・・レ・・・レ・・・レビューーーゥゥゥ314
今日の作品は300<スリーハンドレッドデッス221
この作品を知る前から、自分は神話が好きでした。
だから、余計に作品の雰囲気がとても好きです9
男として、真っ直ぐに生き抜く姿はカッコイイ91
100万の軍勢に対して、300人の部隊で戦う。
常識で考えても、負けは見えてると思いません236
でも、そこは鍛え上げられたスパルタの強さが光る352
狭い道で迎え撃つ姿。
それは、300人の少数だとは思えないほど
大きくて、力がみなぎった姿でした410
盾を持ち、完璧な陣形を組んで前へ進む
そして、攻め来るペルシア人を殺し、なぎ倒す217
そこには、小さい頃からスパルタの掟を守り
磨きに磨かれた肉体がある91いい腹筋してます(笑)
神の言葉にも逆らい、ただ、真っ直ぐに民衆の為に戦う。
スパルタの兵士は、勇敢で男らしいと思ったッス218
だけど、失うモノ達もあった。
そして、散り散りとなってしまう仲間。
それでも、戦う意味とは・・・・それも、自由の為か。
少ない軍勢なのに、さらに頭数が減ってしまうが
スパルタの軍勢の力は、驚愕でした11
剣を持った腕が振りかざされば、腕を切り落とし
馬を持って攻め込んでくれば、足を切り落とし。
さすがに、15禁なだけあって残虐ですな(笑)
無数の敵に対して、さすがのレオニダス王も
敵に跪き、頭を下げて降伏する・・・・っと思ったら
槍を投げ、敵を喰らい、最後の最後まで
雄たけびを上げて、王としてスパルタの人間として
天に帰っていく。あの姿は、偉大でした352
そして、受け継がれる魂は次の世代へ・・・・・
300この作品を観て思った。
強き想いはいつだって
消える事はないって。
強き心か・・・・
俺も、大事にしなきゃな410
 



~監督作品~
スポンサーサイト
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。