上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
バベル

監督 :アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ
出演 : ブラッド・ピット ケイト・ブランシェット
     ガエル・ガルシア・ベルナル 役所広司 菊池凛子

壊れかけた夫婦の絆を取り戻すために
旅をしているアメリカ人夫婦のリチャードとスーザン。
バスで山道を走行中、どこからか放たれた銃弾が、
スーザンの肩を撃ち抜く。
なんとか医者のいる村までたどり着くが、応急処置がやっと。
彼は英語がなかなか通じない村の住人たち、
対応が遅いアメリカ政府に苛立ちを露わにするが…。
同じころ、東京に住む聴覚に障害を持った女子高生のチエコは
満たされない日々にいら立ちを感じていた…。

こんばんわー291かなりの残業で、悲しくなりそうな
ゆうじろうでありまーっす(泣)でも、頑張る392男の子だもん363
さーってと、今日は待ちに待った、戦国BASARA2の発売日・・・・
発売日・・・・・じゃなかったです(笑)
完全に、見間違えてたです356
仕事も終わって、ウキウキでゲーム屋さんに行ったら
29日発売に・・・・ガクッorz  不覚ッ13
完全に、自分のミスでした393って、事で、明日はやり込みます(笑)
さーってと、んじゃ今日のレビューいってみますかね521
本日、ご紹介いたしますは・・・・バベルでございます411
菊池凛子さんがアカデミー章ノミネートしたという事で
一躍、有名となったこの作品352ほんまに、話題になったよね290
実際の所、ブラッド・ピットや役所広司など
有名所もちゃんと出演しているので、それだけでも十分な感じ218
ちなみに、役所広司さんの娘役として菊池凛子さんが演じてます410
話の展開としましては、銃を持つ事で起きてしまった
悲劇を一つ一つ紹介している感じ。
それぞれが、色々なエピソードを持って登場するんですが・・・
とりあえず、言っておきますが・・・・ 悲劇です356
全体的に報われないストーリーになってます292
こういう系統って、結構嫌いな感じかもしれない(苦笑)
言語という壁があって、心という思念があって
それさえも、伝わらないもどかしさが映像から流れてきて
なんだか、少し虚しささえも覚えるほどの作品でした393
この作品の監督である、アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ。
21g」など、ちょっと考えさせられる作品を作っている
独創的な監督さんです39221gは結構良かった290

でも、この作品はちょっと微妙だったかな・・・・・
たぶんね、「クラッシュ」を観てるから余計になんだと思う388
作品を比較するのは、あまりよくないかもしれないけど
似たような題材を扱っているにも関わらず、
こんなに違うモノなのかと思ってしまうほど(笑)
ブラピって、こういう作品だとちょっと微妙かもな292
全体的に、大きな題材をテーマにしているんだけど
それぞれの物語が、中途半端で終わってる気がした・・・・
この作品をどう伝えるべきか、難しいな・・・
そもそも、この作品の持つ「バベル」の意味が・・・・分からん(笑)
バベル銃を持つ、日本人。
それを使うのは、また別の人種。
そして、それを恨むのは、また別の。
人が作った連鎖は
また違う人にも、影響を与える。
世界は皆・・・・繋がってる・・・か410




~監督作品~

スポンサーサイト
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。