上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トム・ヤム・クン!

監督 : プラッチャヤー・ピンゲーオ
出演 : トニー・ジャー ペットターイ・ウォンカムラオ 
    ボンコット・コンマライ ジョニー・グエン  ネイサン・ジョーンズ

何百年も王を守り、王に献上するための象を
育ててきた兵士、チャトゥラバート。
その末裔であるカームは、父親と、象のポーヤイとともに成長した。
ポーヤイを王に献上する審査会の日、
ポーヤイは小象のコーンとともに、動物密輸組織に奪われてしまう。
2頭を連れ去ったのが、ベトナム人のジョニーだと知ったカームは、
単身オーストラリアへ乗り込んだ。
しかし、シドニーに降り立ったカームを待っていたのは、
警察の追跡だった…!

こんばんわぁ280今日は、不安定な天気でしたね~
雨が降ったり、陽射しが降り注いだり・・・本当、不安定な天気356
それにしても、最近自分のブログについて色々考える。
なんというか、もっと発展させてみたいって思ってる290
でも、あんまりやりすぎると、サイト自体が重たくなるわけで・・・・
今度の休みにでも、ブログの勉強でもすっかな410
テンプレートとか、背景とかもそろそろ変えていきたいしね352
さてさて、とーりあえず映画の紹介をするとしますか266
よく考えると、一ヶ月の間に映画を平均20本ぐらい観てる自分。
これって、結構スゴイ事なのかも(笑)
んじゃ、レビュー行くよ265本日ご紹介いたします作品は・・・・・
トム・ヤム・クン!」デス  237 (最高にイイです221
この作品は、自分の中でかなりの評価の高い部類に入り
アクションという名に相応しい作品であります217
本気で興奮するし、主人公であるカームの強さには
驚愕させられる事、間違いナイ237
無駄に、関節を折ったりする所に本気で笑えるし(笑)
とーりあえず、先に言っとくけど観なきゃ・・・損ッ7
物語としては、タイ人の愛する象達が
密輸組織に強奪されて、それを助ける為に主人公である
カームが敵のアジトに乗り込み、暴れまくるっという話290
怒れる男のカームは、かなり強くて・・・強くて・・・・ヤバイ356
時々、ピンチになるんだけど知恵を使って戦ったり217
この作品でとてもイイ所としましては・・・
映画という短いフィルムの間に、色んな敵を用意した所392
強さを活かす為には、必ず敵が必要になってくるもの。
だが、その敵が弱すぎては話にならないと思いませんか361
その点、この作品はバランスがとてもイイ426
刀を振り回す敵や、カポエラ236か何かの武術使い。
それに、体を強靭的に鍛え上げられた筋肉野朗91などなど。
ちゃんと、敵の個性も活かしていて一人一人が
いい味出してます218それに対するカームも最高ッ266
相手の流れを逆に利用するような、流れるような動き。
刀使い相手に、鐘を鳴らす棒で対抗した時は
めっちゃ笑えたけど(爆笑)あれは、完全にネタでしょ7
最後の戦いでは、カームの最大の怒りが爆発します41
まぁ、途中でジョニーという手下相手に
一度はキレかけたんですけど、最後は本気でキレます(笑)
自分の、弟分でもあるコーン(象)は無事に救出できるんですけど
親であるボーヤイは・・・・・・406
っという事で、卑劣な組織のやり方に完全にキレます(笑)
何度も言ってあれなんですけど、本当にスゴイよ。
たった一人で、あの数の相手に暴れますからね359
絶対、ジャッキーチェンの10倍はスゴイよ。コレ411
最終戦。出てきたのは筋肉バカが3人91
これは、さすがにヤバイって思ってたら・・・・
ボーヤイの力を借りて、奴らの急所を狙って
見事に撃破237これはね、かなりのカッコ良さなんで必見352
そして・・・逃げる敵のボスには、空中飛び膝蹴り18
もう・・・・・もう・・・・ありえねえぇぇーーー!!って感じ(笑)
トム・ヤム・クン本当にいい終わり方だったし
かなりイイ映画になっております265
取り戻したい象がいる。
CGで作られた映画もスゴイけど
これも違うスゴさがあるんで
是非、観てもらいたいッス398



~関連作品~

スポンサーサイト
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。