上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天国の本屋 ~恋火




アロハシャツを着た怪しげな男
ヤマキ(原田芳雄)が店長を務める「天国の本屋」で、
短期バイトをすることになったピアニストの健太(玉山鉄二)は、
憧れのピアニスト・翔子(竹内結子)と出会う。
しかし、翔子は生前の事故が原因で片耳の聴覚を失い、
失意でピアノが弾けなくなっていた。
翔子は、健太の協力を得て断念していた
恋人の花火をモチーフにしたピアノ組曲の
10曲目『永遠』を完成させようと試みる。
一方地上では、翔子の姪・香夏子(竹内結子)が
長らく中止となっている花火大会を復活させるべく奮闘中。
暴発事故で翔子の聴覚を奪った責任を感じ、
花火師を辞めてしまった翔子の恋人・瀧本(香川照之)に
伝説の「恋する花火」を打ち上げるよう説得する香夏子。
天国で組曲を完成させ、
地上から伝説の花火が打ち上げられたとき
奇跡が起きる……。

どうも222こんばんわです354ご紹介した「深呼吸の必要」に続き
監督「篠原哲雄」さんの“天国の本屋”の紹介であります32
この作品は、天国?と地上の2つの場面を繰り返し
物語が進んでいくんですが・・・
竹内結子さんの演技がとてもイイ221イイッ!
それと、舞台となる本屋の雰囲気も逸品です352
朗読する健太の前に、耳を立てて聴いている人たちの姿。
いい味出してんなぁ~ってね♪感心しちゃいますよ^-^
最後は、花火が上がるわけですが、なんとなく
・・・・
天国の本屋「黄泉がえり」のシーンを思い出しました410
夜空に上がる花火。空へ消えていく光達。
地上から天へ。
そして、私からあなたへ。。。です324833235332
篠原さんの作品って、
どこか風情を感じさせてくれますよ。
映画って本当にイイものですね~398(笑)

スポンサーサイト
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。