上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
チェケラッチョ!!

監督 : 宮本理江子
出演 : 市原隼人 井上真央 平岡祐太 塚本佑

透、暁、哲雄は高校3年生。
進路も決まらないまま、退屈な日々を送っていた。
ある日、バイト先の水族館で年上の美女、渚と出会った透は、
ひと目で恋に落ちた。
同じ頃3人は、幼なじみの唯に連れられていったライブで、
人気バンド「ワーカホリック」の
クールなステージを目の当たりにし、
自分たちもバンドを組んでラップに挑戦することに。
お調子者の暁のお膳立てで、
「ワーカホリック」のライブで前座を務めることになるが…。

ちゃおーっす354眠たい眼をこすりつつ、就寝前の書き書き295
今日ね、一年前ぐらいになるバンドのメンバーから連絡あった352
ベースのSさんが、東京で活躍中らしい266
短い間だったけど、こうやってまた連絡が来ると嬉しいもんだ398
それと、ギター兼コーラスのKさんからも連絡があったさ392
ほんまに久々でした(笑)
Kさんも、あっちで頑張ってるみたいだし290
確か・・・福岡かどっかでやってるらしい(笑)たぶん、西の方だ。
まぁ、みんなそれぞれ思い出がある
大事な仲間には変わりない。
なーんか、自分も負けてられないなーって感じッス341
次の休みにでも、部屋で録音機器をセッティングして
引きこもろうかな(笑)まぁ、色々と自分磨きは大事だな426
んーーーじゃ、映画のレビューを行きましょか410

今日の作品は・・・・・
チェケラッチョ!!」だよーーーー341
この物語の舞台となるのが“沖縄” いい所だよね。
沖縄民謡がいい感じにまったりさせてくれて、イイね266
でも、話を見ていくうちにその気分も段々変な感じに(笑)
少年達が、音楽(ラップ)に目覚めて
バンドを組んでライブをやろう269っという話なんですが・・・・・
なんで、ラップの映画なのにオレンジレンジ236(笑)
確かに、ミクスチャーバンドなのでラップも使いますが
ラップ中心のバンドとはハッキリ言って違う7POPでしょ。
まぁ、狙いが中学生や高校生の映画だと思うから
オレンジレンジがちょうどいいのかもしれんか290
でもさ、どうせバンドを組むのであれば
オリジナルの楽曲を創り、それを歌ってみたらよかったのに。
んで、その楽曲を引っさげてテレビに出演したりして
映画の中から出てきたバンドデーッスみたいな(笑)
企画されたバンドは好きじゃないけど
残念ながら、人気が出るのは間違いないけど(笑)
さてさて、物語の方ですが・・・・・
話の途中途中で、青春ラブロマンス361みたいな
絡みが何回かありますが・・・・とっても中途半端(笑)
年上の渚に恋をする透だったが、彼氏がいたし
透に恋をしている唯は、その想いが届く事なく終わるし
なんだか、一方的な愛情が上手く交わらないんですよね356
そして、最後は前座としてライブをやるのですが・・・・
全員、口パクです(苦笑)やる気あるのか分かりません13
人気のある若手さん達なのに、これはもったいない・・・・
歌って騒いで、それでおしまいな映画。
チェケラッチョもっと全体的に
勢いがあればいいけど・・・
それも、中途半端な感じ106
ほんまにね・・・・・・
邦画の素晴らしさは
物語にあるんですから
もっと、しっかり作ろうよ(笑)


~関連作品~

スポンサーサイト
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。