上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
           秒速5センチメートル
ただ・・・君をまつ

監督 : 新海誠
声の出演 : 水橋研二 近藤好美 尾上綾華 花村怜美

小学校の卒業と同時に離ればなれになった
遠野貴樹と篠原明里。
二人だけの間に存在していた特別な想いをよそに、
時だけが過ぎていった。
そんなある日、大雪の降るなか、
ついに貴樹は明里に会いに行く…。
貴樹と明里の再会の日を描いた『桜花抄』
その後の貴樹を別の人物の視点から描いた『コスモナウト』
そして彼らの魂の彷徨(ほうこう)を切り取った
表題作『秒速5センチメートル』、三本の連作アニメーション作品。

こんばんわ222背中が痛いゆうじろうッス(笑)
60kgもあるような、観葉植物を気合い一発で運んだら
背中を痛めましたよ。。。。まぁ、明日には治る237
今朝は、頭も痛くちょっとだるかったですけど
なんとか、今日も生き抜いてみました282
それにしても、今日も残業ってどういう事363
本当に、毎日毎日毎日・・・・・・・困ったもんだ。
まぁ、明日頑張ればお休みなので頑張るッス392

そうそう!みなさんも知ってるかと思いましたが
ガソリンが安くなりましたよね!!!!!
って言っても、120円代なんだけどね(笑)
ガソリンスタンドも、パニックになるかと思いましたが
全く変わらない感じでした528田舎だからかな356
それにしても、ついに4月に突入しましたね~
春ですよ。 春252

桜並木の下で会えたら あの頃の僕に戻れるかな
長い髪が風に揺れてた 君だけを見つめていた
春の世界を ただ 二人 手を繋いで

さーってと、今日もレビューっといきますかね~265
“新海誠”さんシリーズの最後でございまする521

秒速5センチメートル」今日はコレッス!!!!
新海さんの真髄というモノを感じさせる3部作18
君のもとへ。。。
第一話・・・・・「桜花抄」では、
タカキの中学の時を描く、一途な愛の物語23
遠い遠い街に住む、大事な大事な人のもとへ行く。
たくさんの計画を立てていくんだけど
その間に、電車が遅れたりしたりして
タカキの心に不安というモノがよぎる11
そして。。。待ち合わせに何時間も遅れてたどり着いた時・・・
暖かくて、とても泣きます406 純愛ですわ343
この話で、なんとも言えないのが、古き良きモノ達。
それは、公衆電話であったり、手紙であったり。
手紙って本当に暖かいモノで、優しいよね398
今は、メールってモンで簡単に手紙を送れるけど
本当の手紙ってモノは、暖かくて優しいんだよ352

コスモナウト
第二話・・・・・「コスモナウト」では、
東京から引越ししてきた転校生に恋をした、少女の物語。
進路希望など、これからの自分の事も大事なんだけど
もっと大事で大事な存在を見ていた345
不器用でへたっぴで。そんな女の子の話。
物語の舞台となっている種子島
も、かなりステキ466
なんとも言えない味があって、本当に癒される521
それは、熱い熱い一度だけの夏。胸焦がれる想いです290


第三話・・・・・「秒速5センチメートル」では、
タカキとアカリが26歳になった時の話。
物語は、第一話の二人が大人になってからの物語。
ここでは、現代らしいシーンがとてもある394
短い物語で、第一話の繋ぎというだけの話だが
とても衝撃な結末が待っています405

あなたは、この現実を受け入れる事が出来ますか361

この新海さんという監督は、本当にスゴイ。
何がスゴイかと言えば、短いフィルムを作らせたら凄腕91
一つ一つの写真が、その世界の大事な部分を表していて
観ている自分を、すぐにその世界に吸い込ませる9
そして、切ないラブストーリーを描かせたら天才的。
この物語の主役の生き様にも、俺は理解してしまう。

幼い頃に見つけたカケラは、未来への宝物なんだと思う。
小さい頃の夢や、初恋のこと。
大人になっていくうちに、胸にしまいこんでしまって
胸の奥の・・・・ずっとずっと奥の方で閉まってしまう。
誰もが、気づかないふりをしてるんだと思う。
社会で生きるのは、社会になるのが一番楽な方法だと思う219

自分らしく生きる事 自分らしさを感じれる事。

それは、シンプルなんだけどとっても難しいもの。
俺は、あの日に感じた熱き想いってモノは、
大事に大事に胸に残っているのを知っている352
そして、それを大事に抱えて離さないようにしている。
荷物を降ろせば、体は軽くなるかもしれない。
忘れてしまえば、本当は楽なんだろうけどな390

世の中には、手が届く場所にあるのに、
手を出してはいけない世界っというモノが確実に存在している。
大好きだと一度は告げたあいつも
今では違う誰かと手を取り合って歩いていってるだろう410
それは、仕方のない事・・・
だけど、夢で逢う度に馬鹿な自分に気づく。
簡単に思い出に出来ない悪いくせ。
この作品を観てたら、久々にそんな気持ちになったよ411
遠い遠い昔においてきた、僕からの手紙。
それは、現実という壁にぶち当たり
少しずつ磨り減っていって、形を変えていく478
だけど、消えないモノは消えないんだ。
どんなに逃げたくっても消えない。
思い出は時々優しくて、時々残酷だ393

大事なモノは、今の僕を歩かせている106

それにしても・・・・山崎まさよしを起用するのは
反則でしょ(笑)


~関連作品~


スポンサーサイト
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。