上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

                           ブラック・スネーク・モーン
ブラック・スネーク・モーン

監督・脚本 : クレイグ・ブリュワー
出演 :サミュエル・L・ジャクソン クリスティーナ・リッチ
      ジャスティン・ティンバーレイク  S・エパサ・マーカーソン

アメリカ南部の田舎町。
畑仕事をしながら静かに暮す元ブルース・ミュージシャン、
ラザラスはある朝・・・・
道端で血だらけになって倒れている若い女を拾った。
女の名はレイ。
子供の頃の虐待の影響でセックス依存症となっていた彼女は、
恋人のロニーが入隊したため、
孤独に耐えられなくなりドラッグと酒に溺れ、男に殴られたのだった。
レイを家につれて帰り看病するラザラスは、
逃げないようにと太い鎖を彼女の体に巻くのだった…。

どうもーーーーーーゆうじろうッス283
今日はね、上司が誰もいないっという天国の日282
本当に、のびのびと仕事できたよ・・・・幸せッ352
そんな日に限って仕事が忙しかったりしたけど・・・
でも、みんなの天国への執着心は強かった41
昼ごはんも食べる時間も惜しんで
ひたすら、目の前の仕事を片付ける為に燃えてた41
そして・・・・14時に、昼ごはん。
だけど・・・・天国モード発動ッ!!!!
みんな、自由にやりたかった事をやり始めました(笑)
一つの目標に向かって、手と手を合わせる時
人は、無限大の力を得る事が出来るのかもしれない91
っと、そんなこんなでかなりまったりできた一日でした398
久々に、休憩時間に読書も出来たので、気分上々158
さーってと、今日はバッチリレビューっといくぜぃ265
レ・・・・レ・・・・・・レビューーーーーーーー!!!!!

ブラック・スネーク・モーンこれを紹介ダッ219
あらすじを見ただけでは、変な先入観に縛られそうな作品だが、
物語の中身は、いろんなメッセージ性を持った作品265
セックス依存症のレイと、妻に逃げられたラザラス。
この二人の不思議な関係には、かなり釘付けにさせられた237
どちらも、トラウマ的な傷跡があってそれを隠すかのように
日々を繰り返していた。そして、二人はめぐり合う。
道端に・・・・・

ラザラスは、彼女を調教して更生させる事を胸に誓う154
でも、その方法がすごく凶悪。っというか、鬼教官293
腰に鎖を繋いで調教するんですからね。。。。
こんなに美人なクリスティーナ・リッチを
傷跡だらけにしてしまうサミュエルさんは、大丈夫か361
っと、
心配してしまうほどで356
それでも、ラザラスがレイに対する思いやりってモノは、素敵352
飴とムチって感じがとてもハッキリしてるけどな(笑)
まぁ、ちょっと宗教的な言葉もたくさん出てきて
観ている俺自身も、イラッ359としてたら
レイの渾身の蹴りがラザラスに(笑)
お互い、いい関係なのかもしれないな410
ラザラスは、自分が引きずってきた傷跡を吐き散らして
それを、レイが思いっきりぶちこわしていく217
いつしか二人の関係は、親子のように離れられないように434

魂の叫び!!!!

ラザラスがギターを片手に、愛を叫ぶ姿には
魂が燃えるような感覚を味わいました41
サミュエルさんって、歌手でも行けるんやないかなーって感じ264
ちなみに、最後の結末にはかなり驚かされました237
そういう展開で終わるんだ!!!!って。
最後の最後まで、ラザラスの大きくて包み込むような愛は
すごくイイ感じでした398
お互いの幸せの為に、お互いの道を歩いていく106
二人が出会ったのは、別におかしい事じゃないのかもしれない。
偶然という名の必然。必然という名の偶然。
成長したレイは、いつしか誰かを包むほどの優しさを持った
大きな女性に変わっていきました266

~監督作品~


スポンサーサイト
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。