上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
                紀元前1万年
紀元前1万年 

監督・脚本 : ローランド・エメリッヒ
出演 : スティーブン・ストレイト カミーラ・ベル クリフ・カーティス

神々の息吹が世界に満ち、
巨大なマンモスが大地を揺るがしていた紀元前1万年。
山奥の集落で暮らす若きハンター・デレーは、
不思議な運命を持つエバレットと惹かれあい、
結ばれようとしていた。
しかし集落が謎の部族に襲撃され、エバレットは連れ去られてしまう。
仲間と共に彼女を追ったデレーは、
恐鳥やサーベルタイガー、他の部族と遭遇しながらも、
なんとかエバレットの待つ、
ピラミッドがそびえる地へとたどり着くが……。

さーって!さーってと、レビューっすかな162
紀元前1万年 」こちらをレビューレビューッス492
この映画を借りようとしたとき・・・
隣にあった。。。。。「紀元前1億年」っというB級が
かなり気になったのはココだけの話(笑)

さてさて、この作品は題名からも分かるように
マンモスが住まう、紀元前1万年のお話172
ハッキリ言って、SFファンタジーより実感沸きません(笑)
世界観は、歴史の教科書なんかに出てきそうなぐらい
むか~し昔のことじゃ509

 紀元前1万年(マンモス)

マンモスを倒す事で、一族の王となるシステムなんか
本当に、野性味があって雰囲気出てます524
ただ、最近B級の馬鹿が付くほどドデカイ化物を見ているせいか
マンモスを倒すなんて、すごく楽勝な気がしてしまう(笑)
ある意味、麻痺してます348

槍と弓、棍棒に木の盾。
いやぁ~石器時代って感じがしてます398

でもさ・・・・・なんか、ピンとこない映画なんですよね~390
山場も特にない気がしますし、対して盛り上がりもない。
恋人が荒くれ者にさらわれて“神”を崇める集団を撃破する。
そして、恋人を救出して主人公のデレーはヤガルの谷に帰る106

紀元前1万年 

とても、簡単明瞭な展開。
つまらない。すごく、つまらない(笑)
あれだけ、CMで興奮させられた
サーベルタイガーとの対面シーンだって284
実際に、映像として観てしまうと全く無駄なシーンだと感じる356
サーベルタイガーやマンモスがいるんだから、
ちょっと背中に乗るぐらいのシーンがあってもいいのに・・・・292
迫力感にとても欠けてる感じがします478

デカイ動物を登場させれば、お客さんを満足させようなんて
安っぽい演出にしか見えません217
こんなんだったら、B級のマンモスの方が笑えます(笑)
ふぅ~13最後の恋人のありえない展開も
どうにもこうにも納得出来ない感じでした359

ついさっきまで、神様なんて偽者ダ!!!!みたいに戦ってたのに
最後は、普通じゃない展開で終わらせるなんて・・・・396
結局、神頼みみたいな展開は、どうにも納得できん。
これは・・・・オススメできませんな521
新作だという事で、話題性はありますが
そんなに満足出来る作品ではないので、ご覚悟を528

~関連B級作品~

スポンサーサイト
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。