上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

                   AKIRA
AKIRA.jpg 

監督・原作・脚本:大友克洋
出演:岩田光央 (金田) 佐々木望 (鉄雄) 小山茉美(ケイ)

第3次世界大戦から31年後の2019年。
新都市ネオ東京を舞台に繰り広げられる少年たちの暴走と、
反政府ゲリラによるテロ活動、
そして政府がひた隠しにする「アキラ」と呼ばれるなぞの存在。
職業訓練校生の鉄雄は友人の金田らと
バイクで走っていたところ一人の少年と遭遇。
彼は、政府が秘密にしていた“アキラ”と深く関わる存在であった。
政府は、機密を守る為に鉄雄を連れ去り、
エスパーとしての実験体として、訓練を行った・・・・・

どうもどうも。ゆうじろうッス222
今日はね、楽器屋さん巡りをしてきたんですが・・・・269
お目当てのコレ↓(カホン)は見つけられず
カホン 
今度、名古屋の楽器屋さんに行こうかと思います266
以前より、路上で弾き語りをやっておりましたが
その頃から、人気のあった“カホン”という打楽器を
手に入れて練習しようかと計画中なんです218
まぁ、歌もギターも練習してるけど
リズムを刻む喜びも、体感した今日この頃って事で341
もしかしたら、“カホン”という楽器は
これから・・・・ブームになるかもしれませんヨ392
さーってさてと、今日もレビューレビューッス352

本日は、あらゆるアニメの原点とも言える・・・・・
AKIRAこちらをレビュー!!!!!
1988年。この遠き昔とも思える時代に、
これだけのアニメーションと、深い内容を抱えた作品を作った
大友先生は、さすが!!!!っと感じる本作品265
まぁ、幼い記憶の中で自分も何度か観ていた作品ですが
改めて見てみると・・・・スゴイ!!!!
ここから、日本のアニメ界が築き上げられたと言っても
過言ではないと思う522
大友先生の作品は、どれもこれも意味不明なのが多い。
これは、悪い意味ではなく内容が深い作品という意味。
言ってる自分がよく分かってないけど(笑)
まぁ、とにかく独創的っという事だ392
 
大友ワールドを好きになって、どっぷりのめり込むと
トコトンハマル友人がいる。っというか、大親友がその一人だ291
ある意味、信者です。(笑)

さてさて、そんなこんなで大友先生の原点とも言えるこの作品。
今観ても、全く衰える事もなく、イイ作品だと思える341

簡単に説明するのであれば、人体兵器を政府が作ってて
それの最強が“アキラ”っという少年。
この少年は、強すぎるエスパーの持ち主で、宇宙をも作ってしまう。
まぁ、最強って事282
 んで、鉄雄くんもちょっとしたバイク事故で少年(タカシ)と出会う事で
人体兵器にされてしまうわけです56

AKIRA{鉄雄

そして、研究者から度々でるキーワードの“AKIRA”
その存在を自分の目で確かめる為に、研究施設から逃亡29355

その頃には、強烈なエスパー能力を覚醒して
街中をぶっ壊すほどの、暴走モードに突入するわけです446

AKIRA{金田くん

その姿を見て、親友である金田くんがバイクにまたがり
レーザー銃を持って、鉄雄の暴走を阻止しにいく26
まぁ、どうやったって鉄雄の強さには敵わないけど、
金田の鉄雄を思う気持ちには、胸を打たれます。
鉄雄を小さい時から知るモノとして
鉄雄の罪をこれ以上増やさない為に、阻止する217

友情。。。。ですよ221

最後には、鉄雄くんの有り余る力が制御出来なくなって
全てを飲み込もうとするんですわ466

AKIRA{暴走

まっ、展開はそんな感じかな。
とりあえず、思う事は映像のスゴさを感じさせられます363
映像がとっても美しいし、未来の世界を上手に表現してる。
人間って、こんなに想像力があるんだぁ~って
深く関心させられた作品でございました。
独特な大友ワールド。一度ご覧になってみては、いかがでしょうか530

~大友先生の作品はコチラ~


スポンサーサイト
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。