上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
                  ダイブ!!
DIVE!! ダイブ 

監督 : 熊澤尚人
原作・脚本協力 : 森絵都
出演 : 林遣都 池松壮亮  溝端淳平 瀬戸朝香
     蓮佛美沙子 光石研 江守徹

エリート選手の富士谷要一に憧れて
飛び込みを始めた坂井知季は
要一と同じミズキダイビングクラブに通っている。
ところが、クラブは赤字続きで存続の危機に。
再建を任された新コーチ・麻木夏陽子の使命は
クラブからオリンピック代表選手を出すこと。
手始めに津軽の野生児と異名をとる沖津飛沫を新たに招き、
さらに今まで誰にも期待されることのなかった知季が
「ダイヤモンドの瞳」の持ち主であることを見抜くのだった。

本日紹介する作品は、青春真っ盛りの青春ムービー
ダイブ!! こちらをレビューッス265

ウォーターボーイズを知っている人なら分かってくれると思うが
この作品は、その作品の逆の位置にある作品だと感じた290
ウォーターボーイズは、“シンクロ”っという競技466
そして、この映画は“飛び込み”っという競技446
みんなでやるシンクロに対して、個人技のシンクロ。
こういう、肉体や技を魅せる映画では俳優陣もさすがだと思う。
主役の知季を演じた林遣都くんは、納得の演技と安定感がある。
“バッテリー”で主役を演じてた時から
期待をしてたけど、やはりすごい俳優が育ちつつある感じ363
まぁ、バッテリーの時はまだ未熟な感じだったけど
今回の作品では、俳優としても男としても成長している158
ふと思ったんだが・・・・・ハリポタシリーズで主演で人気の
“ダニエル・ラドクリフ”くんのような甘い雰囲気を持っているな266

ダイブ 

さてさて、物語としては
少年の心の葛藤を描いていて、とっても甘酸っぱい気持ちに343
知季くんメインで話が進むので、特にそうでしたけど
オリンピックという一つの目標を掲げるコーチの麻木に対して
友達や競技の楽しみを重視している子供ならではの気持ちが
映像からひしひしと伝わってきて、じーんとくる409
今まで友だった者達と、競技の中ではライバルに変わる。
そんな本気のスポーツの世界観をすごく味わえましたわ352

だけど、よく考えてみると飛び込みって
マイナーな競技だと思った。飛び込みって聞くと
深夜番組の時の、“Qさま”でビビリ飛び込みやってたのが
記憶にあるぐらい7競技はテレビでは見た事ないような・・・・・356
でも、普通に考えても10メートルもの高さから飛び込みのなんて
そうとう・・・怖いと思うんですけど399
だけど、この俳優陣は普通にやってのけています。
やっぱ、俳優業という仕事は本当にスゴイ仕事だと感じさせられた290
実際は、スタントマンが間に入って映像を作ってる部分も
多々あるんだろうけど、ある程度は俳優も頑張ったはず。
じゃないと、あんなに綺麗な映像は出来ないと感じた341
ちなみに、後々こんな下の画像↓を見てみると思うけど・・・・

DIVE!!.jpg 

林遣都くんだけ、やたら色が白い(笑)
まぁ、俳優としてもそこだけはNGだったのかなーなんて思ったり。
最後の最後の展開は、ちょっと一人一人が抱え込んだモノが多く
ちょっと、スッキリとした感じはしませんでした526
もっと、悩みとかを吹っ切った状態で、大会に挑んでほしかった291
まっ、そんな事言っても結構楽しく見れる事が出来ました339
後になって分かったんですが、これも小説が原作なようで。。。。
完成度はどうかわかりませんが、普通に観れる映画ですヨ492

~林遣都くんの関連作品~


スポンサーサイト
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。