上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

     テネイシャスD 運命のピックをさがせ
テネイシャスD 運命のピックをさがせ! 

監督・脚本 :リアム・リンチ
製作総指揮 :ベン・スティラー
出演 :ジャック・ブラック カイル・ガス
    J・R・リード フレッド・アーミセン

大のロック好きの少年JBは、
ディオ様の啓示を受けてロック求道の旅へ出る。
ハリウッドにやってきたJBは街頭でギターを弾くKGに出会い、
たちまち彼の腕にほれ込んでしまう。
やがて二人はロックユニット「テネイシャスD」を結成。
賞金付きのバンド大会を目指すが曲が書けない。
そんな時、二人はロック雑誌を見ていると、
ビッグになったバンドのギタリストは
みな同じピックを使っていた事を発見!
“運命のピック”を求める旅に出た。

本日のお題は・・・・・
テネイシャスD 運命のピックをさがせ 」でッ!!!!!!

・・・・完全にやられました(笑)
ジャック・ブラックの馬鹿っぷりが120%ぐらい出てます7
とりあえず、最初に言っておきますが、
かなり下ネタのオンパレードです238でも、それがロックなのかも269
この映画は、コメディーっというジャンル分けされているが
正直な所、“ミュージカル映画”っと言っても過言ではない158
だって、初めから音楽とセリフの融合ですからね~
にしても・・・・冒頭で、JBの少年時代が出てくるんですが
ジャック・ブラック本人ではないのか236
っと思うほど、ジャック・ブラックに似ている少年が出てくる11
似すぎていて、普通に映画にのめり込んでしまった(笑)

テネイシャス D 

っというか・・・・“JB”って“ジャック・ブラック”のイニシャルですね。
同様に、“KG”も役者さんの名前そのまんまだな(笑)

さてさて、物語は少年時代から青年時代へ。
ここで、怪しいストリートミュージシャンの“KG”に出会います。
運命的な出会い。そして、運命を変える旋律341
最高に馬鹿で、下品な歌詞の歌なのに
カッコ良く見えてしまうのは、俺も馬鹿なのかもしれない(笑)
このKGっという肥満丸出しのおっさんもかなりの曲者389
JBが、ロックを続ける為に家族から逃げ出したのだが
KGもまた、ロックをする為に家族から離れている。
この二人の違いといえば、
お金があるかないかの違いが大きいかも(笑)
KGが、ぼっちゃんだという展開は本当に笑えた(笑)

テネイシャス KG 

中盤から後半にかけては、
“運命のピック”と呼ばれるピックを探しに博物館に352
この“運命のピック”というのが無理がある(笑)

昔、悪魔が存在した頃。
悪魔を封印しようとした僧侶が戦いの末に、悪魔の歯を折った。
そして、その歯で出来たのが 41“運命のピック”41

テネイシャス 運命のピック 


・・・・・・すごい設定(笑)そして、すごい映像美(笑)

もう、完全に笑いに走りまくってます。音楽もカッコイイけど
最後の悪魔とのロックバトルのシーンは、本気で笑えます(爆笑)
すごく不思議なのは、この映画を好きだって気持ちがある事。
最初は、純粋にロック魂を感じて頂点目指す話だったのに
最後には、蘇りし悪魔を封印する為にロックをするという266

・・・・・・すごい設定だ(笑)そして、すごい強引さ(笑)

テネイシャス 悪魔 

トータルで見ても、最高に笑えて下品な映画でした7
ロックと悪魔の融合。これは、ジャック・ブラックだからこそ
普通に観れる映画に仕上がってるけど
そのへんのノリの俳優では、こんな完成度は出来なかったと265
役にハマってると言うより、ジャックそのものだと感じるほど341
純粋に、この映画はイイです。
やっぱり、ジャック・ブラックの映画にハズレはありません。
鉄板ネタですわ。 うーん。。。。。最高ッ343

~ジャック・ブラックぅぅぅーーーー~


スポンサーサイト
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。