上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • 監督 : 水田 伸生
  • 脚本 : 宮藤 官九郎
  • 出演 : 阿部 サダヲ 堤真一 柴咲コウ 小出早織 伊藤四朗 

    鬼塚公彦(阿部サダヲ)は東京の食品会社で働くサラリーマン。
    ただひとつ普通じゃないのは、修学旅行で京都を訪れて以来、
    熱狂的な舞妓ファンだということ。そんな公彦に転機が訪れる。
    念願の京都支社に転勤が決まったのだ!
    死に物狂いで仕事して、
    最高峰の壁「一見さんお断り」を強引に乗り越え、
    やっとの思いでお茶屋デビュー!
    だがそこでお茶屋常連の野球選手・内藤と出会った公彦は、
    内藤に異常な競争心を燃やし…?!

    こんばんわ352今日は、劇場公開最後の日に
    滑り込みで観てきました(笑)
    っというか、本当の話をするなら・・・・他のホールが空きなし406
    トランスフォーマーもオーシャンズもいっぱいで(泣)
    友達と、映画観に行くぞー!っと気合い入れてきたものの
    結局、空いてた舞妓Haaaan!!!を観ることに(笑)
    感想・・・・感想は・・・・楽しかったッス364364
    阿部サダヲ演じる、公彦の馬鹿っぷりには爆笑した(笑)
    柴咲コウのアプローチを断った時には、かなり吹いたし411
    学生の時に、ベタ惚れした舞妓Haaaanにも
    偶然、大人になってから出会うわけなんですが・・・・
    あああぁっぁぁぁぁぁぁ---!!!って219(笑)
    かなりイイリアクションでしたよ(笑)
    やっぱり、何が印象的かって聞かれたら
    劇場で、あんなに笑い声を聞いたことかな291
    自分の友達の横にいた、30代ぐらいの男性が
    馬鹿笑いしてたし(笑)ちょっとうるさいぐらいだったけど
    自分には、絶対真似できない芸当だった315
    この作品を観てたら、野次さん喜多さんのワンシーンが
    脳裏を駆け巡っていました(笑)
    舞妓遊び 野次さあぁぁぁーーーーーん!!
    喜多さあぁぁぁーーーーーん!!
    ってね(笑)
    劇場で久々に笑った作品でした(笑)


    監督作品


  • スポンサーサイト
    コメント
    コメントを投稿
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可
     
    トラックバック
    この記事へのトラックバック
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。