上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

・・・・眠い。 非常に眠い75
毎日のように続く、花粉症の脅威のおかげで、
寝起きが悪い悪い395
本当に、花粉症って重病だと感じさせられます352

さてさて、旅行三日目(3月10日)の旅行日記ですな。
三日目は、前日のスノボーの疲れもあって、
まったりしようッ!!!!っと前日の夜から一致団結しておりまして。
起床したのが、9時過ぎ。
そして、二度寝して10時30分。(笑)
ホテルの朝食バイキングも無視して、
札幌の街へ繰り出し向かった場所は・・・・

                 32     「豊平峡温泉」      32
ここが、豊平峡 
札幌・・・?なのかどうかは分かりませんが、
バスと電車を経由しないとたどり着く事が出来ないほど、
山奥に建設された、一件の観光スポット109
簡単に言えば、雪山を眺めながらの露天風呂屋さんです48
地元住民も、よく行くほどの素敵な場所です158

あー。ちなみに・・・基本的に、うちらの旅行はノープラン7
何にも考えずに適当に歩いて
適当に出会ったモノに触れてみるッ221
っという考えだったんですが。
ここの温泉だけは、旅行に行く前から計画を立てていた。
なぜなら・・・交通手段が、あまり無い237
ネットで調べると、「バスや電車で2時間」っと書いてあるが
現地を知る友人に聞いた所、
「バスの時間を間違えると、山から帰れなくなるよー」っとの事。

 絶景、豊平峡

本当に田舎の山奥なので、
バスが1時間に1本、2本っという世界なので、危険がいっぱい356
さらに、「豊平峡温泉」自体が、17時頃に閉店する事もあり、
計画は、必要だと思い、事前に予定を組んでいたわけです506
・・・・でも、バスや電車を乗り継ぐのが面倒になり、
最終的にタクシーで一発で向かってしまったんですが(笑)
前日の、スノボーがかなり効いてます404
歩くのも、立っているのも苦痛に思えますし。

さてさて、そんな「豊平峡温泉」なんですが
かなり良かったッス!!!!もう、最高341イェイ
何がいいかって言いますと、やはり景色の素晴らしさ。
雪に囲まれて、ぽかぽかの湯舟に浸かる。
なんて、贅沢なんでしょうか276
苦労して、ここまで来た甲斐がありました406
って、タクシーっであっという間だったんですけどね(笑)
景色の素晴らしさは間違いないですが、
温泉の性質にも、とても満足出来た339
元々、岩山を削って作られた温泉なので
自然の岩に付いている、“藻” のなんとも言えない
ぬるぬるさが、保湿効果を高めてくれています398
詳しい成分表などは、見当たりませんでしたが、
絶対・・・・イイに決まってるッ!!!!!
香りは硫黄系の成分を感じるような香りで、
飲んでみると塩分などは感じませんでしたが、
天然水を飲んでいる時のような清涼感がありました。
実際の所、あの雰囲気で全てがOK432っと感じれるほど、
とてもいい場所でした392
一階にはインド料理
それと、インド先生の写真はとってないんですが、
一階に、有名な
「インド人が作る、ナン料理」  の店がありました291
地方から、わざわざ食べに来るぐらい
有名なインド人のお店らしいです(笑)
そこも、とってもイイ雰囲気を出していましたよ。
この一日は、温泉中心のまったり時間でした411

スポンサーサイト
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。