上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
          デトロイト・メタル・シティ
DMC.jpg 

監督 : 李闘士男
原作 : 若杉公徳
出演 : 松山ケンイチ 加藤ローサ 秋山竜次
     松雪泰子 鈴木一真 高橋一生 宮崎美子
     松田義徳 ジーン・シモンズ

おしゃれな渋谷系ポップミュージシャンに憧れ、
大学進学を機に田舎から上京した
心優しき青年・根岸崇一。
「NO MUSIC NO DREAM」を胸に、
デスレコーズの新人ミュージシャン募集に応募するが、
本人の意志を無視して悪魔系デスメタルバンド
「デトロイト・メタル・シティ」(通称DMC)のギターボーカル
「ヨハネ・クラウザー・II世」として売り出され、
あろうことかカリスマ的人気を博してしまう。

狂気の暴走デスメタル!!!!
デトロイト・メタル・シティこいつでいくぜぇぇ。。。

GO TO DMC!! 
        GO TO DMC!!!
           GO TO DMC!!!!!!!!

デトロイト・メタル・シティこと・・・ D・M・C37
まず、この作品を観る前に思った事。

「こんな下品な漫画、映画化する必要あるのか・・・?」っと。

正直な所、原作を読んだ人なら分かるだろうけど
ある意味、18禁指定でもいいぐらい内容が下品7
まぁ、自分は結構好きな部類ではあるが、
映画化するなら、ある程度の覚悟が必要かと思ってた。

だけど・・・。内容は、かなり優しく加工されておりました218
下品な言葉は、それなりに使われてましたが
原作と同等のレベルではなかったですわ40

でも、これは原作を知っている人なら
かな~っり楽しめると思います158
知らない人でも、クラウザー様の暴れっぷりには笑えるはず。
主役を演じた松山ケンイチ君は、最近人気急上昇で
様々なジャンルの作品に出演しているが
これを観る前に、デスノートの “L” 役で出演してたので
このイメージが残っていた分、
クラウザー様になりきれるか、正直不安があったが・・・。

DMC 

完全に、クラウザー様になっていた(笑)

コスチュームも完全に着こなしてたし
LIVEでのパフォーマンスも、漫画を見ているようで
めっちゃ興奮できちゃいます264

内容としては、原作の部分を切り取ったようなシーンが多く
それを上手いこと繋ぎ合わせたような展開。
短い上映時間でありながら、十分にDMCを学べる237

デトロイト・メタル・シティ ジャギ様 

あえていうなら、ベースギター担当の “ジャギ様”っと
ドラムス担当の “カミュ” についての話が皆無。
これを紹介してたら、上映時間も長くなってしまい
コンパクトに内容がまとまらなかったのかもね356
でも、二人共かなり強烈なキャラを持っているんですが393

DMC カミュ 

カミュ役のロバート秋山なんて
セリフが  「 ブルマ 」 だけだし(笑)
原作では、オタクキャラのカミュなのでご理解を。

最後の最後まで
根岸君ことクラウザー様の暴れっぷりには
笑い所満載で、原作にもあった
LIVEでの、口でのギター弾きや首吊りクラウザー様など
原作の見所を所々に散りばめられています。
ただ、地方のバンドとの戦いが
もうちょっと見たかったかなーって思ったり292
まぁ、次回作に色々と期待しましょう521

デトロイト・メタル・シティ 

とにもかくにも、これは観る価値ありの作品です392
久々に、邦画で高い評価が出来る作品だと思います492
松山ケンイチ君の成長は、これからも注目しなきゃな。
あぁ~ほんまに、クラウザー様最高にカッコイイです352

ヒロイン役 加藤ローサさん

ローサさんも、相変わらず可愛かったんですけど343
この映画は、おすすめッス411 

~原作のアニメ版ッス~


スポンサーサイト
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。