上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ALWAYS 三丁目の夕日

監督   山崎貴

キャスト 吉岡秀隆 堤真一 小雪 堀北真希 
      もたいまさこ 須賀健太 他

東京の下町、夕日町三丁目にある鈴木オート。
そこに青森から集団就職で六子(むつこ)がやってくる。
六(ろく)ちゃんと親しまれるが、
実は大企業に就職できるかと期待していた六子は
ボロっちい下町工場の鈴木オートに内心ガッカリ。

その向かいの駄菓子屋「茶川商店」の主人・茶川竜之介は小説家。
茶川は居酒屋「やまふじ」の美人店主・石崎ヒロミから
見ず知らずの子供・古行淳之介を酔った勢いで預かってしまう。
返すに返せず、二人の共同生活が始まるのであった。

どうもー354今日も、みなさんお仕事ご苦労様でした282
ゆうじろうは、暑さの為ダウン気味であります・・・390
でも、いくぜぃ!レビュゥゥゥゥゥーーーーーー220
本日、ご紹介致します作品は、名作と名高い
“ALWAYS 三丁目の夕日”っであります411
この作品の舞台となるのは、昭和の時代。いいですな♪
まだまだ、人が温かくテレビも普及してない時代。
自分は、昭和産まれでありますが実際の話
親に聞かされたり、テレビで見たぐらいしかイメージがありません(笑)
でも、なんとなくこの作品を観て、温かい気持ちになりました398
世界観も素晴らしいんですが、俳優陣の演技力がスゴイ363363
吉岡秀隆が演じる、芥川竜之介。
本当にダメなんですよ(笑)でも、胸に秘めた熱い想いがあって
それを、こちらの見る側にストレートに届ける演技・・・素晴らしい352
そして、堤真一演じる“鈴木則文”と、堀北真希演じる“六子”。
二人は、雇う側と雇われる側っといった関係なんですが
お互いの誤解が、喧嘩に火をつけるんですが・・・・
堤真一の暴れっぷりには、爆笑しましたよ(爆笑)
結局は、仲良くなって一緒に晩御飯食べてたり410なんか温かいよね。
悪いと思ったら、ちゃんと相手に頭を下げて謝る。
今の人たちは、ちゃんと出来るんだろうか・・・?
自分が悪くても、逆に怒って見せたりする人多いと思う。
謝ることって、意外と難しいかもしれない。
でも、本当は誰にでも出来ることだと思いますけどね290356
この作品は、名作と名高いのですが、ハードルを上げすぎかも。
確かに、世界観も俳優陣の演技力もバツグンにイイ218392
だが・・・・だが・・・・しかし!大げさな演技がとても多く
途中で、演技臭さが出てしまっていて、ちょっときつかった(笑)
ALWAYSでも、イイ作品なんだけどね(笑)
色んなものが新しくなって
便利な世の中になってると思うけど
この策遺品のような温かい心だけは
現代人も学ぶべきだと思う。
そーんな事を考えたさ290

スポンサーサイト
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。