上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
                 ブギーマン
BOOGEYMAN 

製作 : サム・ライミ
監督 : スティーブン・ケイ
出演 : バリー・ワトソン エミリー・デシャネル 
     スカイ・マッコール・バートシアク ルーシー・ローレス

幼い頃、クローゼットから現れた謎の怪物ブギーマンに
父親をさらわれた体験を持つティムは、
成長してもそのトラウマを背負っていた。
ある日、恋人ジェシカに感謝祭の夕食に招かれたティムは、
その夜、入院中の母メアリーの悪夢を見る。
その直後、メアリーの訃報が届いた。
葬儀のため故郷へ戻ったティムは、
恐ろしい記憶が残る実家で一夜を過ごすことに。
やがてティムに、不気味な現象が襲い掛かる…。

本日ご紹介する作品は・・・・
ブギーマン」こちらッス!!!!

サム・ライミさんと言えば・・・・
スパイダーマンTM3 」 「死霊のはらわた」 など
有名な監督さんの一人であると言える81
その、サム・ライミさんが製作をしているのが今回の作品。
正直、ネットでの評価が異常に高いので気になってましたが
自分の評価としては・・・・・ 70点!!!!

まぁ、所々に散りばめられたピースが
一つの物語を築いていって、とても良く出来ている265
小さい頃に蒸発してしまった父親。
その犯人が、“ブギーマン”っと呼ばれる悪魔らしい37
これは、迷信だと言われていたが少年時代のティムは
目の前で消えた父親の姿が目に焼きついているので
大人になった時でさえ、本当だと信じていた。
周りの人間は、誰も信用しないし
大人に話せば、精神異常者だと誤解されてしまう。
本当の事を告げてるのに・・・・13

ブギーマン 

そして、時は流れ・・・・。
ティムも大きくなり、その事を忘れかけていた。
だが、ある日。
自分の実家に帰らなければいけない事になる258
そこで、全ての事を終わらせる為にティムは行動をする。

この作品の何がスゴイかと言えば、
冒頭で、“クローゼットの中” “ベットの下” など
危険な場所を教えているとこ219
その表現の方法も、結構こだわりを感じました237
だから、最初から最後までその危険な場所を見るたびに
心臓が。。。。ドキ・・・・ドキ・・・・。343
怖さの表現としては、日本映画のようなホラー38
見えそうで見えない存在に・・・ビビリまくりッス356

ブギー マン 

だけどね・・・。
後半の中途半端な化物に、ちょっと切なくなった390
なんか・・・。安っぽい(笑)
それまでは、このシナリオ・・・めっちゃイイやん!!
って思ってたのに、あっという間に
これ・・・・・。B級映画やん(笑)って感じ7
本当に、残念ッス。
だから、この作品は70点ぐらい218
過去に戻ったり、色んな場面に飛んだりする手法は
とっても斬新で、本当に良かったんだけどね410

~関連作品~


スポンサーサイト
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。