上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
         グース FLY AWAY HOME
グース 

監督:キャロル・バラード
出演:ジェフ・ダニエルズ アンナ・パキン
     ダニ・デラニー テニー・キニー

ニュージーランドに住む14歳の少女エイミーは
自動車事故で、母親を失ってしまう。
少女は、10年ぶりに再会した父親のトーマスに引き取られ
自然豊かなカナダ・オリオン州の農場で暮らす事になる。
奇妙な趣味を持つ、父親に馴染む事が出来ないエイミーだが
ある日、森で親を亡くしたグースの卵を見つける。
少女は、卵を孵し16羽のママとして生活していく。
父親であるトーマスは、大きくなっていくグース達を見て
本来あるべき姿の、渡り鳥としての本能を呼び起こすべく
アメリカのノース・カロラライナ州への500マイルの旅を計画。
軽量飛行機での、グースの旅を無事成功する事が出来るのか。

本日、ご紹介いたしまする作品は・・・・
グース 」こちらの感動のお話です265

1996年に公開された映画。
だが、映画とは歴史に関係なくイイ物はイイのである154
それを、こんなに感じさせてくれたのが今回の作品。

この映画の見所を言いますと、
実話に基づいた作品の中でも、かなりの完成度の高さ158
父親であるトーマスと、娘のエイミーとの関係。
これは、本当に心温まるモノがある343
始めは、父親のやっている事に理解する事が出来ず、
エイミーは、自分の心を閉ざして閉じこもってしまっている390

それが、16羽のグース達との出会いで、
少しずつ・・・少しずつ。
そう、それは・・・。卵が孵るかのように。
次第に、心を開いていくんです。これは、本当に泣ける237

なんにしても、俳優陣の演技力のスゴさにも驚かされる218
父親役のトーマスを演じているジェフ・ダニエルズさんは、
グライダーでの飛行の際に、
かなり笑える着地の仕方を何度もする18
そう、それも自然に。とっても自然に感じる266
役を演じているというか、本人が映し出されているような
そんな、演じるという枠を超えた何かを感じさせてくれている132

これは、エイミー役のアンナ・パキンちゃんもそうだ。
あの美人な顔立ちと、純粋な笑顔。
そして、心を開いていく表情。
どれをとっても、本当に純粋で素直な演技に思える221
ありのままって感じがして、自分は大好きです411

内容としても、映像としてもとっても美しい世界観なんですが
16羽のグース達とアメリカへ向かう旅のシーンは
本当に、映画史に残るようなシーンだと思います338
そして、この映画に込められたメッセージ。 「自然破壊」
とっても、共感出来ますし、かなり応援しちゃいます314
自然を大事にする事が、地球にとっても本当に大事だからな352

トーマスが作成した、小型の軽量飛行機に乗って、
エイミーとトーマスが大空を飛んで行くのだが、
本当に、温かい気持ちにさせられる343
エイミーのママグースっぷりには、愛情たっぷりで
見ていて、本当に本当に 「ガンバレー!!!!」って叫びたくなる。

・・・・「本当」ってキーワード言いすぎかな(苦笑)

まぁ、それほどにイイ作品だって事ですよ363
グース達との大空を飛ぶシーンは
失敗が許されない状況が多いと思いましたので、
もしかしたら、一発撮りをされたのかもしれません492
そうだったら、それこそスゴイ作品だと思います410
グース達の愛くるしい姿に、心を癒されて見てはいかがです361
自分も、グースに癒された一人ですから398

~監督さまの関連作品でございまする~


スポンサーサイト
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。