上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
            魔法にかけられて 
魔法にかけられて   

監督 :ケヴィン・リマ
脚本 :ビル・ケリー
音楽 :アラン・メンケン
出演 :エイミー・アダムス パトリック・デンプシー 
    ジェームズ・マースデン
    スーザン・サランドン  レイチェル・コヴィー

アンダレーシアで動物たちと暮らす美しい姫、
ジゼルは、運命の人と出会い、結婚する事を夢見ていた。
ある日、怪物に襲われたジゼルは、エドワード王子に助けられる。
お互い一目惚れし、出会ったばかりにも関わらず、
完璧なデュエットを披露し、翌日結婚する約束をする。
しかし、王子の結婚を喜ばない継母のナレッサ女王は、
魔女を送り込み、ジゼルを井戸に突き落とす。
なんと、その井戸は、現代のニューヨークに繋がっていた!

この作品・・・・「魔法にかけられて
ディズニー映画だと思って舐めてかかると
かなりの衝撃を受けさせられる作品237
自分は、正直な所・・・「ディズニーに弱い」 
まぁ、弱いというかなんか、むず痒いシーンが多いので
この手のノリは、なんだか好きになれなくてね~7
いい話が多いのは、百も承知なんですけどね(笑)

さてさて、この作品。
とんでもなく、ありえないほどの展開で、かなり笑えます158
そして、かなり  HAPPY!!! な気持ちになれる352
映像のスゴさも脅威的ですが、何がスゴイかと言えば
やはり、アニメと現実との融合。これに限ります。
アニメの中でお姫様のジゼルはエドワード王子の下へ向かう513
だが、魔女の悪の手で井戸の底へと落とされます・・・。

これだけなら、ただのディズニー映画で終わってしまいます。
だが・・・、 これは・・・、 違う405
井戸の先に待っていたのは、現代社会。
そんな世界に、おとぎの国のお姫様がやってきたら、
どうなるのでしょうか。予想できませんよね(笑)
愛と歌に満ち溢れた、おとぎの世界の住人が現代に来たら。

魔法にかけられて  

もう、めちゃくちゃ楽しい事間違いありません!!!!
っというか、アニメから登場したにも関わらず
違和感を感じさせない演技に、本気で驚かされます525
あっという間に、映像に引き込まれる自分に気づかない程。
そして、エドワード王子の熱い演技には爆笑必死411
あんな人が現実にいたら、どんなに世界は救われる事か522

さて、この作品の展開には本当にドキドキさせられます343
普通であれば、ジゼルとエドワード王子の恋愛劇で終わるはずが
現代の人間と接してしまった事で、
二人の愛にも、違う愛に変わってしまうんです・・・・。
それはもう、観ている人間が予想出来てしまう程に416

途中まで見ている時に

「これとこれが付き合って終わるんでは?」とか

「ジゼルの好きな人って実は・・・・」みたいな、

魔法にかけられて 

勝手な予想が、本当に現実になってしまう所が本当に笑える521
ここで、こう来たら幸せなのに・・・って思ってると
期待通りに事が進むので、鑑賞している人の心を
確実に掴む、完璧なまでの脚本と演出をしていると感じた352

ディズニー映画らしく、魔女の暴れっぷりも見ものでしたし
ジゼルとエドワードの恋の行方にも、ドキドキしっぱなしでした398
この映画は、非常に評価の高い映画だと認定したいと思います535

家族揃ってみても、本当に優しい気持ちにさせられる、
完成度の高い映画だと感じましたヨ492
素晴らしいッス!!!ディズニー様ッ513

~ディズニーといえば、これかな?~


スポンサーサイト
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。