上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
                  感染列島
感染列島 


監督・脚本 : 瀬々敬久
出演 : 妻夫木聡 檀れい 国仲涼子 田中裕二 池脇千鶴
        佐藤浩市 藤原竜也

正月明け、市立病院に務める松岡剛の元に
1人の急患が運ばれてきた。
新型インフルエンザに類似する症状だが
ワクチンが通用せず、患者は死亡。
やがて同僚の安藤医師や他の患者に感染が広がり、
病院はパニックになってしまう。
WHOのメディカルオフィサーで松岡の元恋人・小林栄子が
事態の収拾と調査に乗り出し、
松岡も彼女と共に戦うことを決意するが、
感染は日本全国に広がってしまい……。

本日紹介する作品は・・・
感染列島 」こちらの作品でございまする265

ウィルスや感染系の映画は数々見てきたけど
日本映画で、こういった系統を見るのはたぶん初かと308
海外の映画の場合は・・・・

感染→大量感染→どうしようもない→ミサイル18

っと言った、B級ネタはお馴染みであるが
今回は、ちゃんとした医者の話なのでそれは無いはず(笑)
とりあえず、出演者の面々を見る限り
この映画への意気込みが感じられた158
妻夫木くん・壇れいさん・藤原竜也さん・佐藤浩市さんなどなど。
佐藤浩市さんに至っては、主人公であってもいい程なのに
それが、あんな風になるなんてね・・・・。監督もスゴイわ7
まぁ、死なくしてこの映画は語れないからね。

さて、この作品。
現代の日本が抱える医療の現場や、
インフルエンザっという、毎年恒例の感染病についての話で
ちょっとした、現代社会を映している感じ。
今も、「タミフル」って薬が有名だけど
薬の効果の無い、ウィルスがいつ拡がる事やら・・・。
怖い怖い・・・390

感染列島 病棟 

さて、この物語も、話が進めば進むほどに・・・
1人・・10人・・・100人・・・っと、ドンドン拡大していく感染40
感染源を探り、明日のために頑張る妻夫木くんの姿は
ついつい、応援しちゃいたい感じに424

そのサイドでは、荒れ狂って廃墟となる大都会の街々
そして、人が人を憎み罵声を上げる人たち。
まさに、地獄絵図のような風景37
・・・まっ、こんな映像は見慣れたモノですけど(笑)

とりあえず、妻夫木くんは頑張ってます218
だけど、ドンドン患者達は増えていきます40
主役級の俳優も惜しげもなく、次々と病気で・・・。
1人の感染者が、一歩外に出るだけで広がる感染56
その恐るべき感染は、今の現代でも起こりうる事なのです。

感染列島 壇れい 

今回の作品。結局、どういった終わり方をするのか。
でも、・・・なんともあっさりしております159
終わってみれば、なんとやらっと申しますか。
ワクチンというモノの威力は、すごいわけで451
それまでに倒れてきた屍を乗り越えて
人は、今も病気に立ち向かって生き続けているのですな521
なんとも、考え深い作品になっておりました492

でも・・・。自分的には、竜也さんが主役だった方が
なんだか、良かった気がしましたけど(笑)
たまには、妻夫木くんもやられ役をやってもイイような気が398
にしても、結構お笑い芸人出てるね~

~監督関連作品~


スポンサーサイト
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。