上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
       ブレア・ウィッチ・プロジェクト
ブレア・ウィッチ・プロジェクト 

監督:ダニエル・マイリック
出演:ヘザー・ドナヒュー  マイケル・C・ウィリアムス
   ジョシュア・レナード

1994年10月、モンゴメリー大学映画学科に所属する3人の大学生が
ドキュメンタリー映画製作のために
メリーランド州ブラック・ヒルズの森に分け入った。
その土地に今なお残る伝説の魔女
“ブレア・ウィッチ”をテーマにしていたのだ。
だがヘザー、ジョシュ、マイクの3人はそのまま消息を絶った……。
手掛かりが発見されないままやがて捜索は打ち切られる。
しかし事件から1年後、
彼らが撮影したものと思われる
フィルムとビデオが森の中で発見されたのだ……。

本日のB級作品は・・・・
ブレア・ウィッチ・プロジェクト」こいつッス!!!!

通常の映画であれば、何千万と製作費用がかかるモノが主流だが
この作品は“300万”っという低予算で作られた作品492
それが話題となって、一時的にブームとなり
パロディー映画も出るほどの影響力があった363
だけど・・・。改めてその映画の費用を考えてみると
もっと、低予算の映画なんてたくさんある気がする。
むしろ、50万とかで作ってる作品もあるような・・・・356

まっ、予算の話はいいんだけど。
実は、会社の同僚とこの作品の話題で盛り上がってまして
この作品の存在は知ってましたが、観た事なくって・・416
んで、観てみようかと思ったわけですヨ!!!!

話を聞く限り、この映画は・・・。

低予算」 「酔う」 「意味不明」 「級」

っという、事を詳しく聞いたさ506
まぁ、そこまで言われたら気になりますからね~。
とりあえず、思ったのは
“酔う”っというのは、なんとなくだけどそう思う390
だけど、B級映画を数々観てきた自分にとっては
大した事ではない7むしろ、カメラワークはイイと感じるほど。
この、ちょうどイイカメラワークが、絶妙な恐怖を産む511

ブレアウィッチプロジェクト 

出演している人物も、素人感たっぷりで変な気持ちに。
これは、映画というより、本当のドキュメント作品363361
そんな風に思わせる。まぁ、それがこの映画なんだが・・・。 
今回の作品は、DVDで鑑賞したのだが
これに入っている、特典に本気でびびった405

普通の作品の特典映像であれば、
「製作現場の裏側」 「NG集」 「予告編」 など

そういったモノが特典になっているのだが
この作品は、特典が映画の続きとして使用されている492
むしろ、特典のくせに本編より長くも感じられるのは不思議。
内容としては、本編の後の話。
消息不明になった3人が残したビデオをもとに
それを解明するドキュメント映像になっている。

ブレアプロジェクト 

・・・・なんとも不思議。映画でありながら
TV番組の「世界まる見え」を見ているようで(笑)

まっ、とにかくですね。
この作品は、安い制作費にも関わらず色々とよく出来た作品だと思う。
魔女の森の部分も、ただの普通の森なのに
テントの前に石を積み上げるなど、様々な小技を駆使して
恐怖を駆り立ててくれている522

廃墟にて・・・。 

手法としては、なかなかだと思います。
調べてみると、「2」も出てるらしいけど
そっちは、制作費を上げたせいでかなりの駄作らしい478
どんな作品でも、「1」を超える作品を作るのは
難しいのかもしれませんね389

~噂の2ですな~


スポンサーサイト
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。