上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
                 パルス-回路-
PULSE パルス 

大学生のマティは、連絡が取れない元恋人ジョシュのことを
心配する日々を過ごしていた。
彼から留守電が入っていたことをきっかけに、
マティがジョシュのアパートへと行ってみると、
彼の部屋は異様な空気に満たされていた。
そして奥の部屋で、彼女はジョシュの首吊り死体を見つける。
ショックを受けたマティが友人たちに
チャットで慰められていると、
そこに死んだはずのジョシュからメッセージが入る。
「助けてくれ」と…。

本日、ご紹介する作品はーーー
パルス-回路- 」この作品だぁーーー!!!!!

パッケージを見た時に、ピンッ!!!!っときた162
ただ、その直感を頼りに借りてみた作品。

この作品を観終わった後に思ったが、
新しい種類のホラー映画だと感じたんですわ37
自分の中の洋画の化物系としては、
巨大化したモンスタ-だったり、ゾンビのような化物だったり
ある程度実体があるモノが多かった気がする。
だけど、今回の作品のモンスターは違う430

「 パソコン に紛れ込んだ 異次元 のモンスター 」 

パルス  

基本的に、実体がありませんし
通信回線があれば、どこへでもワープする事が出来ます38
弱点も特になく、対応する事は、ほぼ不可能。
だけど、意外な事に足が速いが、襲うスピードは遅いようで・・・
一度、威嚇してからの攻撃がメインなので
威嚇の段階で気づけば、逃げる事も可能29355355
さらに言えば、一度に攻撃出来るのは一人ずつみたいで
複数の人間がいたら、ほぼ無力7
攻撃方法は、人間の全てを吸い付くすようだけど
吸ってる時間が長い為、吸われてる人間は何も出来ないが
誰かが邪魔すれば、簡単に攻撃をかわすことが出来る。

パルス 

さらに、電波のある所に飛んでいく習性があるので
“圏外”であれば、攻撃してくる事はない218
赤いテープを巻けば、なぜか嫌がる事も確認済み。

だが・・・・。
怖さのレベルとしては、なかなかのモンだったんです398
未知の敵だったという事もありましたが、
魂を抜き取られたかのうような、俳優陣の演技もなかなかで
カメラワークの独特な光の使い方など、
ちょっとした工夫だけど、雰囲気を引き立たせている338
よく出来たホラー映画だと感じた432

まぁ、最後の結末に関しては
ちょっとガッカリだったといいますか・・・・ orz
救いようのない敵だってのは、分かりましたが
それでいいのか361って思う感じでしたし356
電波がある限り生き続けるモンスター。
こんな現代に存在したら、誰も止める事は出来ませんね399

そういえば、この作品は、“黒沢清” 監督の
回路のリメイクらしい。でも、きっと似てないんだろうなぁ(笑)

~THE パルス 祭り!!!! ~


スポンサーサイト
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。