上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
交響詩篇エウレカセブン ポケットが虹でいっぱい
ポケットが虹でいっぱい 

総監督 : 京田知己
声の出演 : 三瓶由布子 (レントン・サーストン) 
        名塚佳織   (エウレカ・ズィータ)
        藤原啓治   (ホランド・ノヴァク)
        根谷美智子 (タルホ・ユーキ)
        山崎樹範   (ドミニク・ソレル)
        小清水亜美 (アネモネ)

これはレントンとエウレカの、もうひとつの物語。
宇宙より飛来した謎の生命体イマージュと人類の戦いは、
既に半世紀に及ぼうとしていた。
少年の名はレントン。
レントンはニルヴァーシュに搭乗し戦場に赴く。
レントンの夢は一つ。
8年前に連れ去られた幼なじみの少女エウレカを
いつの日か助け出し、故郷へと帰ること。
だが運命は、レントンとエウレカの
小さな恋を試すように試練を与える。
使命と感情、真実と嘘、過去と未来、生と死、現実と夢、
そしてホランド。二人の前に世界の全てが立ちはだかる。

本日、ご紹介する作品は・・・・
交響詩篇エウレカセブン ポケットが虹でいっぱい
こちらの作品でございまする

エウレカという、一人の少女。
レントンという、一人の少年。
彼と彼女は、運命を切り開く道を歩んでいく。
たとえそれが、自分の望む世界が広がってなくっても、
二人でなら、全てを愛する事が出来る
そう、一言で言うなら “純愛” です

ポケットが虹でいっぱい 二人の始まり 

この作品は、本編(アニメ通常版)の物語とは、全くの別世界。
それを認識するまで、少し時間が掛かりました。
劇場版では、ホランドさんとか、タルホさんなどの
ゲッコーステイト(月光号)のクルーのメンバーが
違った形で登場するのには、普通に驚かされた
兄貴分でもある、ホランドさんとレントンが戦うシーンなんて
見たかった映像でもあるけど、ちょっと複雑な気持ちに。
ファンなら、この違いを楽しめるに違いない

「 もうひとつの レントンとエウレカ の物語 」

まさにこの通りって感じがします。
変わる事のない事は、二人の愛情の強さです。
もしかしたら、本編の二人よりも強いのかもしれない。
なんだか、強い愛情って素敵ですよね

エウレカセブン レントン 

物語的には、二人の愛情を引き裂こうと
様々な人たちが、二人を力や権力を振りかざしてきます
その陰には、アネモネとドミニクの姿があり
この二人がまたいい味を出してくれます
世界を見定める存在として、アネモネが登場するのですが
ちょっと容姿に、驚かされます
最後の結末の時には、可愛らしい姿を見せてくれましたが

僕らだけの 未来。 

この劇中では、一つ一つの説明はあまりありません。
それでも、見ているだけで応援したくなりました
本編では、レントンとエウレカの心の成長
それと一緒に、ニルヴァーシュの成長など、
少年から大人に変わる心の強さを感じさせてくれます。
アネモネとドミニクの、LOVEには鳥肌立ちますし

今回の劇場版は、とても良く出来ていて
自分は大好きです。 本当に、純愛を感じられます
どうせ見るなら、本編を観てから人物設定を理解した上で
観た方が、断然楽しめると思います

~関連作品はこちらになりまする~


スポンサーサイト
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。