上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
                    アバター
AVATAR.jpg 

監督・製作・脚本 : ジェームズ・キャメロン
出演 : サム・ワーシントン ゾーイ・サルダナ シガーニー・ウィーバー
     ミシェル・ロドリゲス ジョヴァンニ・リビシ スティーヴン・ラング

元海兵隊員のジェイクは、遥か彼方の衛星パンドラで実行される
“アバター・プログラム”への参加を要請された。
パンドラの住人と人間の遺伝子から造られた肉体に意識を送り込むことで、
息をのむほどに美しいその星に入り込むことができるのだ。
そこで様ざまな発見と思いがけない愛を経験した彼は、
やがて一つの文明を救うための戦いに身を投じていく…。

本日、ご紹介する作品は・・・・
アバター」 こちらになりまする。

会社の同僚や友人などが、
「絶対観た方がイイ!!!! 最高におすすめッ!!!!」 っと
何度も言われており、大変気になっていた作品
今日は仕事もお休みだったので、映画館へ行って観てきました。
12月23日公開らしいのですが
今日(2月16日)でも、映画館の席は、ほぼ満席。
すごい人気ですなぁ~
ゆうじろうも、初の“3D映画”っという事で、わくわくドキドキで
ですが、一つ思った事が・・・
眼鏡男子のゆうじろうに、さらに3D眼鏡
眼鏡に眼鏡を掛ける。なんとも違和感のある事で(笑)
案の定、鑑賞中も何度かずれてしまい、煩わしい感じに

さてさて、本編を語っていきましょう
物語は、足に障害を持つ一人の青年 “ジェイク”(サム・ワーシントン)
彼を中心に全ての物語が動き出していきます。
ただの海兵隊員だったはずが、とある事で兄の代役に
“パンドラ” と呼ばれる神秘的な星に行く事になります
理由はただ一つ。 「アバター」 になって星を調査する事。

アバター アバター 

この映画を最初から最後まで観て思う事は、
鑑賞している人が期待している通りの展開を、上手く表現している

足の動かないジェイク。
そこに、体が丈夫で走り回れる体 “アバター”
動かなかった足が動いた時の、あの喜んでいる姿。
一気に引き込まれました 本当に躍動的で、心躍る感じで。
他にも、期待を裏切る事のない展開が多くて
観ている自分としては、満足度の高い作品だと感じます

まぁ、なんと言っても世界観の素晴らしさ。これに尽きると思います
CGと役者の融合。 そんな事は今までもあったけど
この作品は、CGのレベルが格段に違う。本当にスゴイ。。。
制作費、200~300億という話も納得させられます。
それだけ、よく出来た作品です!!!!!

アバター ジェイク 

今回の作品は、基本的にはシンプルに進んでいきます。
台本としても、よくあるパターンに感じますが
その中でも、監督が織り込んだメッセージは痛いほど感じました

欲深い我々人類。欲を満たす為に、大自然を壊し、動物を殺し
この地球の資源を好き勝手に破壊していっている。
生きる為には仕方がないかもしれない
だが、当たり前のように世界を壊していいはずがない。
そして、欲深い人間は地球だけでは飽き足らず
パンドラという違う文明が住まう星を破壊しようとする
なんとも・・・・・最初から最後まで、ため息の出る映画だこと。
作品がとても綺麗で、素晴らしき文明の生き方なだけに
こういった人類の姿を見ると、呆れてしまう。
力には力。確かにそうかもしれんが、何か欠けてる人の心。
そういった、人間の欲をよく表現している。

アバター ネイティリ 

その汚れ切った人間の中で、ジェイクはアバターの体を借り
ナヴィ族という民族達に触れ、人間の汚れを無くしていく。
まぁ、あんな風な世界があるのであれば
自分もアバターになりたいものだ(笑)心からそう思う

最後の結末は、ハッピーエンドと言えばハッピーエンドだったが
あの決断をする事は、ある意味バッドエンドにも近い。
たくさんの犠牲があっただけに、複雑な気持ちに。

アバター 

特にこの作品で、最高にカッコイイ女パイロットの
“トゥルーディ大尉” (ミシェル・ロドリゲス) さん。
彼女の勇姿には、感動です
トゥルーディさん無しでは、この映画は語れません
色んな場面で登場して、最高のシナリオを創り上げてくれます。
にしても・・・・ミシェルさんって、毎回同じような役をやられてるような・・・・
バイオハザード ”でも雄々しい役柄でしたし
カッコイイ女性はとても素敵な感じです。
・・・おっと、ミシェルさんだけではなかったな(笑)

“エイリアン” のリプリー役と言えば、「シガニー・ウィーバー」 さん。
彼女も、グレイス博士という役柄でアバター化して
人間とナヴィを繋ぐために、勇敢に戦っていく
エイリアン」っという言葉が飛び交うもんだから
完全に、リプリーって呼びたくなるのは、自分だけでしょうか
この二人・・・・エイリアン2で共演してる?(笑)
監督ならではの、キャストって事かね

まぁ、そんなこんなで長いレビューになりましたが。
とりあえず、3時間という上映時間に驚かずに
まずは、観る事を強くオススメしたい。これは、いいよ
家でDVD鑑賞するのもいいもんだけど、
超大作や3Dの映画は、映画館で観るべきだな
今回の作品で、特にそれを感じさせられた。
いい映画を観ると、幸せな気持ちになれますな~
今日は一日、満足度の高い休日になりましたヨ

~監督関連作品~


スポンサーサイト
コメント
初コメ失礼します
自分がもし共演してたら、思わず「あの、リプr・・いや、グレイス博士!」て言ってしまいそうです^^;
ミシェロドは、プライベートも暴れん坊らしいですからね・・・。男勝りな役も演技じゃないかもですΣ(・ω・ノ)ノ
2011/01/26(Wed) 23:58 | URL | りとら | 【編集
Re: 初コメ失礼します
お初です♪りとらさん♪
書き込みありがとーーっすーー^^
ミシェルさん、プライベートも暴れん坊さんなんですね(笑)
なんか、余計好きになりそう・・・☆
どんな立場であろうと、正しいと感じた方に体を動かせる人間って
それだけで、カッコイイと感じますネ>▽<
正義か悪か、よりも貫き通す信念こそ、大事なのかもッスね♪
2011/01/31(Mon) 23:42 | URL | ゆうじろう | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。