上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
           ランド・オブ・ザ・ロスト
LAND OF THE LOST

監督:C.トーマス・ハウエル
出演:C.トーマス・ハウエル ティモシー・ボトムズ
   リンゼイ・マッケオン アンヤ・ベントン

フロスト夫妻は、友人たちとバカンスを楽しむために
クルーザーでバミューダ・トライアングルと呼ばれる
魔の三角海域を航海していた。
しかしその途中、巨大な嵐に遭遇し、海は大荒れとなる。
すると、突如上空に光り輝く空間の切れ間が出現し、
まばゆい光と共に全員が気絶してしまう。
そして気がつくと、彼らは怪しげな無人島に漂着していた。
フロストたちは島に上陸し、調査にあたる。
そこで遭遇したのは、絶滅したはずの太古の恐竜たちと、
数十年前の戦時中に消息を絶った兵士や戦艦であった。
果たして彼らは、この島から無事に逃げ出せるのか?

本日の作品・・・・
「ランド・オブ・ザ・ロスト
」 こちらーッス♪

相変わらずの、衝撃的な内容
アルバトロスさまの作品。今日も行きます

パニックアクション映画という事は、表紙を見ればよーくわかる。
だって。恐竜が暴れてるし(笑)B級様ですよ
普通のバカンス気分の面々が、嵐に巻き込まれたことで
一気に大混乱になる。よくある展開かな
あんまり登場人物の説明はないので、記憶にないが
ガイド役のフロストという男だけはよく覚えている。
だって、乗客あパニックになっているときに、
一人だけで船に乗って逃げ出しますから(笑)

とりあえず、生き残る為に水を汲んだり、火をおこしたり
謎の生物の死骸の肉を採取したり・・・・
それなりに、サバイバルの知識はあるようです
役者さんは、それなりの味がある感じがしましたよ
ただ問題は、「恐竜」です。かなり浮いてます
CGの技術としては、それなりにイイとは思いますが、
背景と、まったく馴染んでない(笑)
作りとしては、なかなかなんですが・・・。

ランドオブザロスト

島の生活に少し慣れてきた頃、新たに登場する人物に
先住民のお爺さん達が登場します。
だが、この爺さん達、只者じゃない
フロスト夫妻一行らに、仲良くしたかと思えば、
あっさり裏切ります。背後から、鈍器で攻撃ッドカッ(笑)
あーもう、完全に計画的な犯行じゃないっすか。
みんなが気がついた頃には・・・遠き海の彼方へ・・・
海の恐竜か何かに襲われて、沈没するのを予想してましたが
普通に島からは、脱出できるようです。あっさりしてんなぁ

ランド・オブ・ザ・ロスト

っというより、この島・・・。後半になって気づきましたが
敵は、恐竜が・・・一、二匹のようです(笑)
しかも、弱い人一人を狩るので、精一杯。
残念ながら、モンスター的には弱いです
だからなのか、最後はあっさりと、余裕モードで脱出します
そりゃあ、あんな恐竜に対して
ミサイルやら、バズーカーなどで応戦してたら
恐竜としても、ただただ吠えるだけですやん。
どっちが強者かよく分からなくなります(笑)

最後まで見て思ったが、全然記憶に残らない(苦笑)
どうにも、インパクトもないし、ネタにもならない作品
うーん・・・・。こりゃ、微妙やな

~恐竜大国ココに~

スポンサーサイト
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。