上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
         THE 4TH KIND フォース・カインド
THE FOURTH KIND

監督・脚本オラトゥンデ・オスンサンミ
出演:ミラ・ジョヴォヴィッチ  ウィル・パットン イライアス・コーティーズ

アラスカ州北部の街、ノーム。
心理学者のアビゲイル・タイラー博士は
夫の死によって受けた心の傷の癒えぬまま、
カウンセリングの仕事をしていた。
そんな中、彼女の受け持つ来談者のうち
不眠症を訴える数人が共通の症状を見せるようになる。
曰く「深夜に起きると、白いフクロウがこちらを見ている」。
アビゲイルは治療のため患者の1人に催眠療法を実施。
するとその患者は突然発狂してしまい……。

本日の作品ーん♪
THE 4TH KIND フォース・カインド」こちらになります★

ジャケットをパッと見た時に、
これは・・・・ミラ・ジョヴォヴィッチさん主演の ホラー映画
っという、印象を受けた作品。
実際、内容を見てみるとなんとも・・・予想外な(苦笑)

どうやら、ドキュメンタリー的な感じで物語は
淡々と進んでいくのですが、
なんか、B級のニオイがするんです。
でも、主演が、あの名女優という事で不思議なバランスを感じた
ミラ・ジョヴォヴィッチさんが演じるという事で
レンタルショップにも、数多く商品が置かれているが
内容は、あまりおすすめできたものではない

4th kind

街の人々が、原因不明の症状を訴えてきて
それに対してカウンセリングをするのが、タイラー博士。
彼女自身も、何か同じ症状というか
何か訳アリのご様子。 どうやら、娘に何かあったらしい

んで、物語を進めていくうちに分かった事がある。
この作品・・・・
   「 ミラ・ジョヴォヴィッチさん必要か? 」 って事。
映像は、ブレア・ウィッチのようなカメラワークだったり
24ばりの、画面3分割とかだったりしたわけですが
どうも、馴染めない 見ていて少し疲れたッス

フォースカインド

後半になってくると、タイラー博士自身が
今回の原因なんではないのかっという予想をしていたが
その後の警察とのやりとりで、思いっきり裏をつかれます

そう、この作品は・・・未確認のモノが関連してますから
どうしても、そのオチだけはやめてほしかった。
どうせなら、悪の主犯格がタイラー博士本人であるならば
続編なんか出しても、面白い気がしましたが・・・。
この最後は、無いわ(笑)
好き嫌いが分かれる作品だと思いますが
自分は後者の方かな
どうせなら、思いっきりB級色に染めてほしかたわぁ~
 
~ミラさんの関連作品はこちらでーっす~

スポンサーサイト
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。