上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
     バタフライ・エフェクト3 / 最後の選択
 バタフライ・エフェクト3

監督: セス・グロスマン
出演:クリス・カーマック レイチェル・マイナー

過去と現在を行き来できる特殊な能力を持つ男、サム。
しかし彼には、妹のジェナと決めたルールがあった。
個人的な理由で過去に戻らないこと、
そして過去を変えないこと。
ある日、彼は自らルールを破ってしまう。
10年前に殺された恋人、レベッカを救うために…。


本日の作品はぁー
バタフライ・エフェクト3 / 最後の選択」こちらです♪

バタフライ・エフェクト第三作目
第一作の傑作から、第二作の失敗。
それを踏まえて挑んだ、今回の三作目。
果たして・・・・。 鑑賞結果は、いかに!?

・・・・・・まぁまぁ (笑)

主人公は過去に戻って記憶を変える事が出来ます
それは、毎度おなじみの事。
今回は以前の主人公に比べると、妹のジェナの存在で
脳が焼け焦げたり、鼻血が出たりとかいう
デメリットの部分をだいぶ回避されている。

バタフライエフェクト3 行方不明
そして、ルールもちゃんとわきまえている

過去 には 干渉 しない。

だから、事件解決の為に警察に協力しているサムは
犯人を特定するだけ。決して、その犯人を捕らえたりはしない。
そうすれば、現在は大きく変化しないからだ

最後の選択

まっ、そんなルールも  の力には勝てないわけで。
ルールは破る為にある!!!!みたいな感覚で
サムは暴走を繰り返して、元々いた世界が狂っていきます

事件を追っていたはずが、
自分が犯人と間違えられて逮捕されてしまったりと
なかなか事件解決までたどり着けない、サム。

大事に思って、仲間だと思っていた人からは
裏切られ、知人だった人は、自分の知らない人に

そんなこんなで、サムは犯人の出現するはずの場所へ
タイムリープをして、追いかけるんですが・・・
なっかなか上手くいかずで、
最後まで、犯人はどうなるのか気になってました

主人公が暴走してるから、
実は、「お・・・俺が・・・犯人だったのか・・・!?」
っとか、想像しながら見てましたが、
全く違う展開でした(笑)ちょっと、これには驚いた
意外性ありましたからね~

だが・・・だがしかし。
今回のエンドは、完全にバットエンドだわ
まぁ、毎回バットエンドには近いものがあるが・・・・

エフェクト3

ちなみに、次回作に続く感じもニオわせてましたけど(笑)
これは、4が出たら“ジャンパー”みたいな展開に
なりそうな気がしますな。なんとなくですが


~関連作品はこちらーーーっす~

スポンサーサイト
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。