上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんばんわーぁー&お久しぶりーッス
いやぁー、無事に帰ってきましたヨ。
本当、あの素敵な島が恋しすぎるです
あぁぁ・・・仕事辞めて、あそこで島人するのも・・・
なんてことを考えちゃうほど、かなりいい所でした
さてさて、そんな “種子島 旅行 <6日間> ”
大切な思い出なので、
パパパーーっと、書き込んじゃいます
いやー、ほんまに、勝手な管理人だこと(笑)

では、初日 <7月25日>

この日は、とりあえず・・・・・「移動」 がメインだ。

中部国際空港から、飛行機で・・・      鹿児島空港へ

鹿児島空港から、バスで・・・・          鹿児島港へ

鹿児島港から、高速船(トッピー)で・・・   種子島港へ

途中、桜島も見えたっす

桜島! 

そして、徒歩で彼女の実家へ 

総移動時間・・・・ 「7時間半」 

まぁ、鹿児島でまったりしたのでそんな感じに
鹿児島では、“天文館”っていうところにいたっす
名古屋で言うと、大須。
東京で言うと、秋葉原?みたいな感じで
歩行者天国(アキバは消えた)のエリアで
路上では、絵を描く人や弾き語りをしている人がいる感じ

さて、そんな場所の有名な所。

「 天文館 むじゃき 」 “名物 白熊 ”
白熊さーん 
sirokuma 

コンビニでは食べた事あっても、本物は初でした
口どけの氷の触感が、かなり良くて最高に美味ッ
でも・・頭が、キィーーーーーンってなったさ
お約束ッス(笑)
そういえば、なんかの祭りやってたみたいで、
御輿担いだ、裸男がたくさんいたな(笑)
裸祭り!? 

まぁ、そんなこんなで実家までつきましたが
時間も遅く、家族の人にご挨拶しながら
親父さんに連れられて、夜の海へ
軽快なトークを上手に交わしながら、
ぼーっと夜の海を見てたっす。
(これから、よろしくお願いします)
言葉でも伝えたが、心にも唱えるようにつぶやいてました

種子島の、夜海 
スポンサーサイト
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。