上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
            月に囚われた男
 月に囚われた男

監督・脚本 :ダンカン・ジョーンズ
出演 :サム・ロックウェル ドミニク・マケリゴット カヤ・スコデラーリオ
    ベネディクト・ウォン マット・ベリー マルコム・スチュワート

宇宙飛行士のサムは、エネルギー資源のヘリウム3を
地球に送るため月へと派遣された。契約期間は3年だ。
地球との直接通信を許されておらず、
話し相手は人工知能搭載ロボットのガーティだけだ。
楽しみにしていたテレビ電話での妻テスとの会話も
衛星事故によって交信不能となってしまっていた。
それでも孤独に耐え任期終了まで2週間を切ったある日、
サムは自分と同じ顔をした人間に遭遇して…。

本日の作品は
月に囚われた男
」 こちらの作品でございまする♪

孤独。ひたすらに孤独との戦い
髭も伸びっぱなしで、ただただ機械と話をする
主人公の、“サム”
月面という世界に、たった一人
だが、この月面での仕事が大金を生む。
そう、男はそれだけで3年の歳月も乗り越えてしまう。
さて、この物語。
ただ、月面で採掘をしていくわけではない
この話では、サムを雇っている会社が存在する。
こいつが怪しい会社でね~。
大きな説明は、ないけど、どうやら
そことの連絡は、人口知能ロボットの “ガーディ” のみ

・・・・・・・あ・・・・あ・・・・ 怪しい 

月にと囚われた男 ガーティ

サムが、その異変に気づくのは、変な違和感を感じてから。
誰もいないはずの月に、人影をみるのだった

あーどうなるんやろ。すんごい気になるぅー
っというか、最後まで観ちゃうとあっさりとした感じですが
色んな考えが渦巻く中で、よく地球に帰還したなーって思う

月に囚われた男 月

その人物には、出会う事にはなるのだが
どうにも、問題は “ガーディ” だな
あいつが、同じような言葉を言うもんだから、
まんまと、サムは騙されていってしまう。
でも、機転がよくきくおかげで無事に生還できるわけだが

MOON.jpg

作品を観たあとに、この題名について考えてみると、
とんでもないサイクルが浮かんできた
3年で、採掘は終了してしまう。
その従業員を永遠に働かせる方法・・・・

同じ人間が、なんども生まれ変わればいいのでは

死んで生き返る、そしてまだあと3年っと植えつければ
その人間は、永遠を感じることなく
ただ無邪気に会社の為に働く
まんまと、ハメられている事も知らず・・・・。

なかなか、よく出来た作品でありますなー
でも、同じシーンが何度も出るのは仕方ないことですが
ある意味、低予算で製作が出来そうな映画ですな
宇宙船の艦内も、登場人物がサムとガーディだから
色んな場面を映す必要ない感じだったし。
でも、採掘機など月面の雰囲気とかは、よく出来てたと思うッス

~監督関連作品~


スポンサーサイト
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。