上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない
ブラック会社に勤めてるんだがもう俺は限界かもしれない

監督 : 佐藤祐市
原作 : 黒井勇人
脚本 : いずみ吉紘
出演 : 小池徹平 マイコ 池田鉄洋 田辺誠一 品川祐
    田中圭 中村靖日 千葉雅子 森本レオ

ニート生活を送ってきた26歳のマ男は、
母親を事故で亡くしたことで一念発起。情報処理の資格を取得する。
しかし試験に落ち続け、最終的にパスしたのが、
ある小さなIT企業だった。
そこで働くメンバーは、責任感ゼロのリーダー、
お調子者のリーダーの腰巾着、挙動不審なPCオタクなど、超クセ者揃い。
おまけに初出社日から毎日サービス残業をさせられ、
徹夜の連続という、ありえない仕事場だった。

本日の作品はーーーこちら!!!!!!
ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない
 題名めちゃ長いッス!!!!!!!

ブラック会社”(ブラック企業)

従業員に労働法やその他の法令に抵触し、
またはその可能性があるグレーゾーンな条件での労働を強いたり、
関係諸法に抵触する可能性がある営業行為を従業員に強いたりする、
若しくはパワーハラスメントという
暴力的強制を常套手段としながら本来の業務とは無関係な
非合理的負担を与える労働を従業員に強いる体質を持つ企業。
              =ウィキペディア参照

現代を生きる人にとって、大きなメッセージを含んだ作品
ブラック会社という、法律を無視し、人権をも無視するような
とんでもない会社の事だな。法律でも裁けないし
そんな会社の事を、優しく分かりやすくした映画だと思う。
俳優陣を見れば、それもよくわかる気がする。
ブラック会社と言っても、色んな種類にわけられると思いますが
自分の知り合いも、ブラック会社にもみくちゃにされて
骨の髄まで搾り取られる日々だったそうです

ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない

この作品でも、見られますが
大量の仕事量があり、それが終わるまで帰らせてもらえない。
これだけの仕事、本当にあるのか?っとお思いの方もいるでしょうが
こんなもんじゃない。本物は、もっと怖い
サービス残業”っという言葉が当たり前になりますから。
だが、それを強要しない会社もある。

「帰ってもいいけど、明日までにここまで終わらせておいて」
などと、ありえない仕事量と期日を突きつけておきながら
平気な顔で、帰ってもいいという。それもブラックのニオイだ

まぁ、この会社は救われている。
藤田さんっといういい先輩もいるからね~
本当に辛いのは、誰も支えがないのに自然と会社に揉まれていく事。
仕事が辛い、帰りも遅い、愚痴も吐けない、眠る時間もない・・・。
そんな、死の螺旋に飲み込まれては、苦しすぎる
今回の役者の中で、品川庄司の品川さんがいるのだが
あれは、ギャグだな(笑)あんな先輩いるかもしれないけど
品川さんは、役者さんというか、お笑い芸人なので
演技も中途半端で、すごく自然体
それが、この映画の難しさと暗さを緩和してくれているかも

ブラック会社に勤めてるんだが

この映画は、現代の人が感じられる、共感できる部分が多くある。
ふつーにコメディっぽく見られる作品だけれど
この映像は、これから生きて行く自分を含めて
色んな人が経験していかなければいけない世界
マ男という、世間も知らないような男が
荒波に揉まれる事によって、大人になっていく姿。
これが、この映画の持つ大きなメッセージなのじゃないかな

最近の子供とかは、どうなんだろう
一昔前より、甘やかされて育てられているはず。
過保護って言葉は、本当に今の現代にピッタリだと思う。

ブラック会社

自分の世代でも、そんな奴はよく見受けられたけど。
そういう奴は決まってこうだ。
社会に出ると、急に不安になって何も出来なくなって
いまだに、ニートとかと言って、親を頼りにして生きている

親が生きている間はいいかもしれないが、
一人で生き抜く為には、一度、底を見るのも大事な事だ。
辛い思いをした後に、立ち上がった人間ほど、強いモノはない。
心の強さってのは、そうやって鍛えるもんだ

だからこそ、痛みを避けて成長してきた人間ほど
弱いモノはない。痛みを知って人は、優しさや強さを知る
この映画のような映像は、現実にもある。
絶対に勝つ事の出来ない試合だって、存在する。
そんな時も、負けてから得る事を大事にするべきだ

この作品は、そんな現実を優しく表現してあるので
一度見てみても、いい作品だと思う
共感できる部分が、すごくあるし。
どこの企業に入っても、サービス残業ってもんがついてまわる。
確かに、残業代を払う会社もあるが
それは、法律の目の届かないグレーゾーンだと思う。
ネットが普及して、その企業の情報は
ある程度知る事が出来る時代になっているけど・・・・。

だけど、その会社。
もしかしたら、ブラックかもしれませんよ
その時、すぐに仕事を辞めて逃げ出す事はできませんよ
次がある人間なら、それもいいかもしれないけど
ブラックかどうかを判断するには、時間がかかるもんですから・・・。
その会社にとって、当たり前の事だったら・・・・。
巻き込まれるのも、仕方ありません。

長々と、愚痴のように書いてしまいましたが
この作品は、ちょっとした教材として見てもいいかもしれません
現代社会が生んだ、闇の世界
それを知るのも、大人になる為の大事な事かもしれません

~監督関連作品~


スポンサーサイト
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
今日は一日雨だったので予定変更。タイトルにある2chのまとめスレを読んでいた。決して私の不満ではない。  物語は10年近くニートとして生きていた若者があるきっかけでプログラマと...
2010/11/16(Tue) 16:35:55 |  Evidence of ISD
「ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない」 やっと観た~。 しかし、いつ見ても長いタイトル笑  あらすじ 中卒でニートだった大根田真男(小池徹平)は母親の死をきっかけに始...
2011/09/24(Sat) 00:23:23 |  映画大好き(*^▽^*)まっつのヨロズ帖
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。