上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
      機動戦士ZガンダムII -恋人たち-
Zガンダム 恋人たち  

宇宙世紀0087年、ティターンズとエゥーゴの内戦は続いていた。
地球降下作戦に参加したエゥーゴの少年パイロット・カミーユは、
支援組織カラバのハヤト・コバヤシらと合流。
補給のために立ち寄ったニューホンコンで、
ティターンズの強化人間フォウ・ムラサメとの運命的な出会いを果たす。
互いの境遇を分かち合い、
つかの間の恋に安らぎを得るカミーユとフォウ。
だが運命は、ふたりを哀しみに満ちた戦いへと駆り立てる。
カミーユの乗る新型可変式MS・Zガンダムと
フォウのサイコ・ガンダム。汚れた地球圏に、
ふたりの澄んだ魂が響きあう……。

機動戦士ZガンダムII -恋人たち- 第二作。
この作品で、このシリーズの恐ろしさを味わいます

一、昔の映像とリメイクの映像の合体で、違和感丸だし。
一、カツの暴走っぷりカット
一、ジェリドの負け戦カット
一、フォウの雪山での戦カット
一、アムロとクワトロの夢の共演カット
一、ダカールの演説 クワトロ大尉のシャアとして大演説!!!!カット

・・・・・・・・ちょいちょいちょいちょい(笑)

見たい場面が、だーーーいぶないじゃんか
内容も飛び飛びで、原作を分かってないと本当あかん。
まぁ、ファンにはいい作品だけど・・・。
でも、アムロとクワトロの共演だけは必要だろ。
一年戦争で敵の二人が、タッグを組むんだよ必須だよ
あと、ダカールの演説も。最高の鳥肌シーンじゃないか
何の為にあの場所に、クワトロ大尉がいるのか、話が繋がらない(笑)

機動戦士ZガンダムII 恋人たち

まぁ、とにかくだ。
今回は、 “恋人たち” っとサブタイトルついてるように
フォウと、カミーユ。 サラと、カツなどの “愛”を中心に描いている
愛ゆえに、人は悲しまねばならん!!!!・・・・ッテ、ソレ北斗カ(笑)
実際ね、愛なんだよ。戦争ってやつは
ガンダムシリーズもなんでもそうだけど、愛なくしては語れない。
愛すべきものがいる。それだけで、男も女も強くなる。
だが、このZガンダムは・・・
ややこしい三角関係とか多すぎると改めて思った

劇場版 機動戦士ZガンダムII

相関図とか、あるならばそれを見てニヤニヤできそう(笑)
レコア少尉は、クワトロ大尉の事が大好きだけど、
クワトロ大尉は、とにかく自分の理想を強く願って戦っている。
そして、カミーユはレコアさん大好き。
っというか、カミーユはすごい切替の早い男で。。。。

地上では、フォウとキスをするなどLOVEを感じるシーンがあるが
フォウを戦争で亡くしてしまってから、落ち込んでいたが
宇宙でファとLOVEを感じるシーンをする
そして、エマさんにもちょっと愛を注いでたりもする。
守りたいモノが多すぎるカミーユも、大変だぁ。。。

劇場版 機動戦士ZガンダムII 恋人たち

そして、サラとカツ。この関係も結構ぐっとくる。
カツは基本的に、すぐ騙されますピュアでいい奴なんですけど。
捕虜にしたサラを信じて、解放してしまい裏切られてしまいます。
そう、サラは大好きな人がいるんです
シロッコっという、木星帰りのニュータイプが!!!!!!
だけど、カツは本当にピュアピュアな奴で。

「シロッコを殺せばサラは考え直してくれるはずだ」

っと、単身・・・・銃を片手に敵地に乗り込みます
だけど、案の定。失敗に終わります

そして、最後・・・・・
「サラ・・・サラ・・・・・」
っと呟きながら、宇宙の暗闇に消えていきます

人を好きで、誰かを守りたい。
その気持ちが、戦士を強くし、
その気持ちが、戦士を消してしまう。
悲しみが悲しみを呼ぶように、憎しみが憎しみを生み出していく

劇場版 機動戦士 ZガンダムII 恋人たち

レコアさんの嫉妬や憎悪もなかなかスゴイ。
クワトロに道具のように扱われて、行き着く先は
敵の戦艦。そして、以前仲間だった人と戦うことに
うーん。やはりこの作品。
愛深き話だ。にしてもカットされた部分は、痛すぎるけど(笑)
あーぁークワトロ大尉の演説が見たいし、
やはり原作を見ることにしようかな

~関連作品~

スポンサーサイト
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。