上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
     機動戦士ZガンダムIII -星の鼓動は愛-
星の鼓動は愛 

交戦するエゥーゴとティターンズの前に現れた
第三の勢力“アクシズ"。旧ジオン公国の残党でまとまられた彼らは、
ザビ家の忘れ形見、ミネバ・ザビを擁し、摂政、
ハマーン・カーン(榊原良子)の指揮の下、
ジオン公国の再興を秘かに目指していた。
そんなアクシズの軍事力を得ようと、エゥーゴとティターンズは
それぞれに交渉を開始する。
しかし、ティターンズの総帥であるジャミトフとの交渉は決裂し、
エゥーゴとの一時的な連携を決断したハマーンは
アクシズを宇宙要塞“ゼダンの門"へとぶつけた。
その機に乗じ、持てるカリスマ性を最大限に利用して
ジャミトフを排除した木星帰りの男・シロッコ(島田敏)。
彼は、ハマーンにその罪をなすりつけ、ティターンズ掌握に成功する。
シロッコの台頭で混迷を極める戦局。
遂に、エゥーゴとティターンズの最終決戦が開始された。
そこに介入するアクシズ。激しい戦闘の中、シャア(池田秀一)は
ハマーンとの交戦の後行方不明になる。
Zガンダムを駆るカミーユ(飛田展男)は、
これまで会った人々の魂と共鳴するようになる。

本日の作品はー
機動戦士ZガンダムIII -星の鼓動は愛- 」です♪

ついに来ました。最終戦の第三作目
この作品は、とにもかくにもカミーユの強さに酔いしれることで
全てが解決します

ガンダムの世界で、最強のニュータイプと評されているのにも
納得できる強さ。それが、実感できる感じ
まぁ、ちょっと感情丸出しのところが
「坊やだからさ・・・」っとツッコミ入れられそうですが(笑)

星の鼓動は愛 ハンブラビ ヤザン ヒャハハ

さて、Zガンダムを観た方なら分かるだろうけど
これはないだろ・・・・っと
思うガンダムファンも多くいるんじゃないかと思う。
最終戦での、Zガンダムとカミーユの覚醒ってやつは、スゴイし

ガンダムシリーズで、無茶苦茶な強さを考えると
“機動武闘伝Gガンダム” が一番だと自分は思うが
Zガンダムの覚醒もそれを超える勢いを持った力がある

基本、MSってのは弾をくらったりしたら破損します。
そして、ビームの直撃を受けたら、やはり撃沈します。

星の鼓動は愛 カツ・レツ・キッカ カツ!

だが、Zガンダムには “バイオセンサー” というモノが搭載され
カミーユの覚醒に、MSが反応して、表現できてしまう。

簡単に言えば、カミーユが感情丸出しで
宇宙に存在する霊を取り込めるほどの覚醒をすれば
Zガンダムも覚醒して、ありえない性能を発揮するわけです

全身に無敵のオーラをまとい、ビームを弾き返したり
敵の機体の動きを止めたりと、ありえない強さになります。
あの状態のZガンダムは、ガンダム史上最強ランクに入るかと思います。
もしかしたら、GP-02の核に対しても無傷かもしれません。
そんな風に感じるほどの強さです。まぁ、無敵なんだろうね。きっと

機動戦士ZガンダムⅢ-星の鼓動は愛- ハマーン

だから、Zガンダムの覚醒を見た、 “ハマーン・カーン” は
退散せざるをえなかった。
あ、ちなみにハマーンさんも人気のキャラです
キュベレイと呼ばれるMSは、ガンダム史の中でも百式と同じぐらい
素敵なフォルムと、美しい姿をしていますからね。
初ファンネルの映像は、かなりのインパクトを受けましたしね

そして、この作品で一番の痛いやられ方をするのが
最終ボスの、  “パプテマス・シロッコ”  ですな
あれは・・・・痛いというかやりすぎ(笑)
普通にやられるだけなら、爆死っという感じですが
こいつだけは、違います。
カミーユの怒りを全て受け止める使命がありますから・・・・。

ジ・O

カミーユの覚醒で、シロッコの名機 “ジ・O”
が動かなくなります。ありえない感じですけど。
そして、そこに銃撃するわけでなく、
Zガンダムが可変して、ウェーブ・ライダーに変形して
コックピットにいる、シロッコに突っ込むわけです
そう、MSの先っちょがシロッコのお腹に突き刺さるわけです。
あ。。。あれは、痛いわ。
突き抜けるんじゃなくて、ザクッ!っと刺さる感じだし

星の鼓動は愛 エマさん 吸収

さて、その後が問題です。
実は、TV版と映画版では終わり方が違います
細かく言えば、小説版も少し違うようですが。
TVでは、シロッコ撃破→カミーユ精神崩壊→ZZに続く。
っで終わってます。
簡単に言えば、バットエンドですね。
映画版では、ハマーンさんの行動もZZに続かないですね(笑)
カミーユは、戦争に巻き込まれて、人間を何人も倒していった結果、
色んな人に出会い、そしてやらなきゃやられる!!!っという現実。
そりゃ、精神も崩壊しますよ

星の鼓動は愛 Zガンダム

映画版では、精神を崩壊する途中の段階で
ファに助けられますそして、宇宙で抱き合います
それを見ている、ブライト艦長などの柔らかい雰囲気。
そうです、戦争が終わった喜びと安堵している様子が見られます。
ある意味、この平和で幸せなエンドも好きです

だけど・・・・・
ZZガンダムに話が、繋がらない(笑)
車椅子で、精神崩壊しているカミーユがZZで登場するのですが
それが繋がらない(笑)
浜辺でカミーユがジュドー達に意識を飛ばすこともありません。
そして、ハマーンの率いるアクシズが撤退したことによって、
ジュドー達の戦うべき相手がいません
まぁ、映画版っとして理解するしかないのですけど。

星の鼓動は愛 ブライト艦長 !

3作通してみてみましたけど、やはり名作は名作です
完全に知りたいのであれば、TV版が必須ですが
これはこれでよくできた作品だと思います
まぁ、どうせなら全シーン描き下ろししてほしかったけど。
TV版の映像を織り交ぜるのは、ちょっと違和感ありすぎました。
にしても、やっぱりZガンダム。 いい作品です

~関連作品~

スポンサーサイト
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。