上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
         劇場版 仮面ライダー電王 俺,誕生!
俺、誕生!

監督:長石多可男
出演:佐藤健 (野上良太郎)白鳥百合子(ハナ)
   中村優一 (桜井侑斗)秋山莉奈 (ナオミ)
   石丸謙二郎(オーナー)

声優:モモタロス ( 関俊彦 )ウラタロス( 遊佐浩二 )
   キンタロス ( てらそままさき )


2007年、とある日。
未来からの侵略者である「イマジン」たちがやってくる。
その頃、何をやってもいまひとつ冴えない不運な青年
野上良太郎(佐藤健)は、奇妙なパスを拾う。
パスを返すように迫る少女が降りてくるが、
良太郎は突如「イマジン」たちに襲われてしまう。
少女は良太郎にパスを使って変身して闘うことを告げ、
ここに「仮面ライダー電王」が誕生した。
デンライナーに乗り過去の世界へやってきた良太郎たち。
首謀者は牙王(渡辺裕之)という男。
多数のイマジンを従え、時の列車を狙う強盗集団の首領だ。
神の列車"を求めるべくデンライナーをジャックしたのであった。
牙王たちは、全ての時間を支配できるという“神の列車"が走る
“神の路線"への封印を解こうとしていた。
過去を変え未来を変え、
全ての時間を自らの色に塗り替えようとしている魔の手を、
電王たちはしりぞけることができるのか!?

本日紹介する作品は・・・
「劇場版 仮面ライダー電王 俺,誕生!
これだッ!!!!

仮面ライダーシリーズで、根強い人気の “電王”
主人公の良太郎は、多数のイマジンと共に戦い、悪を倒す
ウラタロスとか、キンタロスとか、
ようは、日本むかし話の面々ですね(笑)
その中で、特に人気のある
“モモタロス”メインで戦う話

相変わらず、変身シーンは、最高にカッコイイです(笑)
っというか、声優さんがあの有名な
“ 関俊彦 ”さんなんです。 そりゃいいわ
それだけで、マニアにはニヤニヤしてしまうこと間違いない
ちなみに、 関さんは、

・新機動戦記ガンダムW(デュオ・マックスウェル)
・ガンダムSEED 「ラウ・ル・クルーゼ」
・新世紀GPXサイバーフォーミュラ(ブリード加賀) などなど・・・

好きな役ばかり、並べました(笑)
ブリード加賀とか、自分の中でかなり好きなキャラだけど(笑)

そして、  俺ッ !!!!   参上 ッ !!!!!!

俺、参上!?

「俺に前フリは ねぇ!!!
  最初から最後まで、クライマックスだッ!!!! 」

カッコ良すぎますこれだけでも、満足しちゃう(笑)

さて、今回の敵
時を移動できる、デンライナーを敵に奪って
良太郎くんの記憶を消すなど、色々と核心を攻めてきます
まぁ、基本的に良太郎くんは、なよなよしてる部分あるからなー。
余計に、弱く見える(笑)
にしてもさ、敵役が牙王を演じる “渡辺裕之”さんなんですが
なんか・・・・違う(笑)肉体派なのはそうだけど、
敵役って変な感じがします
自分の中で、すごくイイ人なイメージあるから
敵のようで、敵でない気分
でも圧倒的な、強さがありますけど。

モモタロス ~ ウラタロス

そして、お約束もあります
一度やられて、復活すると一気に強くなる。
それが、主人公でヒーローの最高の必殺技なんですよね(笑)
肉を切らして骨を断つ!!!!!
モモタロスらしい、荒々しい技も、素敵な感じッス

ちなみに、最後のワンシーンは心温まる雰囲気がいいです
なんか、すごくいいです
にしても、健君。いまではすごい人気だもんなー
やっぱ、電王の役もピッタリだし、人気も出るわけだ

~関連作品は、これだッ!!!!~

スポンサーサイト
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
仮面ライダー アマゾンについて。
2011/02/03(Thu) 10:23:05 |  仮面ライダー アマゾン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。