上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
            しあわせの隠れ場所
 

あなたの人生史上、最高の実話 

監督 : ジョン・リー・ハンコック
出演 : サンドラ・ブロック ティム・マッグロウ クイントン・アーロン
    キャシー・ベイツ リリー・コリンズ ジェイ・ヘッド

夫と子供たちと裕福に暮らすアンは、寒い真冬の夜、
Tシャツ一枚で街を歩く黒人の少年、マイケルと出会う。
アンは身寄りのないマイケルを憐れに思い家族として迎えるが、
家や豊かな食事に感謝するマイケルから、
幸せとは何かを教えられていく。
やがて、マイケルはアメリカン・フットボールの選手として
頭角を表すようになり…。

本日の作品は
「しあわせの隠れ場所
」こちらになります♪

とある番組で知った実話のお話
えーっと、なんやったかな・・・
“奇跡体験!アンビリバボー” だったかな確か。
あれを見て気になって、この映画を見てみました
TVの時で、大体の知識が入っていたもんだから
映画もすらすらーっと見ることができたさ
TVとは違い、教室でのマックスの孤独な感じなどが描写されており
合わせると、さらに本人の姿が頭に浮かんだ

周りの生徒が、友達同士で話し合っている中、
暗い部屋で、明かりも付けずに・・・。
うーん。これも黒人差別ってやつですかね。
マイケルのなんとも言えない表情は、すごくいい雰囲気出てます

しあわせの隠れ場所

黒人が苦手だったのに、不思議な感覚に襲われて
マイケルを迎え入れたアンなんですが、
マイケルと出会うことで、知らなかった世界を見ていくことに
仲の良いマダムとの会食シーンは、とても温度差があるんだけど、
それが、なんともいい感じ
マダム達は、アンとマイケルが出かけた町外れのスラム街を
本当に、馬鹿にする。っというか、言い方がなんかね・・・。
まぁ、その世界を見てない人には、客観的に見ちゃうんだな

まぁ、この作品。
TVで色々みたあとだから、余計にだけど
マイケルがセリフ多くて話しすぎて、変に感じる部分も(笑)

「練習はいいから、家でゲームしない?」っとか

なんか、ハングリー精神が欠けてるような・・・。
まぁ、それでも彼の素朴な感じは、好きだけど。

マイケルは、持ち前の身体能力で
フットボールの選手として、大活躍するようになるんだが・・・・
知能は、幼稚園児レベル本当に、文字すら書けない状態。
だけども、運動能力はずば抜けてスゴイ。
人間、何かしら才能を持って産まれてるからなぁ~
勉強できる人間より、心で動ける人間の方が俺は好きだぞ
まぁ、最高の運動能力と強い体をもっているマイケルだけど
彼には、人を傷つけることができないっという優しさも
とても、いい性格なんだけど、フットボールの選手としては問題あり。

しあわせの 隠れ場所

それに対して、アンが一言。

「彼は、花の好きな牛なのよ」

すごく分かる(笑)いい例えだと、本当に思った(笑)
でも、心を強く持ち、心技体を磨いて強くなったマイケルはすごい
だって、アン一家の坊ちゃんは・・・
マイケルを “ターミネーター”っと例えるほど!!!!!

この作品を見ていくと分かった事
ピュアピュアな作品だと思ってたけど、
外国人特有のコメディが入ると、変な感じに(笑)
ジョークなんだろうけど、そこでそれを言うのって思った。

っというか、奇跡体験!アンビリバボーで見たことに
ちょっとオマケを足した感じで、
どっちかと言えば、TVの方がまとまっていたのは、ココだけの話(笑)
ドキュメンタリー映画なのに、変に色を付けすぎてた気がします

~サンドラ・ブロックさん関連作品~

スポンサーサイト
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。