上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
シン・シティ

監督:ロバート・ロドリゲス フランク・ミラー

出演:ブルース・ウィリス ミッキー・ローク
     クライブ・オーウェン ジェシカ・アルバ
          ベニチオ・デル・トロ イライジャ・ウッド

犯罪以外は何もない“罪の街=シン・シティ”。
救いなどなかったはずのシティで、
その夜、3人の男が絶滅したはずの愛と出会う。
屈強な肉体と醜い傷跡のせいで、
誰もそばに近づこうとしない前科者マーヴ。
過去を捨て、娼婦街の自警者となって夜をさまようドワイト。
凶悪な幼女連続殺人犯を追って、
引退の夜を迎えたシン・シティ最後の正義、ハーディガン刑事。
それぞれにワケありの過去を抱えながら
シティの片隅に生きてきた男たちは、
自分に愛を与えてくれた女のために、
邪悪な悪の権力との命懸けの戦いに身を投じてゆく。

雷ゴロゴロ・・・天気がとてもとても荒れてます。
だから、今日は元気いっぱい291(笑)
やっぱり、天候が荒れるのはドキドキするわぁ398
ベランダから見る荒れた空は、神々の怒り767676
そんな今日は、ドキドキワクワクな気分352
さてさて、レビューいきましょか(笑)
本日のお題は“シンシティ”でございまする352
大好きなブルース・ウィリスさまさまの作品でございます♪
っといっても、この作品は3人の主人公がいて
それぞれの話が交差していき、交わっていくんです290
とりあえず、みんながみんな輝いております218
特に輝いてた3人がいます。

ミッキー・ローク演じる   豪腕筋肉マン マーヴ
デヴォン青木演じる         殺人兵器       ミホ
イライジャ・ウッド演じる     殺人鬼         ケヴィン
とりあえず、この三人でお腹いっぱいになれます221
マーヴは、鍛えられた筋肉や人相の悪さで
周りから恐れられ、そして裏切られ。
不器用なんだけど、真っ直ぐ生きる男臭さが最高291
ミホは、女だけの街に住む殺人兵器として
闇に潜んでいる、女忍者?女侍?っというぐらい
かなりのカッコ良さ・・・素敵415
街の住人の女達も、かなりきわどいけどね(笑)
ボンテージ姿に、ライフル持ってるんですよ26スゴイ。
そしてそして、異色なオーラを放ってるケヴィン。
あのイライジャ君が殺人鬼をやってるだけでも
かなりの衝撃なんだけど、眼鏡の光り方もスゴイ。
セリフの一切ないまま、マーヴに肉団子にされちゃうけど
それまでの、妖しさはかなりの印象深いものに
なっておりますよ38これだけでもお腹いっぱい(二度目)
シンシティ最終的に、愛の渦巻く街は
静かに幕を閉じていくわけですが
白黒の世界で、時々塗られる色が
心に上手く染まっていく感じ344
これは、観る価値大いにあり363



~監督作品~

スポンサーサイト
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。