上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
                                  デイ・オブ・ザ・デッド
 DAY OF THE DEAD

監督 スティーヴ・マイナー  
出演 ミーナ・スヴァーリ ニック・キャノン
    ヴィング・レイムス マイケル・ウェルチ

軍の演習で隔離中のコロラド州レッドヴィル。
この町出身のサラ伍長は新兵のバドと共に
町内のパトロールに向かった。
途中実家に寄った彼女は、高熱を出している母に
治療を受けさせるために病院へと向かう。
すると病院は母親と同じ症状の病人でパンク寸前。
医師のローガンは正体不明のウィルスによる症状だと言う。
やがて病状が進んだ人々が暴走し、周囲の人々を襲い始めた。
サラたちは病院から脱出するために動き出すが……。

本日の作品は・・・
デイ・オブ・ザ・デッド 」こちらになりまーっす。

ゾンビ映画。ゾンビ映画。ゾンビ・・・。
のくせに、走り回る(笑)なんか、“バタリアン”
走り回るゾンビを思い出しましたヨ
それぐらい、この作品に出て来るゾンビは動きが早い
なんか、こんなゾンビいたら、もう雑魚とは呼べない。
しかも、最後の話をしますと
知能を備わった、すごく強いゾンビが登場します
脳みそが腐って、喰らうことしか能のない奴らのはずが
賢く、頭を使って攻撃してきます
いやぁー。ゾンビにも、色々いるので楽しいデス(笑)

デイオブザデット

さてさて、物語の方ですが。
とてもシンプル町中の人々が風邪のような症状になり
「演習」っという口実で、道路を塞いで塞き止めている軍の人間
軍絡みの人体実験。兵器開発。よくある話です
主人公である、サラはこの町に実家がある。
そして、町は感染。果たして・・・・。っという感じ。

デイ・オブ・ザ・デット

この話。とりあえず一番大事な人物を紹介しましょう。
それは・・・・ 新兵の 「バド」 
彼無しでは、この作品は語れません
通常、ゾンビになると理性を失い人を殺してしまうのですが
このバド君。 ・・・・って、ちょっとネタバレか(笑)
まぁ、いいか。とにかく、このバド君
肉は一切食べない、菜食家。その為、人を襲いません
今だかつて、そんなゾンビがいたでしょうか
肉嫌いだから、人を襲わない。さらには、危険の時に助けてくれる。
なんていいゾンビだ・・・!!
その姿には、最後の最後の場面で
「あっ!あそこにバド君がぁ!」っと言ってしまうほど。

全体的なバランスをみても、シンプルなゾンビ映画だったと思う
普通の普通な感じ。ただそうとしか言えない
飛び抜けた演出もなく、バド君がただただ光ってただけだ。
まぁ、それでもぼちぼち楽しめる作品でございました

~関連作品デッド~

スポンサーサイト
コメント
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2012/12/30(Sun) 11:22 |  |  | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。