上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
                タイタンの戦い
TITANS.jpg

監督 ルイ・レテリエ  
出演 サム・ワーシントン (Perseus) リーアム・ニーソン (Zeus)
      レイフ・ファインズ (Hades)   ジェマ・アータートン (Io) 
 
古代ギリシャ世代、アルゴス国では、
人間たちは慢心し、神への敬意を無くしていた。
神々の王・ゼウスの石像を打ち壊し、
冥界の王・ハデスの復讐にあう。
ゼウスと人間の子である半神ペルセウスは、
育ての親をハデスに殺され、人間の味方につく。
ゼウスの命を受けたハデスは、アルゴス国の
王女・アンドロメダを生贄に捧げねば、
アルゴス国をクラーケンに襲わせると人間に告げる。
ペルセウスは王女を救うため、地獄山へ旅立った…。

本日の作品は・・・・・
タイタンの戦い 」こちらになるっス!!!!

神話好きな自分にとっては、“オリンポス”とか
ゼウス とか ハデス とか、そういった名前を聞くだけで
満足してしまう悪い癖がある
今回の作品は、これこそ洋画の実力とも言える
CG力の強さを感じさせる作品
ハデスの登場シーンなんて、かなりいい。闇だね
にしても、その後の神界のシーンがあるんですが
ゼウスもそうですが、あんな鎧を着る必要が・・・
なんか、神っというより人間のような雰囲気。
神々しい雰囲気が出したかったのかな。
やっぱゼウスは、ドーンと腰を据えた雰囲気が好きだけど

タイタンの戦い 天界

さて、物語も進み圧倒的な戦闘シーンに入ります
巨大蠍との戦闘CMなんかでも見たシーンですな。
こういうモンスターは、本当にリアルでスゴイ
本当にそこに存在するような、リアル感。
B級の、へなちょこモンスターとは格が違いすぎる

タイタンの戦い

何よりも、メデューサとの戦闘はすごすぎ
あのメデューサの出来は、尋常じゃないまじでスゴイ。
頭のうにうに感とか、自分の想像しているイメージ通り
狂気な表情から、可憐な表情まで抜かりがない。
自分の持った神話の形をしっかりと表現してくれている
この作品は、とても心踊らされる所がある
ペガサスなんて、本当イイよ
いつか乗りたいもんだな。うん。間違いない

タイタンの戦い 戦場

全体を通して完成度の高い作品でした
ヒロインがもっと姫様のオーラが強ければ
もっと好きになれたかもしれませんけど・・・
にしても、続編を待ちますかね。
これだけの出来なんだし、次も楽しみですわぃ

~関連作品~

スポンサーサイト
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。