上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
                       アバター・オブ・マーズ
AVATAR of MARS

監督   マーク・アトキンス 
脚本   マーク・アトキンス
出演   アントニオ・サバト・Jr トレイシー・ローズ マット・ラスキー

僻地で任務に就く特殊部隊の兵士ジョン・カーターは、
任務遂行中に瀕死の重症を負い、実験台にされるのだった。
その内容は、ジョン・カーターの記憶を原子レベルで再構築し、
16GBのフラッシュメモリに記憶させ、
アルファケンタウリ星系の火星マーズ216へと
転送するというものだった。
火星に転送されたジョン・カーターは、
サーク族に捕らえられるが、
偶然襲ってきた巨大な昆虫の軍団を狙撃し、
撃退したことを認められ、サーク族のタルス・タルカスから
1目置かれるようになるのだった。
そんなとき、サーク族に捕らえられた、
人間そっくりのヘリウムの王女デジャー・ソリスと出会うのだった。
火星に迫る、最大の危機。カーターは戦士として立ち向かう・・・。

本日の作品は
アバター・オブ・マーズ 」コチラニナルヨーオ!!!

アバター?アバター
何かニオう。もしかして、あのアバターのB級作品かな・・
とりあえず、気になりながらも見てみましたが
この主人公のカーター、何者だ(笑)
任務中に瀕死になって、改造されて火星に・・・・
展開が急すぎて(笑)転送されたのは分かりますが
いきなり強力な強さを誇る人類になっております改造効果!?
そして、火星で遭遇する謎の サーク族
さらに、謎の昆虫軍団(笑)この昆虫がイカン!!
サーク族の怪しい雰囲気までは納得だったのに
一気にB級のニオイに変わりました

そして物語は、カーターの惑星救世主として進行していく
いままで一緒に共にしてきた、サーク族とやらにも
考え方の違うやつらもいるようで、皇帝に歯向かう奴もいる。
そして、ここでは力こそ権力
自分の意思を貫く為には、上のモノを倒してから証明する必要がある。
にしても、皇帝岩の出っ張りで高みの見物をしていたのに
超人的なカーターの投石で、昇天させられます(笑)
本当・・・。カーター何者だよ(笑)

アバター・オブ・マーズ

そして、最後の局面まさかの三角関係で進みます。
ツンデレ王女を巡って、スキンヘッドの超人と
超人カーターが戦います。むしろ、王女の気迫はスゴイ
王女なのに、顔つきが戦士だもん(笑)
まぁ、最後は抱き合ってめでたしめでたし
サーク族の仲間も、抱き合ってめでたしめでたし。
まさかの、つづく!!!って感じで終わります

うーん。結果。B級映画です
ワイヤーアクションのジャンプの仕方がやば過ぎる
スーパーマ○オのジャンプみたいに、ふわ~っと飛びます
円を描くように、綺麗に。なんとも、不自然(笑)
まぁ、作りが中途半端だし、ツッコミ所も中途半端だし
普通な感じでした。最後のエンドロールの音楽が
妙に寂しげで暗いのは、謎ですが(笑)

~なんだか関連だと思います~

スポンサーサイト
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。