上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
                                     エクスペリメント
エクスペリメント エクス

監督:ポール・シューリング
出演:エンドリアン・ブロディ フォレスト・ウィテカー
     キャム・ギガンテット クリフトン・コリンズ・ジュニア

失業したばかりのトラヴィス(エイドリアン・ブロディ)は、
参加した反戦デモで出会ったベイ(マギー・グレイス)に恋をする。
トラヴィスに惹かれたベイはインド旅行に誘うが、トラヴィスは旅費に困る。
そんな折トラヴィスは、14日間の実験に参加して日給1000ドルという
高報酬の求人広告を見つける。
説明会では、『安全だが、人権を侵害する可能性がある』という。
トラヴィスは選考を受け、24人の男ばかりの被験者の1人に選ばれる。
被験者は看守役と囚人役に分けられ、刑務所跡で役割を演じる。
監視カメラが彼らの行動を観察し、暴力行為があれば赤ランプが点灯する。
ランプが点灯すると実験は中止され、報酬は支払われないという。
やがて、誰も予想しなかった悲惨な事件が起こる


本日紹介いたしまする作品は・・・
エクスペリメント 」こちらになりまっす!!!!

「REC」っという映画のリメイクというこの作品
元となった作品は、聞いたことはありますが見たことはない
そして、この作品は、ジャケ借りした作品です

物語は、「 囚人 と 監視役 」
それに分かれて、何日間か過ごしてもらうという実験。
最初は、和気藹々と話しながら演技をしていたのだが、
この実験の意味は、本当に恐ろしいモノだった・・・・
実験の中で、ルールがいくつかある。
その中で一番重要とされているものが

 「 囚人が悪い事をしたら 相応の  を与える 」

エクスペリメント エクスペリメント

っというルール。まぁ、細かい言葉は少し違うでしょうが、こんな感じ
んで、それを守らないと設置されている、パトランプが点灯して
実験終了。そして、報酬である大金を誰も手にする事ができない。
その為に、監視役の人間は大きな罰を与えていく
それが人間の心を少しずつ、ほんの少しずつだけど、壊していく。
いつしか、演技の枠を超えてリアルな世界に変わっていく。
囚人は、犬の糞のような食べ物を食わされ、
それを拒否した囚人には相応の罰を与える

いつしか、囚人は監視役の人間を心の底から憎むようになる。
まさに、人体実験の予測していた結果だと思う

エクスペリメント

人間とは、地位や格差を与えただけで、それだけで人を見てしまう。
強い力を持てば、弱い人間を痛めつける。
弱い人間は、それを我慢し続けて、いつかは爆発する。
憎悪が怒りを起こし、怒りが復讐の心を目覚めさせる。
悲しいけれど、人間の心の黒い部分は誰にでも存在する。
それを痛感させられる映画だと感じた。
小さな範囲での撮影だけど、とてもよく表現されている

最後の終わったあとの、あの味気ない感じ
それを感じてしまった俺は、すでに監督の思惑通りなのだろう。
メッセージが伝わるんだけど、受け入れたくない。
なかなか、よくできた作品です。 
痛みは多い作品ですけど、痛みの中にだけでしか
見えないメッセージが、ここにありました

~関連作品~

スポンサーサイト
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。