上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
      WILD HOGS/団塊ボーイズ

WILD HOGS 団塊ボーイズ

監督 ウォルト・ベッカー  
出演 ジョン・トラヴォルタ  マーティン・ローレンス
    ウィリアム・H・メイシー レイ・リオッタ
    マリサ・トメイ

アメリカの閑静な住宅街に、
週末になるとハーレーに乗った4人組が現れる。
実業家のウディ(ジョン・トラヴォルタ)、歯科医のダグ(ティム・アレン)
小説家を夢見る下水配管工のボビー(マーティン・ローレンス)
パソコンのスペシャリスト、ダドリー(ウィリアム・H・メイシー)だ。
ある週末、4人はバイクに乗ったあと、ハーレー仲間が集うバーに行く。
そこでウディが、アメリカ横断の旅を提案する。
そして4人は、ワイルドな現実と思いがけない
冒険が待ちうける旅に出発する……。

本日紹介する作品は
WILD HOGS/団塊ボーイズ 」こちらでございまーっす

“今” そう、誰しもがその鎖に繋がれて生きています
鎖ってのは、表現悪いかもしれないなぁ・・・・
えぇ・・っと、大地に根を張り?難しい・・・(笑)

今という自分が、充実して何も不憫な想いをしてない人。
前は見えないけど、なんとか今を生きている人。
辛くても明日の為に今を生きている人。
みんな、今という時間を大事にして生きています

その中では、不満なんかもたくさんあると思います。
若い時はなんでも出来たけど、もう歳だからなぁ・・・・。
なーんって、暗い顔をしている中年世代
そして、俺も来るであろう中年世代
そんなときでも、自分らしく生きぬく事が出来るんです。
この映画は、今を精一杯感じることによって
明日の自分を作り続けていく、熱い映画です

団塊ボーイズ 親父たちの青春

歳をとったからって、苦が増えるばかりじゃないんですよ
人生を楽しくするのも悪くするのも、今の自分次第。
そんなメッセージを感じさせてくれる映画です

現実逃避するように、ジャケットを羽織り
ハーレーを乗りこなす姿。カッコ悪いですかね?
イイんです男なら、ちょっとカッコ悪くてもイイんですよ。
男臭さってのは、本当好きやわぁ~
全体的な映画のバランスとしては、個人個人の説明など
もっと吸い込まれるような要素が欲しかったっと
思っていたのですが、最後まで観終わると
変な設定が多くなくて、理解しやすかったのかもしれません

団塊ボーイズ 駆け抜ける青春

メッセージを伝える為に、いろんな材料を重ねるよりも
男の生き様を見てるだけで、価値があるように思えます
なんか、いつまで経ってもこういう感情って
すんごい大事だと思う。やっぱ、遊び心大事かもな

~関連作品~

スポンサーサイト
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。