上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

死ぬまでにしたい10のこと


監督・脚本 : イザベル・ヘコット

出演 : サラ・ポーリー マーク・ラファロ スコット・スピードマン
     レオノール・ワトリング デボラ・ハリー

23歳のアン(サラ・ポーリー)は、
失業中の夫、ドンと、2人の娘とトレーラー暮らし。
彼女の毎日は、清掃の仕事と娘たちの世話で過ぎていく。
ある日、突然の腹痛で病院に運ばれたアンは、
ガンを宣告され、余命2、3ヶ月だと告げられた。
頭が真っ白になった後、ぼんやりしたアンの頬に、涙がつたう。
トレーラーに戻ると、
1年がかりの工事の仕事が決まったドンが喜んでいる。
アンは、病気のことを内緒にしたまま、夜更けのカフェで
「死ぬまでにしたい10のこと」をノートに書き始めた…。

10月突入ゥゥゥーーーー237って、もう二日ですやん(笑)
昨日書き込む予定が、会社の歓迎会がありましてね・・・・
帰宅したのが、2時ぐらいになりました356
でも、めっちゃ楽しかったわ352
そして、また寝て起きると仕事が始まるわけで390
さらに困った事に、今朝は気持ちの良い快晴で278
僕は、うとうとするわけで。・・・・75一日眠たかった(笑)
まぁ、こうして書き込んでると妙に落ち着いたりします。
生活の一部361みたいな392んじゃ、今日もレビューいくかね。
本日紹介するのは「死ぬまでにしたい10のこと」です。
有名な作品だと思いますが、題名だけで考えさせられません361
自分の死を間近に感じた時、みなさんは何を最初にしますか361
このお話の主人公であるアンは、色々な事を教えてくれます。
アンは、ちょっと変わった家庭に生まれおちた人です。
父親は、刑務所に。母親はちょっと変わり者。
娘達は、誰かの子供。夫は、失業中。
そんな中で、アンは死を感じた時に何が出来るか書き記す。
病気の事は、誰にも言わずに一人で抱え込んで。
でも、自分もきっとそうだと思う。心配かけさせられんし290
そして書き始めた。10のことを・・・・。
半分は娘や家族の為に。あとは、自分らしく生き抜くことを。
ここで選ぶ10のことは、一人一人違うと思うけど、
こんなに母親としての愛情を感じる生き方もイイと思うな398
話の途中で、ボイスレコーダーに娘への言葉を残すんですが
このシーンは、さすがに泣きそうだったですわ406
アンは母親として、色んなモノを娘や夫に残して
静かに眠りについていくんだと思います。
ちょっと最後には、切ない気持ちも残るんですが
たぶん、死を迎える時はそんな気持ちになると思う。
この作品は、観てほしい映画です。是非観てください265
自分の価値観を言わせてもらうと・・・・
もし、自分の命があとわずかだと告げられた時。
とりあえず、やる事といえば・・・・・
ビデオレターを残す。大事な人にありがとうを伝えに行く。
結局は、残された人に何かをするんだと思います410
でも、それってどうなんだろうね・・・・迷惑に思う人もいるよな。
だったら、死が近い事を大事な人達に告げて
最後の最後まで、大事な人と一緒に消えていくのか388
死ぬまでにしたい10のこと色々・・・・考えさせられますよ。
悔いのない人生を。
大事な人を大事に。
自分らしく自分なりに。
とても考えさせられる映画でした218

~サラ・ポーリー出演作~


スポンサーサイト
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。