FC2ブログ
                    アバター
AVATAR.jpg 

監督・製作・脚本 : ジェームズ・キャメロン
出演 : サム・ワーシントン ゾーイ・サルダナ シガーニー・ウィーバー
     ミシェル・ロドリゲス ジョヴァンニ・リビシ スティーヴン・ラング

元海兵隊員のジェイクは、遥か彼方の衛星パンドラで実行される
“アバター・プログラム”への参加を要請された。
パンドラの住人と人間の遺伝子から造られた肉体に意識を送り込むことで、
息をのむほどに美しいその星に入り込むことができるのだ。
そこで様ざまな発見と思いがけない愛を経験した彼は、
やがて一つの文明を救うための戦いに身を投じていく…。

本日、ご紹介する作品は・・・・
アバター」 こちらになりまする。

会社の同僚や友人などが、
「絶対観た方がイイ!!!! 最高におすすめッ!!!!」 っと
何度も言われており、大変気になっていた作品
今日は仕事もお休みだったので、映画館へ行って観てきました。
12月23日公開らしいのですが
今日(2月16日)でも、映画館の席は、ほぼ満席。
すごい人気ですなぁ~
ゆうじろうも、初の“3D映画”っという事で、わくわくドキドキで
ですが、一つ思った事が・・・
眼鏡男子のゆうじろうに、さらに3D眼鏡
眼鏡に眼鏡を掛ける。なんとも違和感のある事で(笑)
案の定、鑑賞中も何度かずれてしまい、煩わしい感じに

さてさて、本編を語っていきましょう
物語は、足に障害を持つ一人の青年 “ジェイク”(サム・ワーシントン)
彼を中心に全ての物語が動き出していきます。
ただの海兵隊員だったはずが、とある事で兄の代役に
“パンドラ” と呼ばれる神秘的な星に行く事になります
理由はただ一つ。 「アバター」 になって星を調査する事。

アバター アバター 

この映画を最初から最後まで観て思う事は、
鑑賞している人が期待している通りの展開を、上手く表現している

足の動かないジェイク。
そこに、体が丈夫で走り回れる体 “アバター”
動かなかった足が動いた時の、あの喜んでいる姿。
一気に引き込まれました 本当に躍動的で、心躍る感じで。
他にも、期待を裏切る事のない展開が多くて
観ている自分としては、満足度の高い作品だと感じます

まぁ、なんと言っても世界観の素晴らしさ。これに尽きると思います
CGと役者の融合。 そんな事は今までもあったけど
この作品は、CGのレベルが格段に違う。本当にスゴイ。。。
制作費、200~300億という話も納得させられます。
それだけ、よく出来た作品です!!!!!

アバター ジェイク 

今回の作品は、基本的にはシンプルに進んでいきます。
台本としても、よくあるパターンに感じますが
その中でも、監督が織り込んだメッセージは痛いほど感じました

欲深い我々人類。欲を満たす為に、大自然を壊し、動物を殺し
この地球の資源を好き勝手に破壊していっている。
生きる為には仕方がないかもしれない
だが、当たり前のように世界を壊していいはずがない。
そして、欲深い人間は地球だけでは飽き足らず
パンドラという違う文明が住まう星を破壊しようとする
なんとも・・・・・最初から最後まで、ため息の出る映画だこと。
作品がとても綺麗で、素晴らしき文明の生き方なだけに
こういった人類の姿を見ると、呆れてしまう。
力には力。確かにそうかもしれんが、何か欠けてる人の心。
そういった、人間の欲をよく表現している。

アバター ネイティリ 

その汚れ切った人間の中で、ジェイクはアバターの体を借り
ナヴィ族という民族達に触れ、人間の汚れを無くしていく。
まぁ、あんな風な世界があるのであれば
自分もアバターになりたいものだ(笑)心からそう思う

最後の結末は、ハッピーエンドと言えばハッピーエンドだったが
あの決断をする事は、ある意味バッドエンドにも近い。
たくさんの犠牲があっただけに、複雑な気持ちに。

アバター 

特にこの作品で、最高にカッコイイ女パイロットの
“トゥルーディ大尉” (ミシェル・ロドリゲス) さん。
彼女の勇姿には、感動です
トゥルーディさん無しでは、この映画は語れません
色んな場面で登場して、最高のシナリオを創り上げてくれます。
にしても・・・・ミシェルさんって、毎回同じような役をやられてるような・・・・
バイオハザード ”でも雄々しい役柄でしたし
カッコイイ女性はとても素敵な感じです。
・・・おっと、ミシェルさんだけではなかったな(笑)

“エイリアン” のリプリー役と言えば、「シガニー・ウィーバー」 さん。
彼女も、グレイス博士という役柄でアバター化して
人間とナヴィを繋ぐために、勇敢に戦っていく
エイリアン」っという言葉が飛び交うもんだから
完全に、リプリーって呼びたくなるのは、自分だけでしょうか
この二人・・・・エイリアン2で共演してる?(笑)
監督ならではの、キャストって事かね

まぁ、そんなこんなで長いレビューになりましたが。
とりあえず、3時間という上映時間に驚かずに
まずは、観る事を強くオススメしたい。これは、いいよ
家でDVD鑑賞するのもいいもんだけど、
超大作や3Dの映画は、映画館で観るべきだな
今回の作品で、特にそれを感じさせられた。
いい映画を観ると、幸せな気持ちになれますな~
今日は一日、満足度の高い休日になりましたヨ

~監督関連作品~


               グレムリン
グレムリン 

監督:ジョー・ダンテ
出演:ザック・キャリガン ホイト・アクストン

発明家のランド・ペルツァーは、
息子へのクリスマス・プレゼントを探していた。
とある骨董屋でユニークな動物モグワイを見つけた。
店の老主人は「モグワイは売り物ではない」という。
彼は老人がいなくなったすきに
老人の孫からモグワイを買い取つた
自宅にもどったランドは、息子のビリーにモグワイを渡し、
3つのことを守るように告げた
水に濡らしてはいけないこと、太陽光線にあてないこと、
そして・・・・真夜中を過ぎて餌を与えてならないこと。
ビリーは約束を守ることが出来ず、
グレムリンは繁殖し、街を襲い始めた!!!!
ビリーはグレムリン達の暴走を止める事が出来るのか!?

本日の作品は・・・・
グレムリンこちらになりまーーッス197

なんか、この作品をレビューすると、色々思い出す(笑)
それぐらい、めっちゃ昔の名作だって事だな265
久しぶりにDVD版を改めて見たら、
面白かったので、改めてレビューをしようかと。

自分の記憶の中では、“グレムリン2”の方が
イメージが強かったんだけど、
今回の作品を観て・・・

「グレムリンって・・・こんな登場シーンだったんだ」って。

グレムリン ビリー 

深々と映像に酔いしれておりました275
クリスマスプレゼントから、全てが始まったんだね~
主人公のビリーの親父は、傲慢な奴だったなんて・・・。
そして、何も知らずにビリーはルールを忘れるし・・・。

さてさて、そのルールなんですが・・・・

一、 光 を当ててはいけない481
       グレムリンは、光に弱い為
       日光などを長時間浴びると、死んでしまいます282

一、  をかけたり、濡らしてはいけない
       増えます。 とにかく、増えます。凶悪な奴も増えます。

一、 食 べ物を真夜中に与えてはいけない
       繭に包まれて、さらに凶悪で凶暴なモンスターに
       変身してしまいます。 これが一番危険40

っという事で、一匹のグレムリンから、
水をかける事で増えて暴れまわる、グレムリン達37
そいつらが、クリスマスで賑わう街を襲いまくるわけですよ。
んで、最初の一匹目の可愛い奴が “モグワイ”ですな。
ギズモの方が、正解なのかな?
まぁ、昔あのぬいぐるみが欲しくて、
兄貴と一緒にUFOキャッチャーやったなぁ・・・56
そんな記憶も呼び返されるほど、懐かしい存在。
あのなんとも言えない、耳の大きさに大きい瞳。
怖いと言えば怖いが、可愛いと言えば可愛い158
自分の場合は、後者の方が強かったと思う。

さて、そんなグレムリン達の中で
リーダー役の “ストライプ” は凶悪で、賢いグレムリン。
奴が産まれた事によって、今回の事件が起きたわけで。
水に濡れれば、グレムリンは増殖する354
その性質を知っていたから、まず最初に目指した場所が
“プール” ・・・・本当凶悪だわ(笑)
あの水の量だったら、一瞬で数百匹と増殖できるんだよね7


グレムリン モグワイ 

最後は、ゴーカートに乗ってモグワイとBattleをしますが
本当に、凶悪237そして、それに対してギズモの可愛さが・・・・。
おもちゃの車に乗り込む姿は、可愛さの絶頂9
まぁ、そんな力もないギズモですが、あの子の勇敢な姿は
本当に、素晴らしい。癒される。頑張れギズモ!!!!って感じ。

今思えば、1984年という、CGや合成などの技術が乏しい
映画界だったはずなのに、これだけの映像を作り上げた事は
本当に、映画界の歴史の中でも傑作だと感じます221
未だに、ギズモやグレムリンの動きが一つ一つ
丁寧に作られている事は、驚きに感じます。
現代では、古臭い手法かもしれませんが
これが積み重なって、CGなどの技術が生まれたのかなーって
思って観るると、より良い作品に感じます266

・・・・っというか、グレムリンって、SFファンタジーだけど
ちょっと間違えば、ホラー映画に変わりそうだな(笑)

~グレムリン関連作品ダーヨ~


        ライラの冒険 黄金の羅針盤
ライラの冒険   

監督・脚本 : クリス・ワイツ
原作 : フィリップ・プルマン
出演 : ダコタ・ブルー・リチャーズ (ライラ・ベラクア) 
     ニコール・キッドマン (コールター夫人)
     フレディ・ハイモア (パンタライモン
     ダニエル・クレイヴ (アスリエル郷)
     エヴァ・グリーン (セラフィナ・ペカーラ)
     サム・エリオット (リー・スコーズビー)

我々の暮らす世界とは似て非なる平行世界の
イギリス・オックスフォード。
ジョーダン学寮で育てられた孤児のライラは、
ダイモンのパンタライモンや親友ロジャーらと共に、
騒がしい日々を送っていた。
しかし街では次々と子どもが連れ去られる事件が発生し、
親友ロジャーも姿を消してしまう。
そしてライラ自身もコールター夫人に連れられ
ジョーダン学寮から旅立つことに。旅立ちの日、
彼女は学寮長から黄金色の真理計を手渡され……。

でわでわ、本日レビューする作品は・・・・
ライラの冒険 黄金の羅針盤こちらッス337
なんだか、久々のCG全開のファンタジー映画341
やっぱ、超大作の作品ともなると
B級などの安っぽいCGとは、比にならないほど迫力がある405
この作品で、大事なキーワードとなるのが

“ダイモン”と呼ばれている、存在522

ライラの世界では、必ず一人に一匹 動物の姿をした
ダイモンを連れている526
このダイモンというモノは、簡単に言うと“守護精霊”のようなもので
ダイモンの痛みは、主人である本人にも共有する事になり
決して、離れられない大切な大切な存在434

ライラの冒険 (ライラ

・・・・・いい世界観だ。 俺も欲しいな。ダイモン398

元々、魂のようなモノなので 猫に変化したり鼠に変化したり
鳥に変化したりと、様々な動物に変化する事が出来る519

だが、大人になると変化する事が出来なくなり
一定の形に定まってしまうらしい。 不思議だ。。。。352

そして、この物語は
闇にまみれた大人達が、子供達のダイモンを引き離すという
人体実験の魔の手に、ライラ達が立ち向かうといった図式59
 
大人達の言い分は
「子供達のダイモンを操り、反抗的な態度が出来ないように
 子供達の心をコントロールする。それがいい未来の為だ」っとの事。

馬鹿げてやがる359・・・・子供のピュアな気持ちを壊すなんて217

ライラの冒険 (イオレク&ライラ

っという事で、それに対するのが、ライラ率いる軍団106106525
ライラの用心熊となるのが、“イオレク”こいつは、かなり強い91
見た目はただの白熊ですが、ヨロイ熊っという名称が付いてる通り
鎧を見に纏ったイオレクは、本当に無敵の強さを誇ります217

カッコイイィィィ・・・・9  熊さん好っきや266

だけど、そのカッコ良さを完全に塗り替えるのが
“セラフィナ・ペカーラ”さん。 この方は、“魔女”です256

空を自由に飛び交い、弓矢を持って敵に立ち向かう姿。
ヤバすぎです(笑)素敵ッ218
指輪物語からの時もそうでしたけど
綺麗な人が、弓を射る姿って本当に絵になる171
鮮やかな矢の旋律が耳元で聞こえてきそうなぐらい
とても、観ていて胸踊る姿。やっぱ、いいよ・・・・弓と美女は20

ライラの冒険 黄金の羅針盤(セラフィナ・ペカーラ

えーっと、説明が遅れましたが
ライラの持っている“黄金の羅針盤”の効果ですが・・・・・
選ばれたモノのみ、真実を知る事が出来る。っというモノ248

まぁ、ライラが使えば未来や過去が覗けちゃうという代物。
秘密をたーーーっくさん抱えてる大人にとっては、
過去を覗かれるのは、恐怖ですよね~11
だから、それも奪い取ろうと狙っているわけです40

ちなみに、今回はライラが親友のロジャー達を救出するわけですが
非常に、よく出来た物語です295
なんというか。。。。爽快感もかなりイイ感じ392
悪は滅せよ!!!!っという雰囲気が、とても興奮させられた343
第一作目ですが、非常に面白くて楽しめました。
全部で三部作なんで、気合いはいりますけど
頑張って制覇してみたいと思うッス363
長編って、物語忘れちゃうから困る事ありますよね(笑)

~ニコール・キッドマン関連作品はココ~


       行き先、    無制限
行き先、無制限。

監督 : ダグ・リーマン
原作 : スティーヴン・グールド
出演 : ヘイデン・クリステンセン サミュエル・L・ジャクソン
     ジェイミー・ベル レイチェル・ビルソン

普通の高校生デヴィッドは、ある日凍結した川に落ち、
図書館への瞬間移動を体験した。
そして彼はその力を悪用し、銀行から大金を盗み取る。
その後、母の失踪から人が変わってしまった父との生活を離れ、
ニューヨークで「世界中のどこへでも瞬時に移動できる」という
自由を満喫していたデヴィッド。
しかし、パラディンというグループの存在と、
その組織に自分が追われていることに気づく。
そして、偶然出会った同じジャンパーと協力し、
何千年も続くというジャンパーとパラディンとの戦いに巻き込まれていく。

こんばんわ354今日は雨を眺めてた、ゆうじろうッス398

雨香る 春はまだかと 我思う

はい。今日も絶好調の僕ですな(笑)
今日はね、とてもイイ事があったんです363
大事な友達から、連絡があったんです!!!!
もう、これ以上イイ事はないかもしれない程の出来事411
疲れた体には、とても嬉しい贈り物でした。
信じる事の大事さを改めて思い知らされた一日です290
さて、そんな一日ですが明日には大変なイベントが(苦笑)
上司とのミーティングがあるんです・・・・・
もう、憂鬱です(笑) まっ、なんとかなるっしょ91

さーってと、今日は昨日の予定通り映画を観てきましたので
レビューをしていきたいと思います265

本日の作品は・・・・「ジャンパー」ッデス521

最初に聞いた時は、革ジャンの物語かと思ったり(笑)
CMでは、これでもか!ってぐらいみましたし290
さて。。。早速、観に行った感想ですが・・・・
主人公である、デヴィット君の悪役っぷりに
最初から最後まで驚きっぱなしでした405
世の中には、色々な特殊能力を持ったヒーローがいます。
スパイダーマンやスーパーマンなど。
彼らは特殊な力を使い、人々の為に行動していますが・・・・91
デヴィット君だけは、全く違います(笑)
能力を使い、まず彼がやった事・・・・・銀行からお金を盗む61
そして、そのお金でスフィンクスの頭の上でランチ。(罰当たり)

・・・・はぁ361(笑)って感じになりますよね7
デヴィットのランチタイム♪

そうです。このデヴィット君は自由気ままに能力を使います237
さらに、女の子をGETしたかと思ったら、余裕で捨てるような
ヒドイ男でもあります。・・・・こいつは、悪だ!!

でも、考えてみてください。
あなたが、瞬間移動できる力が身についたら・・・・・って。

このデヴィット君は、人間らしく生きています511
人間の悪の部分が大きく出てますけど(笑)
映画を見ながら、「この能力便利やな」っと
ついつい、つぶやいてしまう程気軽に使います。
まぁ、そんな極悪人のデヴィット君なんですが
パラディンと呼ばれる集団に襲われます26

あーついに、罰が当たったか(笑)

ここで、サミュエル・L・ジャクソンが出てきます266
ジャンパーを抹殺する為のハンターらしいんですけど
どう考えても・・・・こっちの方が正義なんですけど(笑)
そして、ここで気づいた事が一つ219

この二人って・・・・スターウォーズのメンツだ!!!!って。
若き日のアナキンと、評議会議長。
そんな夢のような対決が実現した瞬間ですな(笑)
でも、やっぱりサミュエルさん好きの自分にとっては
デヴィットが悪にしか見えてこないんですけど。。。。

まぁ、一応主人公なので正義なんだろうけど356
やってる事は、銀行強盗とかだしな・・・・・
ちなみに、こんなデヴィット君ですけど
瞬間移動する時の迫力だけは、かなりスゴイッ!!!!
最新のCGの技術を垣間見た気がしました。
周りの空間を捻じ曲げて、ワープする29355
これには、少年の心を持つ自分にとっては
かなり夢のある瞬間でした352
ドラゴン〇ールの悟空の瞬間移動とは、また違った魅力が392
サミュエル様☆

するどい眼光でジャンパーを狙うパラディン達。
最後の方では、デヴィットは瞬間移動だけじゃなくて
新たな力を得たような感じもしてました319
最後まで観終わった後、とても心残りになる作品403
これは、確実に続編が出る事間違いないな。
その続編で、パラディン達がジャンパーを抹殺する
理由などが語られると、物語として完成される気がする265
その理由次第では、どちらが本当の正義なのかが
決まる気がしますわ398
まっ、ジャンパーっという題材は、とても楽しめる題材なので
これから先、期待が大きく持てる作品になってると思います282

瞬間移動っという能力。
あなたが手に入れる事が出来たら、何をしますか361

~監督作品~